日本語教えます

参りました。

突然ですが。

先回の記事に書いた通り、どうも贔屓目に見てしまう傾向はあるけれど、2歳と4ヶ月にしてはいいんだか悪いんだか、口が達者である模様。
現場(?)としては困ってます。
つーかムカついてます。(大人気全くナス)

駄々コネまくって、自分の部屋に篭り、
「NO!Mommy!Go Away!」
と喚くのでとっとと退却してみれば、コロッと声色を変え、
「Mommy、Come Here Rigt Now, Please。」
と懇願モード。それでも放置(おい)してみると、次は、
「Mommy、かもーん、I said!Please、Mommy…」
と、先回の対おっさん発言動揺、命令形にシフト。

面白いので(おい)様子を見ながら放っておくと、、
「…SATOちゃ~ん、おいで~(←ここまで日本語)。鼻水が出てるのよ、アタシ。早く拭きに来るがいいわよ、PLEASE!(英語)」
と具体的な指示が出る。てか、鼻水かよ!!
鼻拭きにわざわざおまいの部屋まで行かせるのか?拗ねて立て篭もってる(笑)んだから、おまいがこっちへ来るがいいわ!

これがオッサンだと、伝書鳩のように(苦笑)ムスメの指示通り行ったり来たり、アタフタヨロヨロ…

お前がこのチビを付け上がらせるのだよ?(怒)

と、こんな毎日です…。┐(´д`)┌

親の威厳って何?と思わざるを得ない恐るべし「魔の2歳児」。”Please”付けりゃ何でもありなのか!と本気でムカつく自分がいるのは否めません。(オトナゲゼロ)

巷の2歳児てのは、お喋りもたどたどしくて、舌もよく回らなくって、何だか片言も可愛らしいもの…と友人、身内、近所で遊ぶ見知らぬ子と遊んできた自分。まさか我が子がこんな、こまっしゃくれた(死語)ク○ガキになるだなんて…


が!そこで…ん?待てよ?とおもった元日本語教師SATO。これは、日英語の違いのせいか?と思った次第。

「トイレ!」 と、幼児に限らず一言でも済むはずの用事が、
「I go to the toilet。」 大人も幼児も女王も(?)同じ台詞。

自分でパジャマを着る、と言い張った場合を例に取れば、
「自分でできるかなぁ?がんばれ~。」
「だいじょーぶ。…うーん、うーん…むじゅかしいねぇ…」
などと、会話はホノボノ進むもの、と思いきや、

「自分で出来る?」←SATOはたいてい日本語
「Yup, I can do it!Look, I can do it!」 
「あら、そうなの?大丈夫?がんばれ~」
「Hum…No, It's difficult。Mommy, You Do It。」
…命令形。偉そう度と可愛げ無さ度が一気にUP。

通常の会話では、主語が無くても全く問題はない、むしろ主語を明確にしない性質の日本語と、如何なる場合でも主語が無ければ文章にならない英語との違いで、全く大人と会話してるような気分になります。
逆に、如何に日本語を流暢にこなす外国人でも、つい『ワタシは』『ワタシは』とやってしまって、押しの強い、我の強い不器用な日本語に聞こえてしまうのもこれの影響。

ぶーぶ、くるま、じどうしゃ、白い車などと教えているうちに、
「Look, It's my mother's car。It's a white car!」
と、ハハのワタシに言われた日にゃ…┐(´-`)┌

で、つい先ほど。今朝のこと。

誰の血なのか(汗)朝に弱いムスメ。寝起きは毎日悪い悪い。目は覚めてもベッドから出すまでが一苦労。いつもの対策は、まず食いしん坊対策として、エサ(笑)や果物、そして大好きな本やお歌やピンクの服やスカート釣りも、ピカソナデナデ(笑)までも、今日は全く効果なし。またいつものNo Mommy攻撃から敵の宣戦布告!
止めてよ、ハハは朝弱いんだから…(同じ穴の何とやら)と思いながらも、仕事に遅れる訳にも行かないので、

「アンタはホントに難しい人だねぇ…」
と呟いたら、2歳児、ハハに返して一言。

「No, I am not difficult。I am easy。」

…ハハは参りましたです、はい。m(_ _)m

Br_decobanner_20101102060422 ブログランキング参加中。いつもありがとう。
「今日はこれくらいにしといてやるか。」 By ムスメ

英語で、イタズラ・生意気・腕白なくそg…(自粛)を『Cheeky Monkey』と呼びます。どうやらムスメは自覚してる模様。(笑)
で、寝ぼすけのムスメ用に、↓こんな目覚まし時計を買いました。
楽天もAmazonも検索したけど、未発売らしい。売るか?( ̄ー ̄)ニヤリ

時間になると、ジャングルの音で目が覚める『小猿』専用。
ジャングルが呼んでいるよ。起きるがいいですよ、小猿。



一応これで目は覚めますが、その後が…記事の始めに戻る。(苦笑)

新年度ですのに。

既に1月も半ばとなったNZ。(だけじゃないけど)ご無沙汰してます。

我が家は、相も変わらずドタバタした日々を送っておりますです。

そんな中、先日弊勤務先、某市役所内にて宝の持ち腐れと分かっていてもついうっかり激安!の魅力的値段に引かれ、職員割引で購入したMicrosoft Enterprise 2007なるものをウチのPCに乗っけてみたところ、予想通りさぱーり意味不明。
おまけに、インストール後、一番出番が多いであろう、と思われたOutlook2007にエラー発生。日本語ワープロのIMEは、今まで苦労して学習させたユーザー辞書が、全て初期設定に逆戻り。

…文章打つのに時間かかる、ったらありゃしない。┐( ̄ヘ ̄)┌


そうは言っても、本当に時の経つのは早いもの。
ムスメは、年末年始の大騒ぎはどこ吹く風。100%以上にすっかり復活。
先週から無事託児所に、本格的出勤(勤?)の運びとなりました。

ご心配頂いた皆様、ありがとうございました。

1歳半の癖に、友人がヒキコモラーの両親以上のようで、ビーチに行けば、
「ムスメ(仮名)ちゃーん!」
と、見知らぬ父兄から声をかけられ、薬局へ私が行けば、
「アナタ…ムスメ(仮名)ちゃんのお母さんでしょ?」 ←悲しいかなワタシ似。
と、見知らぬ父兄に声をかけられ、近所を散歩すれば、
「はろー、ごーじゃす!You are beautiful!!…あ、アンタじゃないから。」
と、通りがかりの人にわざわざ訂正された、とウチのオッサン。

そりゃおまいじゃないだろ、びゅーちほー、と呼ばれるのは。
(ここNZ、子供は誰でも、我がコでさえ「ごーじゃす」などと普通に言います…照)

…そんな我がムスメ。

Daycareが休みになった12月23日以降、熱出してても寝ても覚めても、
「アシュリー!エミリー!ピーター!イーシャ(=キーシャ)!…」
と舌も回りゃしないのに、クラスメイト(?)の仲間を叫び続け、親はと言えば、
「アシュリーはもうねんね。エミリーもねんね。だからアンタもねんねするの。」
と言っては見ても、わかってるんだかわかってないんだか…。

が。時折、クラスメイトの名前の中に、
「ピカショ!アナ(=ハナ)!」
と、我が家の四ッ足兄妹の名前が加わるのが、ちとおかし。(笑)

おしゃべりも鼻歌も、日本語英語両方バッチ来い。既にウチのオッサンよりも、日本語の語彙も、音感もリズム感もムスメの勝ち…1歳半ですのに。ぷっ。

休みが明け、親子共々(笑)待望のDaycare再開のある日。
親友(笑)アシュリーと2週間ぶり。

当Daycareの先生でもあるアシュリーのお母さん曰く、
「ウチも休み中、ずっとムスメちゃんの名前呼んでたのよ…。」┐(´-`)┌ 

そしてどちらも1歳半、当の本人達、ムスメとアシュリーは、と言えば、

「アシュリー!ガハハ!」ヽ(´▽`)/

「ムスメ~(仮名)!!ガハハ!」(◎´∀`)ノ

と、ホッペ突付き合い、名前を呼び続け、大騒ぎだったそう。
…ま、他の会話を知らないからしょうがないけど。(笑)

それを聞いた時、ヒキコモラーの親(=私)と一緒にずっといるよりも、
彼女は彼女なりに、既に社会生活を学習し、歩んでるんだな、と実感…。

ヒトミシラーの両親の分まで頑張ってくれたまえ、ムスメ。


さて、話変わって…。

以前、友人きなこさんのこちらの記事を読んで以来、

「是非貸してくれたまへ。」(←買えよ自分)
と、お願いしようと思ったまま、すっかり忘れていたこの本…

センセの気持ちが分かり過ぎて…大爆笑。

を、先日これまた友人の、ノリP経由で貸してもらいました。
(きなこさん。てな訳で勝手ながらこのコはウチで預かってますのでヨロ。m(__)m)

この本の先生は、本格的(?)な日本語教師で、生徒の皆さんも上級者。
…初級者相手のナンチャッテ日本語教師の端くれとは大違い、とは思いつつ、
ケッタイな質問にかけては負けてないよなぁ…と、在りし日を思い出した次第。

ひらがなを一通り済ませ、カタカナを習い始めたところで、

ホットドッグ

と板書したところ、

「『ホットいぬ』ですよね?」(←Hotは直訳。だって形容詞はまだ習ってない)

と、自信満々にこやかな顔で尋ねてくれたインド人のRさんとか、

目的語を取る動詞の練習の真っ最中、自信満々

「テレビをのみます…。」

テレビを飲む?それは違うだろ?

「あ…違う。テレビをよみます。」

と2度も言い切ったウチのアホおやぢとか、

名古屋での先輩から聞いた、

「テレビを聞きます、でウチは正しいですねぇ~。ウチは奥さんが怖くて、チャンネル権は彼女にあります。僕はいつも扉の向こうで『テレビを聞きます』ね~。」

と、ウィットに富んだ悲しい(笑)話とか、
いろいろと思い出して、ちょっとおセンチ(死語)になっちまいました。(;ω;)


と言うのもですね、実は・・・。

以前、こちらに書いたのですが、政府の助成金80%!カット決定により、
大人が自分の時間を使って、言語、IT、芸術などなど多くを学ぶ場所、

コミュニティエデュケーションの大半が廃止決定!

した2010年度。・・・政府のバカ!!
(※泣けど喚けど、当然ながら弊日本語教室を含む…喚かないけど。)

が、そんなある日。地元新聞に、
「アタシは既に新しい職場が決まったからね~♪」
などとちょこざいな、天敵Wendyのインタビュー記事と、満面の笑みを発見。
この不景気に、なぜおまいが転職できるんだ!?この世に神はないのか!


よって、マニア読者の皆様に悲しいご報告がありますの…。

ただでさえ更新回数少ない癖に、日本語教室シリーズの再開は、
当面どころか今後一切ナシですの…誰か、嘘と言って。(号泣)

Br_decobanner_20100117194310今日もブログランキング参加中。教室復活祈願のクリックを!
そんな時に限って、以前の日本語教室の生徒さんから「今度はいつ始まりですか?」とメールが来たり、街で偶然バッタリ、の生徒さんにも「今年こそ!日本語の勉強をまた始める、って決意したの。…で、いつから?」と聞かれたり、事情説明に追われる毎日。アタシが悪いわけじゃないのに。
「アンタんちでプライベートでも行くわよ。」と言ってくれてる別の生徒さんいわく、「○○地区の日本語のセンセ、すげー不評。だからSATOちゃん、この際追い出しちゃいなよ~。」と悪魔のささやき(笑)があったりして。
…そーか、その手があったか。( ̄ー ̄)ニヤリ (え?)

予想外~日本語教室第5回

突然ですが、教訓。

いい年をし過ぎて慣れないことするもんじゃありません。

ブログ4日連続更新をした週末。せっかく皆さんに誉めて頂いた(笑)ものの、さすが当ブログコメント欄の重鎮、亀の甲よりFuta-barさん(おい)、予言正解。

…先々週末から風邪を引きずるムスメに、ばっちりうつされましてね。
熱は出るわ、咳は出るわ、それでも人手が足りないので仕事休めないわ、てか休んでも子守りだったら余計しんどいわ…と悩んでいたら、我が家のオッサン、

「オレが一日休んで面倒看るから、仕事行っていいよ。」 <(`^´)> 

…お?言ったな。宣言したな、偉そうに?なら休んでもらおうじゃないか。
つーか、『仕事行っていいよ』てのはどこか腑に落ちないけど、ま、いっか。
ではムスメぐずらの恐ろしさを、体験して頂こうじゃないか。

と、風邪気味ではあったけど出勤した先週木曜。同僚に、
「グズる子供と一緒に家にいるよりは、暇なオフィスの方が気楽よ。」
「たまにはオットに、病気の子守りのしんどさを思い知らせるいいキミ機会よ。」
と励まされ(笑)、自信を持って暇なオフィスで身体休め(おい)。
…オフィスは鬼嫁揃いなのか?(笑)

帰宅したら、エクトプラズムが抜け切った(笑)オッサンをはけーん。

そら見たことか。<(`^´)>

で、その翌日金曜からオッサンは風邪。情けないことに老体2人は風邪。
ムスメは、ってーとヒトに風邪うつして元気元気…
ふぅ…若いって素晴らしい。(´;ω;`) 

そんな訳で、先週のブログ4連ちゃんの後は5連休。PCにも座らず。m(__)m
熱は抜けたものの、要は程度問題てアタシ自身じゃないのか、って話…(恥)。


それでも、仕事は仕事。雨にも負けず、風邪にも負けず、♪いつも~通り、アタシ~通り♪(←知るヒトぞ知る)、月曜夜、日本語教室は開かれたのであります。

この日、教室一番乗りは…7時5分前に到着したア・タ・シ♡(遅!)

まさか連ちゃんのAさんも休み…?il||li _| ̄|○ il||li とショックを受ける間もなく、トイレ帰りのRさんとAさんが登場。…ひとまずは、ほっ。
そこに、先週お休みのMさんと、2週間も休んで、『もしやもう来ないかも…?』と心配してたJAさんが並んで登場。

「迷ったわぁ、教室探すのに。替わってるんだもん、場所.。」
…まさか先週から迷っちゃいないよね?(笑)

ガテン系の見かけによらない勉強家Aさんは、この教室以外にも2時間コースを取ることにした、とやる気満々。
「かなが書けるようになったら、今度は話せるようにもなりたいからね。」
…NZに来てから、こんな積極的な生徒、教えたことナス。(断言)

Rさんは、ちょっとキューピー顔(失礼)に似合わず、まずは頭で考える派。…でも初級は頭で考えるほど混乱するってば、だってここじゃ文法の説明してないんだから。する暇ないし。それでも毎週きっちりやって来ては、きっちりノート取って帰ってく。

久し振りの登場、JAさん。
「今年の風邪はしつこいわねぇ、2週間もかかっちゃったわよ。ごめんね。」
て。…まだ見捨てられた訳じゃなかったのね、アタシ。(涙)
確かに久し振りではあるけれど、ホントに日本文化に興味があるらしく、授業内容よりもむしろ、横道にそれた話を一生懸命聞いてくれる。…だからと言って、ひらがなすら書けないのに、その土台になってる漢字の草書体をメモするのはいかがなものか。まずはひらがな自体を書けるようになりませう。(笑)
ちなみにJAさん、ボケーっとしてる外見からは全く想像もつかないけれど(失礼)、世界的に!有名な宝飾デザイナー。映画のコスチューム用ジュエリーを得意とし、世界中で大ヒットのハリウッド映画!を続々担当、ガラス工芸で有名な某メーカーの雑誌等でも取り上げられる著名人。
授業中の顔とは全く異なる顔を、彼女のHPで見て驚きました…。


以前も書いたように、Mさんは普通のKIWIおばさんと見せかけておいて(え?)、日本への招聘が決定した某協会長さん、お偉いさま。
「先週休んだけど大丈夫。ちゃんとキャッチアップするから!」
と自信満々。…いや、Mお母さん、キャッチアップどころか、このクラスが終わると同時に日本へ出発らしいじゃないの…。しゃーない。テキスト持って飛行機乗りなさいっ。
ま、たった7週のみのコース。会話は無理でも、せめて初回で教えた日本語の挨拶を、会議の冒頭で一発かましてくれたら(笑)本望。講師冥利に尽きる、ってもの。

もし、Mさんと遭遇なさった方、会議に参加予定のブログ読者の皆さま。
おいでであれば、Mさんの日本生活の報告は、こそーりこちらまで。(え?)

そして…ホリデーかと思ったら風邪だった、というJOさん。
今週こそはホリデーか?てことは来週も休みか?
それともまた風邪か?

初回からすれば、予想通り、Fさん1人のみが欠けたこのクラス。
いろいろと想像できないサプライズ(笑)はいつも以上にあるものの、みんな真面目だし、熱心だし、文句言わないし(ここ重要)と喜んでいたら。いたら!!

昨日届いた一通のメール。もちろん、差出人は、憎き天敵Wendy。

(※現在、政府からの大幅80%!もの助成金カットが決まり、NZ全土で来年からの教室運営が危ぶまれている、という非常事態発令中です。)

「講師各位。

出席簿には、漏れの無いよう記載してください。開始時より通常は、1人、若しくは2人、受講者が減ることはよくあることです。…(中略)が!決して嫌みじゃありません。来年の運営が政府の手中にある今、目立って人数が減るような場合、講師のあなた達自身が、自分の胸に手を当て、何がいけないのか、授業内容は大丈夫か、などよく考えるように!」

…だとさ。
ま、確かにこの不景気に、仕事が無くなる瀬戸際だもんね…
でもな、まずはおまいが胸に手を当てろっ!(怒)

アタシは一応胸に手を当てて考えてみたが…
何がいけない、ってやっぱ、おまいが仕事出来ないのがいけないと思うが?

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。日本語教室存続希望者はクリックを。
この不景気、USAと同時期に政権交代となったNZ。さすが、新首相は元金融畑出身、ヨシもアシもひっくるめ、いろんなところで大幅経費節減がなされてる模様。…確かにご存知Wendyのお粗末仕事ぶりは、無駄金そのもの。だから代わりに私を雇ってくれろ。
さて新政権が発足となる日本は、この先どうなるんでしょうね…。

どーすりゃいいの…?日本語教室第4回

第3回を吹っ飛ばして今更ですが、4回目の日本語教室の話なんぞを…。

24日の月曜日。
宣言通り、グズグズ言う風邪引きぐずらムスメを医者に連れて行き、
グズラのご飯を作り、片付けはオッサンに任せ、あやす片手間で教材準備。

教室で渡す教材は、講師判断。
全て、講師が自分の好きなテキストを、人数分だけコピーして渡します。
…Wendyのオフィスでね、経費は部署別に計上らしいので。
でも毎度顔見たくない出すのが面倒なので、いつも学校に行くオッサンに頼んだり、自分が仕事の日は某市役所でこっそりコピー(おい)したりするのだけど、その日は生憎その暇も無く…
「ま、今日はWendyのオフィスでコピーすればいいか?」
と思い、さっさとグズラにメシ喰わせ、寝る準備をさせた後、教室には若干早めに出かけた訳ですよ、奥さん…。

繰り返しますが、いつもなら、自分の教室に直行します、コピー持ってね。
でもほら、この日は上記の理由で天敵のお膝元に乗り込まねばならぬ。(笑)

…結構心してかかったつもりなんですけどね。

「はーい、Wendy。悪いんだけどさ、これ、6部コピーしてもらえない?」
アタシ、かなり丁寧に頼んだんですよ、笑顔なんて作っちゃって…。
そしたら奥さん!敵は文句たっぷりに顔歪ませてこう言いましたよ、こう!

「…You mean…NOW?」 (=てか、え~…今ぁ?)

授業の前の今コピーしなかったら、いつするんだよっ!!щ(゚Д゚щ)
だからあたしゃ授業始まる前に、今日は早めに来たやろが!!

ま、オトナですから↑上記のように怒鳴りたいのをプルプル堪え(笑)、

「Yes, PLEASE。」
と、固まった笑顔で(苦笑)言ったんですけどね。
そしたら天敵Wendy、出来たら持ってってやる、と嫌々(ここ重要)立ちあがった後、突然思いだしたようにこう付け加えやがりました。

「Oh, You are in a new classroom。」 

…えくすきゅーずみー???わけわかめ。
確かに今学期は、新校舎が出来たおかげで地図にないエアコン完備の新教室で授業してるわよ。やっぱ新しい教室はかいてk…

「ノーノー。教室替えたから。」

…ぱーどん?

「アンタの教室は、そ・こ・だから。」
と指さしたのは、全く別校舎2階の、全く別の教室…。おいっ!!
それも、コピーの用事が無かったら、一旦いつもの教室に行って、張り紙見てぐるっと大きく引き返して戻るべき、校門にうんとこさ近い部屋。

「いろんな校舎の電気付けなくていいように、最小限の使用で収めたのよ♪」

…て、こら、おまい!そんなことは、学期が始まる前に考えることだろが?
それに、アンタ、メールも何にもくれてないわよね?(怒)

「だからここで今言ったじゃん。あれ?誰かいる。GOOD JOB!」(棒読み)

…暖簾に腕押し、Wendyに常識。ツワモノ共が夢の跡。(違)

てか、あの教室にはどっから入ればいいんだよ!?

と思ってウロウロしてたら、先週休みだったJOさんとバッタリ。

「もうホリデー入ったのかと思ってたのに…。どしたの?」

「いや、先週調子悪くってさぁ…仕事も早退したから休んじゃった。」

「そうだったのね。ところで今日、教室移ったそうだけど聞いた?」

「おー、そこらしいな。」(と指さす)

「そうなのよ。見えてるんだけど…どっから入るんだ?」

「あっちだよ、先生。」

「お~!!あの入口なら入ったことある、アタシ(おい)。」

「つーかさぁ、先生…」

「へ?」

「オレ、便所行くとこなんだけど。」

…あ、ごめん。そーゆー大事なことは、早く言ってくんなきゃぁ~。(おい)



私も無事教室に辿り着き、JOさんもシ●コ済ませ、Rさんも登場、授業開始。

…そう、参加者は当初から随分減って、先週と同じく3人。
先週は一番乗りのAさん、Mさん、厠探して三千里、Rさん(笑)が遅れて到着。
今週は、この日も一番乗りのAさん、JOさん、そしてRさん…。

て、参加者どんどん減ってんじゃないの!?
7回目には誰もいなくなってんじゃないの?!(それならそれで楽だけど…)

いや、今週は絶対、Wendyのせいで路頭に迷って、ガッコのど真ん中で遭難した(?)ヒトがいたはず。いたはずよ!だから少ないんだわっ!(涙)

※最近の日本語教室は、授業そっちのけで「W星人(?)対SATO」の記載が目立ちますよね…(汗)
そっちのマニア(?)はいらっさるのかしら?


Br_decobanner_20090826194426_2

今日もブログランキング参加中。Wendy以上に働くムスメにクリック。

ところで。この教室で一番出来がいいのは、何と(失礼)一見ガテン系のAさん。毎週予習復習を華麗に(?)こなし、特に先週済ませたばかりのお金の数え方、既に暗記済み!ぶらぼー。どうしてそんなに意外か、ってーとですね…授業中、他の人たちが真面目な顔して聞いてるのに、Aさん一人だけ、ゲンコツが入るくらい(笑)の大口開けてるの、それがものすごいアホづら(失礼)。…ハエが入ってもしらんぞ?

日本語教室第2回~続き

日本語教室シリーズ、↓この下に前半があります、お忘れなく~。


はい、皆さん、ただいま戻りますた。
ムスメを迎えに行った後で、ちょいと寄るとこありまして。
…失礼こきまろ。(古)

あ、医者ではなくてよ。医者は当分堪忍して頂きたい所存。


さてさて、さっきの前半の続きですが。

2回目来なかったのは、Fさんざんす。
私の勘ですが、多分これからも来ないのでは…に500点。

ちなみに初回の授業はいつも通り、かなに始まり、挨拶と自己紹介。
授業の途中、既に目が泳いでた(!)んです。
昔の学習者キャロルさんSくんみたいに(…懐かしい)酒臭いからじゃなくて。

「アタクシ、とんでもないとこ来ちゃった?」と目が訴えてました。(笑)

予想に反して現れたのが(失礼)ガテン系Aさん。
先週は、説明するたびに、ハトがマメ鉄砲食らったような顔(?)してたのですが、今週は余裕ぶっこいて(笑)、ひらがな練習の際、手渡したドリルだけじゃなく、持参したノートに何度も書き取り練習出来るほど。

どこにでもいる普通のおばさんなのに(おい)、実はお偉い協会長、Mさん。
ご年配でらっさるので、少し時間はかかるけれど、その熱心さはテキストの書き込みが物語る。特に楽しそうに励んでるのが、かなの書き取り。
…ヒトは見かけで判断してはいけません。

一見真面目そう、堅物そうなRさん。男性、予想は30代。
一言一句聞き逃してなるものか!と言わんばかりに、真剣に授業を聞き入るRさん、ちょいと間違えては真っ赤、質問しては真っ赤、と引っ切り無しにいい年こいて真っ赤っか。

…ぷっ。教室中に弄られること間違いなし。(ドSのSATO)

JOさんは、放っておいても良く喋る(笑)、クラスクラウン(ひょうきん者)タイプ。
但し、やる気ばかりが先走り、
「センセ、オレさぁ、自分でも勉強しようと思って『Japanese for busy people』って言うテキスト買ったんだ。」
ああ、あれね。ヨソの日本語コースでも使ってるらしいね。私は使わんけど。

←これはローマ字版。かな版も出たらしい。

「そーなんだ。でさぁ…1ページ目でさぱーり。もう挫折。他のお勧め本ない?」
…うーん。お勧め、っつってもほれ。まだ2回終わったとこだしねぇ…。
「そーだよな。じゃ、7回終わったら買ったテキストを売ればいっか?」
…まずは授業に7回無事来られてから考えればヨシです。
「あ、でもオレら、日本語コース始まる前に、もうホリデーのチケット取っちゃってるんだ…香港行くから、授業は2回分来られないからよろしく~。」

…て、もうダメじゃん。(笑)

ひらがな、さ行の練習中。
「これが『さ』です。先週習ったのも組み合わせて…『さけ』。読めますか?」

「SAKE。大好きです。暖かいのが一番。」
と、また真面目な顔して酒や日本食を語り出したら教室一番のJAさん。

「日本に行って、色んなもの食べたい。」
と熱弁するJAさんは、実は授業が一番理解できてない…(汗)

いつもと違って2回目で取り入れた時間の読み方。
「いま なんじですか?」
と、時計片手に聞けば、皆が正しく答える中、JAさんのみが
「…あ~…いち…に…じ…ごはん…じゅっぷん?」
なんのことやら?┐(´-`)┌ さぱーり意味不明。(笑)


こんな、やる気にだけは満ち溢れた今回の面々。

「はい、じゃ今日はここまで~。」
と、授業を終えようとすると、

「ええ?もう2時間経ったの?!早っ!」

んまー!何と嬉しいヒトこと!
今まで聞いたことが無いセリフを先回、今回とみんなから聞かされ…。

それだけ熱中して頂ければ、ナンチャッテでも講師冥利に尽きます。(涙)

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。いつもクリック応援ありがとうございます。
平日の夜7時から9時までの2時間、休みなしで授業ってのは、教える方にも教わる方にも長いよなぁ…と思うのだけど、早っ!って聞くとやっぱり嬉しいです。
先学期の授業とはSATOの足取りも違う、ってのはココだけの話。(おい)

日本語教室第2回~Part1

突然ですが。

特に東海、関東地方の奥さん方。
地震、ダイジョブでした?

朝っぱらからNHKは地震のニュース一色。他の番組ありゃしない。
…ま、そのための日本放送協会なんですけど。

皆さま、お怪我がないようならこれ幸い。( ̄人 ̄)

さて。先週、『序章』としたまま、本章始まらずに週が明けた日本語教室。
実は、月曜の初級だけでなく、経験者向けの教室もあるのだけど、例のWendyからのメールには「PENDING」のままだった先週。
…開始前日まで連絡ナス。
思い切ってオフィスに電話したら、留守電。
…期待はしてなかったけど。

そして開始当日、先週木曜午後@某市役所オフィス。電話を取ったSATO。

「アタシ、Wendy。HPにはキャンセル、って書いてあるでしょ?見た?」

…見てねーよっっ!!
だったら『続報は各自HPで確認するように』ってメールに書いとけ!(怒)


ま、そんな訳で、日本語教室は月曜のみ開催にけてーい。

で、昨夜も昼間の仕事の後、ドタバタと行ってまいりました、日本語教室。

更地の地図片手に無事集合出来た(笑)ツワモノ揃いの今回。

名簿上は7人。初回参加者は6人。

娘が日本語習ってたので、私も習ってみようかな、と思って…とFさん。
「娘と、一度日本に遊びに行こうか、って話してるンざます。」

奥さんが、日本&KIWIのMIX、JOさん。
「ヨメのハハと日本語で話ができると最高なんだよなぁ…」
…その爪の垢、オッサンに飲ませたら、今度こそ(ここ重要)効きますか?

「実は、日本の学会に招聘客として呼ばれてて…」
というどっからみてもそんなVIPに見えない普通のおばさん、Mさん。

見た目ガテン系のAさんは、橋向こうからはるばる。
「日本語って面白いかも、と思って。」
橋向こうには、日本語の教室ないの?
「…あんじゃね?分かんないけど。」
…何はともあれ、はるばるありがとう。

見た目ク○真面目系、冗談すら通じ無さそうな(おい)Rさん。
どうして日本語を?と聞けば、
「…行ってみたいな、と思って。」
まるで♪行ってみたいな~ よその~く~にぃ~♪チックな理由。

そして最後に入ってきたのは、JAさん。
「日本、好きなのよね。行きたいのよねぇ。サケもスシも大好き。」
…サケもスシも出ませんが、どうぞゆっくりしてって下さい。m(__)m

という6人。(金は払ったけど来てない幽霊部員?が1人)



そして、2回目の昨日。

…当初予想した通りの一人が脱落して5人。

ここで問題です。

脱落したのは誰でしょう。

Banner_01 ←お盆休みもブログランキング参加中。今日も応援ありがとうございます。

すみません。ちょいと今から出かけにゃならんので、答えは…ああ、言いたい!言いたいけど、答えは後ほどUPする予定。ほなちょっくら失礼!

コードブレーキング~日本語教室序章

週末、こんなところにおりました…

Dsc02658←誰かとお会いしたかもデス。

て話をUPするつもりだったのですが、急遽もっとマニア受け(笑)する話を…。



金曜日の夕方のこと。

私のところにメール 暗号が届きました。

※今回はKEIKOではなく(←過去記事参照)、無事私の名前。
「やれば出来るじゃん?」
と、Wendyに対するハードルがどえりゃー低くなってる自分を発見。(笑)

「ハーイ SATO、

日本語初級、始まるから。

To stop the boiler in ●● block from needing to be fired up for heating I am transferring classes from that building to the new building. 
(●●以外は原文コピペ)


新しい教室は○○教室。嫌なら言って。

Wendy」

以上、暗号 キタ━━━━(゚∀゚;)━━━━!!

解読…ですか?

●●ブロックって何?
お湯沸かすの止める、って何のこと?
火つけなきゃいけない、って何?放火?(違)
新しい建物、て何?どこ?どれ?
いつから始まるのかも一切記載がないけど?
つーか、アタシが嫌ならどうにかしてくれるのか?否。(反語)

とまあ、面白いくらい、気味がいいくらい、見事なくらい(涙)意味不明。

…負けた感ありあり。il||li _| ̄|○ il||li

「これは何のこと?」
と聞いたところで、どーせ返事も意味不明なのは1億も承知。(断言)

はてどーしたものか??

…あ、そうだ! (゜ o ゜)b 
同じ校内で昼間勤めるオッサンに試し(ここ重要)に聞いてみるか。

「…うーむ。」

やっぱりWendy語の通訳は無理か。出身が同じ星(!)じゃないからな。

「…思うにだなぁ。」

思うに?

「これは、『●●ブロックの教室の暖房は給湯式だから、経費節減のため、エアコン装備の新校舎に移したから。』てことやなかろか?」

…ていうかさぁ。

「…ていうかだよな。」

そうよっ、オッサンも数年(笑)通ったけど全く上達ナシできてない初級教室、

一度たりとも暖房ついてたことありますか?否。

「そうなんだよ。あの部屋、いっつもク○寒かったよな?」

一度も暖房付けたことない癖に、何が『暖房は給湯式』だと?偉そうに。

冬場はいつも、ダウンジャケット着たまま脱げずに授業してますけど。
学習者も、帽子、ジャケット、時には手袋(!)完備ですけど。
みんな、ブルブル震えながら授業に来てくれますけど。

何を今更、『経費節減』だぁ? щ(゚Д゚щ)

「ま、いいんじゃね?新校舎ってこの新学期から使い始めたばっかのおニューだし。オレも入ったことないんだよなぁ。」

そして日曜。

思い出したかのようにまたWendyから届いた2通のメール。
そのうち1通は、添付が5つ(!)付き。

週末土日とも仕事だったので、時間のある月曜に見よう、と放置。


そして今日、月曜午後。

メール1を開ける。

添付1。Excelファイル
タイトル「各教室の募集状況、開催決定クラス。」

添付2。Wordファイル
タイトル「各開催場所(教室)の行き方。」

添付3。pdfファイル
タイトル「校内地図2009」

添付4。Wordファイル
タイトル「各教室の募集状況、開催決定クラス。」??

添付5。wps?ファイル
タイトル「各開催場所(教室)の行き方。」???

…4と5、形式違えど、ダブってますよね?
その上、添付5、開きゃしません。

そして次。メール2を開ける。
添付。pdfファイル
「教室参加者名」

つらっと一通り眺め、頭数を数える。
そうか、参加は6人か…。

じゃ、コピーは余分に8部くらいとるか。(←先回同様、慣れ過ぎとも言う。笑)



で今日月曜、夜7時。
(※講師の癖にいつから教室開催なのかをネットで調べ、慌てて準備した)

さて、新校舎とやらは…と、プリントした地図を見る。

…地図を見る。

…地図…??

『校舎見取図、2008

…新校舎があるはずの場所はただの更地。もちろん校舎は地図にナス。

何じゃそりゃーっっ!!p(`ε´q)


とりあえず、見慣れない(笑)校舎を目指して歩き、張り紙に従って教室を探す。

…ヒトがいた。ほっ。(迷子かよ?)
てか、みんなよくあのWendyの説明で、ここまで辿り着いたもんだ…(感動)

頭数は、いちにぃ…計6人。
名簿には、ひぃふぅ…計7人。

やっぱな。<(`^´)>
余分にコピーしてきて良かった。

すると、
「アタシ、今日申し込んだんだけど?」
「おっ、オレは今日の午後、申し込んだばっかだけど?」

…日曜に届いたファイルには名前が6人。

月曜、現場に到着すれば、参加者は6人。欠席が1人。
その内、当日、それもついさっき申し込んだ人が2人。…て?( ゚д゚)

…ε-( ̄ヘ ̄)┌


では、突然ですが問題です。

人数が合いそうで合わないのはなぜでしょうっ?!

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。今日もクリック応援ありがとうございます。

…人数が合わないのは神隠しか?はたまた座敷わらしか?(怒)と思いながら念のため、授業を終えて帰宅後、Wendyからの添付ファイルを確認。すると答えは意外…でもなんでもない。月曜に届いたファイルの6人中に、同じ名前を2つもはけーん!!(怒)
よって正答は、「担当者がWendyだから。」(笑)

完了リポート~日本語教室最終回

NZは今、スクールホリデーなんですよ、奥さん。

…つーことはほれ。

いるのよ、ウチにトウの立った『ホーム・アローン』が一人。

←売れてた頃(失礼)の彼をマイケルのPVで見つけたました…

オッサンがいると、何かと面倒と言うか、厄介と言うか、うざいと言うか…。

昨日なんて、出勤直後、さっき別れたばかりのオッサンからオフィスに電話。

まさか託児所に送り出したばかりのアカゴに何か起きたのかっ!?

上司が何事か?と聞き耳立ててる見守る中、

「あのさ、ビデオテープ出ないんだけど、どうしたらいい?」

…(゚Д゚) はぁ?何を今更?

「アンタ、その状態でいつも取り出してるでしょ?タイマー解除しなさいよ。」
ちなみに、タイマーかけてるのはN○K『おか○さんといっしょ』。(恥)

その後、聞いてたのか聞こえてない振りをしたのか、上司に声をかけられる。

「そーいやオタク、ホームアローン坊やがいる時期だわね…大変ねぇ…」

同情するなら給料上げてくれ。(違)



さて。

先週のWendy事件からこちら、ほぼ放置(またかよ?)の弊ブログ。

もしや今頃巷では、
「あの後、日本語どないなってんねん?」
の話題で持ちきり?と言われてる(はずがない)とか…。

そうそう。
ウチのオッサンを刺客に送り込んだんでしたっけ、Wendyんとこに。

あの日、鼻息も荒く帰宅したオッサンによれば、

「『オレはベビーシッターなんだぞっ!夜に鍵なんて開けに行けるか!?』って言ったら、『アタシんちは西オークランドの○○、遠いのよ!それにもう一人は海外旅行行っちゃうし…!』』って言うから、『んなもん知ったことか!』って言ってやった。毎日仕事に通ってきてる癖に、遠いも何もあるもんか!『だって…遠いのよ…』ってまだブチブチ言ってたから、『オレはとにかく来ないから当てにしてくれるな!』ってバーン!って、後ろ手に戸を閉めてヤツのオフィスから出てきちゃった。」

だと…そんなまたあーた、結論も出さないまま、よー飛び出てきたわね。
おかげで、当日現地(=教室)につくまでずっとドキドキ。


ま、結論から言えば、教室開いてました。
もひとつ言えば…他の教室もちらほら開いてるじゃないかっ!恩着せるな!

…てか、やれば出来るんなら最初から文句言わずにやれよ、Wendy。


最終日の参加者は、結局4人でした。

Aさん、Gさんのカポー。さすが彼ら、9月の日本行きのために来ただけあって、やる気はおっけ。1度風邪で休んだ以外の6回参加。
友人の紹介で参加のR氏、義務は果たして(笑)7回全部参加。
そして、2度目の初級参加、先週休んだAくん。

橋向こうから参加のJちゃん、Mくんのヤングカポーは、途中挫折の模様。

ま、みんな頑張ってきてくれました。来てくれましたとも。

が。

今まで教えた中で、多分一番進歩しなかったか…と思われるクラス。(断言)

最初っからこんな風だったので、何かやりにくいクラスだとは思ったけれど、

「このクラスは超初級。まずは文法のことなど考えず丸暗記しましょう。」

「私の任務は日本と日本語と、そして日本文化に興味を持ってもらうこと。そのためには、まず楽しんでください。」

「初級は、深く考えず文章を丸ごと声に出してみましょう。」

って何度も言ったのに。

「かなも練習するので、私が書く通り覚えた仮名でノートを取ってみましょう。」

って言ったのに。

「書いて覚えて、聞いて話して、自分の自信にしてください。」

って言ったのに…。


いやはや、頭でっかち(?)で、でも文句の多いクラスでした。

「テキスト読めない」
「ホワイトボード読めない」
「発音分かんない」
「アルファベットで書いてくれなきゃわかんない。」
「説明してくれなきゃ分かんない。」
「形が変化することに対しての決まりが分かんないから覚えられない。」
「ルールは?」
「文法は?」
「その辞書形(=終止形のことを言います)は?」
「別の言い方は?」
「●○って言いたい時は?」
「その文は英語では何て言うの?」
「『英語にならない』ってどうして?さっぱり理解できない!!」


授業中、静かなんです。
だって、「はい、繰り返して~。」って言っても繰り返さないんだもん。

とても真剣に話を聞いてくれてはいるんです。

でも、何だかなぁ…

基本の形すら最初に教えたあいうえおすら読めない、書けない。
でも、予習どころか復習もせず、先週何をやったかすら覚えてない。

だからと言って、来ない訳ではなくって、それなりに楽しんで来てくれる。

う~ん、何と言うか…

ウチのオッサンが何人も教室にいる感じ。il||li _| ̄|○ il||li

…オッサンいないと授業は楽なはずなのに。
集団でやってくる(?)だなんて…堪忍してよ、もう。

でもオッサンをベビーシッターにしといて、ホントよかったよ…。(汗)
本家本元(?)まで加わったら、やりにくいどころの騒ぎじゃなかったよ。(鬼嫁)

Banner_01 ブログランキング参加中。今日もクリック応援ありがとうございます。

そして授業の終わりも迫った午後8時55分。ダーン!戸が開いたと思ったら、ズカズカとWendyがまた乱入。まだいたのかよっ!?「施錠してから西オークランドまで帰るんだから、アンタ達早く終わんなさいよ。」どっかりと腰を降ろしたWendyが見守る見張る中、無理やり授業を終えたのでした。ちゃんちゃん。ふぅ…

天敵乱入!~日本語教室番外編

※ココログ、メンテ終了しますた。これでコメント書けまっせ。
↓こんな訳で、SATOの天敵『Wendy対策』(?)ガンガンぼしうちう。へるぷみー。


先週の月曜。日本語教室にWendyが乱入!

あれこれと、散々政府やら学校やらなんやらかんやらと愚痴りまくり、散々授業をひっかきまわし、学習者のモチベーションを下げまくって行ったあの日。

「今そこにある危機~日本語教室編」
として記事を挙げよう、と思ってました。

ええ、危機がそこまで来てるんです。

それも、『今後教室存続不可?』の危機が!? (マジですの)


…そーこー思ってる内にまた1週間が経っちまいましたけど。m(__)m

で、今日。(既に昨日ですが)
職場である「某市役所すぐやる課(仮名)」から、Wendyに電話。

というのも、こないだ突然ウチのオッサンが、
「なぁ、日本語っていつまで?」
と聞くので、
「確か7月の第1週までのはず。ほれ、ウチ1週遅れて始まった上に、祝日で一回休みだったから。」
と返事をしたら、
「でもさ。7月第1週ってばもうスクールホリデー入ってっぞ?教室やんのか?」

…なんですと?だって、前にWendyと一緒に働いてる○国人女性に祝日あるけどどすんの?って聞いたら、
「じゃ、ずらせばいいだけじゃん。ほれ。」
と言って、7月6日(月)の日付が出席表に書きこんであんのよ、もう。

で、先週Wendyに聞けば、
「アタシそれどこじゃないのよ。履歴書送るのに忙しくてね。え?ホリデー中の教室?んなもん誰が開けたいもんですか!!休み明けにしてちょうだい、んなメンドクサイ!!」

と、超無責任且つ、超Wendyちっくな回答。
「履歴書送るのに忙しいのよ、アタシ!それどこじゃないわよ。」
仕事を干される危機にあるので、いつも以上にやる気ナス、な訳ですよ。

て知るかそんなん。

ま、昔も休みにまで教室延びちゃったことってあったから、
今回も何とかなるわな、くらいに思っておりました。

…一応、あくまでも『確認』のために、月曜昼間、職場よりガッコに電話。

「Wendy?アンタ先週さ、『ホリデーになんて仕事したくないわよっ。あと1回の教室だったら休み明けにすれば?』なんて無責任なこと言ってたけど、それってどー考えても無理じゃね?だってみんな今学期7回、ってことで申し込んでる訳だし、おまけにアンタと一緒に働いてる髪の長い…ほれ、もう一人のヒトが(※『アジア人』とは言いません、差別になっちゃいかんのでね…)7月第1週って言ったんだよね。だから私も含めてみんなそのつもりだけど?」


黙って聞いてたWendyから、思わぬ返事。
「確かにあと1回だもんね。…じゃ、彼女に聞いてみるわ。で今晩連絡でいい?」
この素直な返事、絶対「じゃ、言った本人の彼女に丸投げ」と企んでるはず。
アタシなら、こんな上司(=Wendy)と働くのはもっぱら御免ですが。

「じゃ、今晩教室行った時に、確実に返事貰える、ってことだね?みんなには来週も教室ある、って言っていいんだよね?」(←一応念を押してみる。ほれ、Wendyのことだから)

「おっけおっけ。じゃ。」

ほっ、これで一安心。


そして、すぐやる課を終え、帰宅。アカゴの夕食、風呂、授業の用意と七転八倒、八面六臂、四六時中(違)の大わらわの後、授業へ。

一応授業開始前に、
「今日確認したけど、来週開けてくれるそうだから。
後で確実な返事はくるはずだけど、出来るって言ってたから心配しないでね。」
と、学習者には念を押してから授業を進めておりました。
あと1週、ってことで、それなりの進め方をしてるつもりだし。


で、授業後半にさしかかった頃。

Wendyではなく、例の○国人の彼女が出席表を回収にいつもの如く登場。

「あのさ。Wendyに電話したけど来週は教室開けてもいいんだよね?」

「…え?来週はスクールホリデーだから無理よ。」

「…てか、アンタやる、て言ったよね?ほれ、ここにも書いてあるし。」
(と、手書きで修正してある出席表を見せるSATO)

「…あ。そう書いちゃったけど、ガッコ休みだもん。」

ムカ~!この返事ったら…。
豚インフルより強いWendy菌感染者を発見。そっこー社会から隔離して下さい!

「あのさ、Wendyと話しなかったの?アタシ今日電話したんだけど?」

「…あ?ああ、そーいや話したかも。なんか…誰かの旦那が鍵持ってるはずだから、彼が開けるんだったらいいとか何とか言ってたかも…。」

「…つーか、それはウチの旦那がガッコの教師だから鍵持ってたら開けろ、ってことですか?」

「あ…そーだわ、きっとそーよ。アンタの旦那がその『センセ』てことね?」

「…あのね。さっき授業に来る前に旦那の顔見てるけど、そんなことひとっことも言ってなかったけど?旦那に確認取ってるんだろか?」

「え?わかんなーい。Wendy、忘れちゃったんじゃないのぉ~?」

…Wendy菌、いや、Wendy星の地球乗っ取り計画進行中か?

「当の本人に確認も連絡もせずに、アンタら勝手に決めんのか?」(怒)

「…Wendy、今日は早くに帰っちゃったからなぁ…4時過ぎだったかな?」

ここまで辛抱してたモノの、これでSATOの脳内で、ドッカーン!!と爆発音。

「あたしゃランチタイムに電話しとんじゃー!!4時に早退だと?!知るか!」

「…だって。」

「つーか、Wendyは『じゃ彼女(=私が今話をしてる○国人)に聞いてみるわ。で、あと1回だったら教室開けなきゃね。』って言ってたんだけど?何でウチらが開けならんのじゃ?」

「だってWendyがゆったんだm…」

「でも、それはアンタらの仕事でしょが!他のニンゲン関係ないだろが!」

…と怒りMAXのSATO。

おまいら、それで給料もらっとんちゃうんか?
何でヒトを巻き込むんだ?
それもウチの下男…もとい、オットに仕事を振ればいいじゃん?だと?

そんなことを、本人に何の連絡も了承もナシに決めていいのか?

…むむ?
おっとその前に、肝心なことを忘れてた。
夜7時には寝付くようにセット済み(?)、日本製体内時計(笑)を持つアカゴ。
教室開始の7時に鍵開けろ、って、じゃ誰がアカゴの世話をするのだっっ!?

と、♪もぉ ど・お・に・も・と・まらな・い~♪


「あ…ヾ(´゚Д゚`;)ゝ エーット・・・明日連絡しますからっ。じゃ!!」 

と、逃げ去る○国人ジョシに追い打ちをかけたかったけれど(しつこい)、
ハタと気が付いたら学習者たちの怯えた 心配そうな視線。


「あ…すみません。つい…興奮して…。」

ビクつく(?)学習者たち。

「あ…いえ、あなた方は悪くございませんのよ。おほほ…ほほ…ほ。」


ふぅ。


そして帰宅。当然ながら怒り収まらぬSATO。(しつこい、笑)

「おい、旦那!!」

「…はい、ボク何かしましたか?」 オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ

「アンタじゃない!カクカクシカジカなのだよ。キミは了承できるか?」

「いえ、出来ません…てか、オレの仕事じゃないし。」

「だろ?ンな訳だ。で、おまいへのミッション。
明日Wendyんとこ行って、アタシの分もどなり散らしてくるがいいわっっ!!」

我がブログの読者であらせる皆さまは、Wendyへのメールが以下に伝わらないか、をご存知かと思いますが、直接電話をしてもこんなに伝わらないモノだとは思ってもいませんでした…。

バカにされてるのか?
それとも向こうがばk…(以下自粛)

長くなりましたが、月曜クラスの顛末はこの通りでございました。

怯え…いえ、成り行きを心配そうに見つめる学習者の授業は、また別途。

***************************************************************

Banner_01何故かバナーが貼れないけど(IE8削除ですっきり)ブログランキング参加中。
そんな訳で大興奮(笑)してたSATO。こんなWendyとのやりとりももうウンザリ…可哀そうな私に、クリックで救いの10ptを…。(願)
ところでIE8をダウンロードしたら、バナーが表示されなくなりました…。(涙)
腹立ちついでに(え?)一旦アンインストールしますた。IE6が最近エラーばかりでウンザリ気味のところに、『重要なアップデート』となってたIE8…どないな評判ですのん?とググってみたら「使いやすい」って書いてあったのに、何だか分からんチンでやりにくいったりゃありゃしない。どこが使いやすいねん!?(怒)

遅ればせながら~日本語教室第4回

今朝がたオフィスでふと自分のブログを見てショックを受けたSATO。

…先回の更新から1週間になるだなんて!!(驚)
つーか、1週間自分のブログすらまともに見てないだなんて!!(驚)
そりゃブログどころかメールすら書けないはずです…すみません。

最近、何をしてるのか分からないうちに時間が過ぎてる毎日。
…英語で言えば、Senior Moment。
カッコよく聞こえてしまう(?)けど、要は「アタシ、ボケてきたかしら?」。

時間すら忘れるほど、何がそんなに忙しいのか?と鑑みるに、

仕事行って、慌てて帰宅、アカゴの食事の用意して風呂入れて寝かせて、オトナの食事の用意して、食べ終わったら力尽きて寝て…で、時折夜中のふんぎゃー!で目が覚めて、また朝が来てご飯作って支度して…
そして月曜日は、仕事行って食事作ってお風呂入れて、日本語行って力尽きて…

貧乏暇ナシ、金もナシ。(←てか、だから貧乏と呼ぶんだけど)
いや待て。専業主婦でずっとアカゴと二人っきりで煮詰まってるのとどっちがいいか…と言えば、普通のヒトの母性のかけらほどしか持ち合わせてないオヤヂ系の私には、
慌ただしくてもいい、逞しく育ってほしい。(違)

来世こそは、絶対オトコで生まれてきてやるんだから。


ところで。ワタクシ事ですが、先週末、ホントひっさしぶりの連休でしたの。

市役所、ウチの課は、相変わらずのシフト制休日。5月に復帰してからと言うモノ、連休は自分が風邪引いてくたばってるか、くたばった風邪引きアカゴの世話をしてるか、ばかりで、あとは1日ずつの休みばかりだったので、久し振りの休日が嬉しくて嬉しくて…。一日は友人夫婦と自分一人だけ出かけたものの、まだサザエさん症候群まで(笑)時間があるわ、何をしようかしら?

とワクワクしかけた先週末は土曜の夜。

訳あって、オッサンと類稀なる大喧嘩になりましてね。ほ…ほほ…\(*`∧´)/

ブログの更新どころじゃございませんでしたのよ。
…ったくやる気満々だったのに。(何を?)


そんなこんなで儚く散った私の連休。
今月中は何の因果か、この先しばらくまた一日ずつしか休みナス。(u_u。)


ま、忙しいとか慌ただしいと言っても、溜まった憂さは好きなことで晴らしたい!

好きなことと言えば、疲れてはいてもホワイトボードの前では、スキップ気分(?)の日本語教室。気持ちだけは(笑)イソイソと出かけて行きました。

憂さ晴らしに使われてる、と知らずに(おい)来てくれた学習者、今回は4人。

珍しくこの日の一番乗りは、いつも遅れてくるAくん。

これは、こたつ猫さんのミッション(第一回参照)をこなせと言うことね?(笑)

ね、Aくん。ちょっと聞きたいんだけど…。
前、日本人の彼女がいるって言ってたじゃん?

「うん、まだ続いてるよ。あれから一緒に日本にも行ってきたし。」

予想外の返事。てか一緒にですとっ?!(゚ロ゚屮)屮
…ちょいと、こたつ猫さん聞いたっ?

「やっぱさ~、日本語喋れるようになるには、日本に住むのが一番かな?」

…いや、そうとは思わんぞ。
ヒトによっては、その言葉の彼女(or彼)がいるのが一番、とか、住めば話せる、とか言うけどね。彼女がいてもキミしゃb…(モゴモゴ)それに、よく考えて御覧。初級クラスでキミも知ってるウチのオッサンは、日本に1年半住んで、おまけにヨメが日本人。それどころか、ヨメは日本語教師であるにも関わらず、あれだぜ?ε-( ̄ヘ ̄)┌  NZに住んでる外国人は、みんな英語喋れるか?

ま、要は、自分の努力次第、ってことだ。<(`^´)> 


などと話をしてる内に、先週休みだったヤングカポー、M君とJちゃん登場。

キミら、先週来なかったから時間の数え方とか他の数詞とかも進んじゃったよ?

「先週、オレ仕事だったんだ。大丈夫。ほら、ひらがなは勉強したもん。」

これも別の意味で予想外!!(゚ロ゚屮)屮
お調子者のMくんから、そんな優等生なお返事が来るなんて…。

きっとJちゃんアタクシの教育の賜物に違いない。(違います)

そして年長者のR氏が現れたところで、早速開始。


残ったひらがなをダッシュで終わらせ、この日こそ会話を進めねばっ。

時間の読み方を復習した後で、取りかかったのは、

 ビールが すきです。

 ビールはすきですか。

 はい、すきです。/いいえ、あまりすきじゃありません。


一応、シチュエーションは初対面からのお近づき、という設定なので、

 すきですか。

と聞かれて、

 NO。

だけでは答えないように。

と、とりあえず当たり障りのない言い方を教えるのが初級クラス。

「え~、でも嫌なもんは嫌じゃん。NOじゃいけないの?あまりすきじゃ…て文章長くて覚えられないし。(ココ肝心)」

…やっぱな。行けないとは言いませんが、友達は増えません私のように。

手元に用意してあるのは、スポーツ各種の写真。
さて、声に出して練習してみようっ。


ほい、Rさん。すもうはすきですか?

「あ~…Yes、じゃダメなんだよな。え~っと…はい、すきです。」

ラグビーはすきですか?

「はい、すきです。」

くりけっとはすきですか?

「はい、すきです。」

…故意にお返事『はい』だけ選んでないよな?(笑)

Mくん、ラグビーはすきですか?

「NO。」

だからぁ~…

「だって嫌いだもん。」

あ、っそ。 じゃ、くりけtt…

「はい、すきですっっ!!」

テニスはすきですか?

「NO。」

すもうはすk…

「NO。」

キミはやる気あるのか?щ(゚Д゚щ)

「あ~、SATOさん。クリケットわぁすきでs…。」

NO。( ̄ー ̄)ニヤリ

「あ~、ダメじゃんそんな返事したら~。」

うるさい、さっきのお返しじゃっっ。嫌いなもんは嫌いなんじゃ!

Aくん、ラグビーはすきですか?

「…こないだの土曜日、オールブラックスぼろ負けしなかったら好き…。」

て、そこかいっ!

Banner_01 ←細々と毎日こっそりブログランキング参加中。いつも応援ありがとう。

来週の予定はこの日少しだけ端折って説明だけした、例の(?)「あります」「います」。そして、地図を広げて道を聞く、というステップに進む予定。分かりましたね、それではこれを読んでる皆さんは、ちゃんと予習してくるように~。(え?)

より以前の記事一覧

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

いつも応援ありがとう!

  • ブログランキング参加中
    人気ブログランキングへ

twitter

メール送信

  • メールはこちらから↓

いつも訪問ありがとう!

オークランドの天気

最近のトラックバック

世界中からありがとう!

Amazon

  • 海外からじゃ買えないの?
無料ブログはココログ