イブンカ的国際結婚

童心と言われても…

先日。オッサンが興奮気味にやってきましてね。

「ここにはライターかマッチはあるか?」
と、唐突に聞くんですよ。

そんなもんくらいあるけど、何さ?

「今日、生徒に教えてもらったんだ。超COOLな手品!Youtube散々見てやり方もう覚えたから、後で見せてやるよっっ!」 ヽ(゚ω゚ )ノ
と鼻息も荒く、妙に得意気。てか仕事中にありか?

何でもいいけど、ライターなんかムスメが起きてる間にちらつかすんじゃないぞ、ボケ!

と一言だけ物申し、熱が冷めるまで放置。(鬼)

で、ムスメもようやく寝付いた頃。そろそろ片付けして…と思うワタシをヨソに、熱が冷めるどころか、機会を待ち侘びていたらしいアホおやぢ、

「ライターはどこ?ストローは?」
と、うるさいうるさい。

その辺にあるはずだけど?

と、邪険に(ここ重要)聞き流していると、おやぢ、取り出だしたるのは水、塩、ライター、そしてストロー。

「5秒で水を氷にして見せます!」

ふーん… ε-( ̄ヘ ̄)┌(=勝手にどうぞ)

「見ててよ!!これをこうやって~…。」
…。
「こ~やるとぉ~…。」
…。
「…あれ?あ、待った。もう一回。」
…。
「…おかしいなぁ?Youtube見て復習しなきゃ!」
と、見せてくれたのがこの動画。↓



「ほら、すごくね?生徒が教えてくれたんだ。」
…生徒もアンタも、動画のコメントは見てないんだよね?
「コメント?関係じゃないでしょ?やり方でも書いてある?」
…ないよ、んなもん。
ただね、このコメント欄によれば
『こんなんに騙されるヤツ、アホ。』とか
『明かりが切り替わるのは何でだよ?』とか、
『やらせ、丸わかり~。』とか、
『ばかじゃないの?』とか一杯書いてあるけど、
『こんなにコメントあるのに、「これは本物、この通りやったら成功するんだよっ!」てコメントが無いのは何故かしらね?w』
っていう正当な意見もあるけど…読んでないよね?

「…嘘っ?!んなこと生徒もオレも読んでない。」
与えられた情報は読めっ。多少は疑ってみることも、オトナとして必要だとは思わないのか?…そんなだから、ハメラレタくせに…ボソボソ…

コッ恥ずかしいから、明日ガッコで『ウチでやったらできなかったんだけどさ、おまいは出来た?』なんて生徒に聞くんじゃねーぞ。

と、これまた念を押し…。

そして翌日。

「『ウチ帰って、家族をびっくりさせよーぜ!』って言ってたのに、その生徒からも報告なしだった。…きっと、オレ同様笑われたんだろな。」

…だろな。(恥)
同レベル、いやそれ以下と断定

世の中には『童心を忘れていないオトナ』等と言う便利な言葉があって、おまいのような単純…いや単細胞は調子に乗ってしまうのだけど、おまいは子供そのまま。おまけに職業は教師、その生徒はまだ学生、まだ失敗して学ぶ年。いい年ぶっこいて、『恥ずかしい』ということを学んではどうか。んなこと2歳児でも知ってるぞ。…おまいの母は、人としての基本を教えなかったようだが…だからシリはこっちに回ってくるんだっ。(怒)

人気ブログランキングへ←今日もブログランキング参加中です。m(__)m
↑明日は、気になってらっさる方も多い(のか?)と思われる、例のあれの報告をゆるゆると予定中。どうか期待をせずに乞うご期待。(え?)

Mの悲劇

この下の↓1本目の記事で、

>※新たな記事は後ほどの予定。(あくまでも予定、苦笑)

こんなこと書いちゃった私…。どうしよう?(汗)

今回のイブンカthe 3rd(15canさん命名)での変更点なんて書いたりして…。

いや、大したことじゃないんですけどね。
我が家の登場人物『旦那』をですね…
普段の通りにムカつきを若干含め、『オッサン』と変更してみました。
…ええ、普段の友人との会話では『オッサン』呼ばわりです。(事実)
旦那のことを『オッサン』呼ばわりする鬼嫁、てだけで、正体バレる確率大。(笑)

ところで。

ウチのオッサン、いつもバカみたいに薄着です。
冬はセーターもカーディガンもありゃしない。ウールのベストを一枚だけ。
かと言って、中に着込むことも無く、仕事のシャツとたまにベスト。
寝る時は、よほどのことがない限り、スッポンポン。(シーツは自分で洗え)

暑さ寒さを感じないのか、と思いきや、しょっちゅう風邪をひくバカ。
…バカは風邪引かない、と言うより、バカの薄着で風邪を引くタイプ。
で、いつもうつされるのがムスメ、そして酷くなってから私、の順。

そんな話を念頭に置いて頂いた上で…これは昨夜の事件。(事件?)

風邪で水○ぱな(←伏字?)垂らして、元気ではあるけどぐずるムスメ。
もちろんそれと四六時中顔を合わせてる私も、一昨日辺りからしんどい…。

…やっぱり来たか。

ムカついたので、諸悪の原因(=オッサン)に問うてみた。
(※以下、炸裂注意。笑)

「風邪ばっかり引くけど、自己の体調管理しなよ。社会人のマナーじゃね?体調管理も給料のうち、って親にも、昔の上司に教えてもらったけど?」

すると、驚いたことに返事がこれ。

「風邪を引いたのは偶然。避けようがないし、ヒトにうつってもしょうがない。」

…何だと?! щ(゚Д゚щ)
SATO、SATO、緊急体勢を取れっっ(←過去記事)

「あのな…イチローが真のプロだ、と思うのは、彼は怪我で休まない。今回の開幕欠場は、WBCの時から胃潰瘍だっていうけれど、周りに知らせることなく戦い抜いた。それでこそプロ。アンタなんて、ちょっとの風邪でこんな泣きごと(過去記事)言う癖に。自分の健康管理もできないようなヤツが、私が仕事に行ったら、赤ん坊の面倒まともに看られると思うのか。ボケ。」
と、一気にまくし立ててみた。(鬼嫁)

「じゃ病気になるのを、どうすればいいっていうんだ?」
だとさ。アンタは一度Futa-barさんに、とくと叱ってもらいなさい!

「ばい菌なんてどこにでもいるのよ。それをご丁寧に拾ってきやがるのは、アンタ、肺炎でも熱すら出ない、アホみたく丈夫な体の癖に、その免疫が弱ってるからじゃないの?体調管理が出来ていれば、普通拾いにくいものを…。一体何を教わってきたのっ?」
♪あた~しだって あた~しだって 疲れるわ~♪聞けば、

「空手現役の頃は、熱があっても体調悪くても、稽古で吹き飛ばしてたつもり。」

…気合だというのか?キミは、南ア版ア○マル浜口か。
でもな、あのアニ○ル氏と大きく違うのは、全力で走ったかけっこ(?)で、オンナの先生に簡単に抜かされるほど体力ないんだよ?
いつまでも若くないんだよ、アンタ。
こじらせては長引いて、それを毎度うつされる者の身になってみろよ。
大体、具合が悪くても学校に行くってことは、生徒にもうつす、ってことじゃね?
でもな、こじらせてムスメに万が一のことがあったら…ぶっこr(以下略)。

するとオッサン、さっきまでの強気はどこへやら。
「…恥ずかしいことに、それが正しいと、この年までずっと思ってました。」

そんなに自分を傷めつけるの好きか?それならそれでアタシが…(ドS SATO)

ま、Мだとは思っていたけれど、そんなところまでMだったとは…。(違)

あまりのバカさに、呆れてモノも言いたくありません。

と、ここで一句。

「いつまでも あると思うな 体力とヨメ」 字余り

ああ、今晩外出してくれてよかった。(本音)

Banner_01 ←2つ目の記事もブログランキング参加中。↓下の記事もお見逃しなく~。

…もしやあの世話焼き母ちゃんが、3人の息子達の世話を焼きたいがばっかりに、ヒトとして大事なことをいえろいろ教えてないのか?と、疑って止まないけふこの頃。(やっぱり鬼嫁)

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

いつも応援ありがとう!

  • ブログランキング参加中
    人気ブログランキングへ

twitter

メール送信

  • メールはこちらから↓

いつも訪問ありがとう!

オークランドの天気

最近のトラックバック

世界中からありがとう!

Amazon

  • 海外からじゃ買えないの?
無料ブログはココログ