« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

発表へのキセキ

明日、と書いたのにまた遅れておりました…。すみません。m(__)m 
記事書き殴ったまま、直す暇がなく、ようやく休みの今日に至ります。

…え?いつものことだから当てにはしてなかったって?(恥)


さてさて、時系列に並べてみますね。

7月に始まった『なんちゃって』お試し学生期間は14週間。
週1回、14週の授業だなんて楽勝楽勝?と舐めてかかっていた自分。

インフルを押して出かけた説明会当日、食らったカウンターパンチ…。
だって授業は、各科目の入門とは言え、大学の教授陣によるモノ。課題ももちろんその講義から。お題目(?)は、古典、現代哲学、政治経済、心理学、人類学、教育学、史学、社会人類学、そして文学から、3つの小論文提出…。

渡されるハンドアウトは、英語であるものの、まるで暗号。(dame)
ホウホウのテイで課題をおやぢに手伝わせて終わらせた悪夢の14週目。
例のヤマがまるっと外れた試験も、上記科目から2時間で3つの小論文。

もちろん全部英語ですよ、英語…(当然)

そりゃもー死ぬかと思いました。
ま、思っただけだけど。

でね、その時コースブックには、
「結果は、3~4週間内に郵送で届きます。」
と、書かれてる訳ですよ。

「いよいよ最終試験。皆さんの検討を祈ります。
あ、今回の結果は、2~4週間以内に郵送しますから。」
と、試験当日担当者が言ったような言わなかったような。

「あ、そうそう。コースの終了式は11月22日月曜に行います。
終了式には家族・友人同伴おっけ。場所、時間は追って連絡します。」
と、次から次へと担当者。
覚えたことが耳から零れ落ちてしまいそう(笑)で、どーでもいいから早く試験終わらせませんか?!と気が気じゃないワタシ生徒一同。

…ワタシのは、その時点で既に多くが零れ落ちてましたけど。(老化)


そんな訳で、あの記事でSATO、il||li _| ̄|○ il||li…となった次第。



が!問題はここから。
dameならdame、と早く忘れてしまいたいのに、待てど暮らせど来ぬ結果。

『…あの時、4週間以内には結果届く、って言ってたよな?』
『いや待て。本当にそうだったんだろか?焦ってたから自信ない。』

と、コースブックを確認すれば、やはり3~4週間以内、と書いてある。
既に5週間…。
郵便なくされたか?
どっか紛れたか?
アホが捨てたか?

そして4週が過ぎ、5週目に突入した15日月曜。

あ、メールが来た!添付が来た!とうとう来た!(ドキドキ)

そっか、『Mail』を郵送だと思い込んでたけど、e-mailのことだtt…(違)

と添付を開けてみると、そこにあったのは、

終了式のご案内。参加・不参加の連絡は19日までに。』

…ん?なんか順番違くね?
合否も分かんないのに、こんなん来たわ。

あ、てことはやっぱり郵送で、もう発送したんだわ。
まだ今日は月曜、今週中には届くのね。
てか、届かないと金曜までには返事できないものね。

と、待った1週間。
届いたメールは3通、全て『終了式のご案内』

その間我が家では、
「合否まだなの?」
「郵送してこないの?」
「どーなってるの?」
「電話してみなよ?」
と、人の顔見る度にせつくオトコが1人。(←当然オッサン)

さすがに自信満々なら電話もすれど、恥の上塗りはしたくない。(ミエハリ)
「こっちだって気になって待っとんじゃ!聞くな!うっせー!!」
と、切れてみる。
「ごめん、もう言いません…」
と収まる。でも時間が経つと、
「しかし、結果が分からんと落ち着かんねぇ…。」
との繰り返し。ったく自分が受けた試験でもないくせに。
てかムスメのお産が遅れた時には、ここまでいらいらしなかったよな?(怒)

あまりに返事が来ないので、
「あの~、終了式の案内ばかり届くのですが、結果はまだでしょうか?どこぞで郵便紛れてますかね?いつ頃発送されましたかね?」
と、メールを送ってみたのが水曜午後。

ここでまた終了式の案内が届き(怒)、他は音沙汰無いままの木曜…。

郵便、いい加減届けよ!と思う金曜も、郵便受けは空。

「もーいーよ、落ちてるのに参加なんてするもんか!」

と居直る金曜午後。
1通のメールがようやく届く!
最終手段はメールなのか?
何でもいいや、この際、来たっ!

が…「終了式の参加希望者は今日までに。」

どないなっとんねん…il||li _| ̄|○ il||li 

と、結局結果も分からないまま、ここまでが金曜。
まだまだ続く翌週分は後半へと続くのであった…。
人気ブログランキングへブログランキング参加中です。暑さで雪ダルマも溶けるっての。

童心と言われても…

先日。オッサンが興奮気味にやってきましてね。

「ここにはライターかマッチはあるか?」
と、唐突に聞くんですよ。

そんなもんくらいあるけど、何さ?

「今日、生徒に教えてもらったんだ。超COOLな手品!Youtube散々見てやり方もう覚えたから、後で見せてやるよっっ!」 ヽ(゚ω゚ )ノ
と鼻息も荒く、妙に得意気。てか仕事中にありか?

何でもいいけど、ライターなんかムスメが起きてる間にちらつかすんじゃないぞ、ボケ!

と一言だけ物申し、熱が冷めるまで放置。(鬼)

で、ムスメもようやく寝付いた頃。そろそろ片付けして…と思うワタシをヨソに、熱が冷めるどころか、機会を待ち侘びていたらしいアホおやぢ、

「ライターはどこ?ストローは?」
と、うるさいうるさい。

その辺にあるはずだけど?

と、邪険に(ここ重要)聞き流していると、おやぢ、取り出だしたるのは水、塩、ライター、そしてストロー。

「5秒で水を氷にして見せます!」

ふーん… ε-( ̄ヘ ̄)┌(=勝手にどうぞ)

「見ててよ!!これをこうやって~…。」
…。
「こ~やるとぉ~…。」
…。
「…あれ?あ、待った。もう一回。」
…。
「…おかしいなぁ?Youtube見て復習しなきゃ!」
と、見せてくれたのがこの動画。↓



「ほら、すごくね?生徒が教えてくれたんだ。」
…生徒もアンタも、動画のコメントは見てないんだよね?
「コメント?関係じゃないでしょ?やり方でも書いてある?」
…ないよ、んなもん。
ただね、このコメント欄によれば
『こんなんに騙されるヤツ、アホ。』とか
『明かりが切り替わるのは何でだよ?』とか、
『やらせ、丸わかり~。』とか、
『ばかじゃないの?』とか一杯書いてあるけど、
『こんなにコメントあるのに、「これは本物、この通りやったら成功するんだよっ!」てコメントが無いのは何故かしらね?w』
っていう正当な意見もあるけど…読んでないよね?

「…嘘っ?!んなこと生徒もオレも読んでない。」
与えられた情報は読めっ。多少は疑ってみることも、オトナとして必要だとは思わないのか?…そんなだから、ハメラレタくせに…ボソボソ…

コッ恥ずかしいから、明日ガッコで『ウチでやったらできなかったんだけどさ、おまいは出来た?』なんて生徒に聞くんじゃねーぞ。

と、これまた念を押し…。

そして翌日。

「『ウチ帰って、家族をびっくりさせよーぜ!』って言ってたのに、その生徒からも報告なしだった。…きっと、オレ同様笑われたんだろな。」

…だろな。(恥)
同レベル、いやそれ以下と断定

世の中には『童心を忘れていないオトナ』等と言う便利な言葉があって、おまいのような単純…いや単細胞は調子に乗ってしまうのだけど、おまいは子供そのまま。おまけに職業は教師、その生徒はまだ学生、まだ失敗して学ぶ年。いい年ぶっこいて、『恥ずかしい』ということを学んではどうか。んなこと2歳児でも知ってるぞ。…おまいの母は、人としての基本を教えなかったようだが…だからシリはこっちに回ってくるんだっ。(怒)

人気ブログランキングへ←今日もブログランキング参加中です。m(__)m
↑明日は、気になってらっさる方も多い(のか?)と思われる、例のあれの報告をゆるゆると予定中。どうか期待をせずに乞うご期待。(え?)

When your Child comes home Messy…

先週のある日。ウチにおりました、ワタシ。

で。おっさんのお迎えでDaycareから帰ってきたムスメ。
「マミー!!」
と呼ばれて
「おかえり~。」
と戸を開けたら、そこにいたのは…
Dsc00630うしし~!
まさかの…アカベコ。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

本人曰く、スパイダーだとか。

言われてみれば柄はスパイダーマン。ん…マン?

どうやらその日のDaycareは、何のイベントもないのに、ネタに困ったのかフェイスペイントの日だったそう。フェイスペイントが何だかよく分かってないムスメ、
「何がいい?」
と聞かれて、彼女のマイブーム曲『Incy Wincy Spider(←童謡リンク、音出ます)でも思いついたのか、
「う~ん…スパイダー。(何故か小声)
と答えたそうだ。
『何がいい?』って何のことやら?だったのかも。

でも、先様としては…『フェイスプリントにスパイダーとな?』と、困ったはず。だってアタシなら困る。(笑) で困った(?)作者、悩んだ結果がスパイダーマン。

本人、スパイダーマンなんて見たことも聞いたことも無い癖に。

おまけにこの日は、SATOの趣味に反したギラギラとした蝶々のフリフリTシャツ着せてやったのに、キミは何故にスパイダーマンになったのか。せめて、猫とか虎(虎?)とか、せめて描きやすそうな、むしろ分かりやすそうな物ならともかく、スパイダーマン。

…いや、むしろサルボボ。(涙)

Dsc00628
o(*^▽^*)o

ま、本人はスパイダーマンだろが何マンだろがどーでもよくて、『顔が赤くて、人も笑うし、何だか面白い』ってだけ。玄関先の鏡にしばらく張り付いてはご満悦。

あ、帰ってきたら散歩がてら近所に牛乳買いに行かなきゃ…と思ってたのですが、ちょっと躊躇。でも大人もこんなこと(←過去記事参照)しちゃう国なので、子供の赤ら顔(違)くらい屁の河童。微笑んでくれる人、ほくそえんで(笑)くれる人、見て見ぬ振りをする人はともかく、真顔でワタシの顔を睨み付ける人にはさすがに困りましたが…(←店のオバハン)

アタシがやったんじゃないもん!!(*`ε´*)ノ

ま、前は前で、ピンクのモヒカン(!)頭で帰ってきたし、服はなんともないのに背中とお尻が絵の具で真っ青!てこともあったし、鼻の穴が黄緑だったり、歯がオレンジだったり…と色の刺激には慣れたつもり(←いいのか?)でしたが、このサルボボ顔スパイダーにはさすがに大笑い。

風呂が赤く染まったことを併せてご報告します。┐(´-`)┌

Br_decobanner_20101121135756 ブログランキング参加中。ありがとうございます。
週末、ビーサン買いに東奔西走。どれもこれも甲高幅広の足には合わず…。つーか、サイズでかすぎ!そんな訳で、今日もムスメはノビノビとそしてゆるゆると、態度もサイズも(!)成長中。

あ。ゆるゆると言えば…その話はまた後日。

↓ちょっとだけ続き。

続きを読む "When your Child comes home Messy…" »

3にゃんきょうだい

※記事には若干の時差があることをご了承下さい。

ネタだけは山ほどあるのですが、なんせ色んな意味でゆっくり出来る時間が無かったSATO、ちょっと気が向いたのか(のか?)また更新してみたりして…。
いくら若干時間が出来たとは言え、高齢で予想外(ムスメに失礼)に親となったSATO。自分の人生でまさか↓こんなもの作るとは思っても見ませんでしたが。

Dsc00490 Jack-O-Lantern
参考にしたのはこちらのレシピ↓

Cpicon ハロウィンだから!かぼちゃのクッキー by チョコまかろん

我が家にしばらく放置してた(dameハハ)カボチャをペーストにして練り込んだら、ほんのりカボチャ味のクッキー完成。げーじつ的センスは皆無のSATO、描いた顔の良し悪しは別として、クッキー自体はムスメに大好評。バクバクと全部食べられちゃいました。

…ちぇっ、製作者の味見くらい残してくれ。

そして、親子揃ってのヒトミシラー。地味にご近所だけにカツアゲTrick or Treatに出かけたら、途中ですれ違った高校生男子に、

「ふっ…CUTE AS HELL!!」
謎めいたホクソエミと共に言われたムスメ。確かにハロウィンだが。確かに悪魔の羽付いてるが、”HELL”と言われても…褒めてるんだか、貶してるんだか?

…おばちゃん、英語も日本語も若いコが分かりません。

Dsc00510隣りのご夫婦宅で、

Dsc00511

Dsc00513ナデナデ
ハロウィンの主旨が分かってないムスメ。オヤツなんぞより猫!猫!猫撫でてた方が嬉しかったらしい。(笑)
飼い主さん曰く、
「あれ?ウチの猫ったら普段はもっとやんちゃなのに、どうしてヨソの人来ると大人しいんだ?」
ムスメも然り。つーかそのまんま。
ヨソ様の前では猫被りとか猫なで声とかお手の物。すぐ人のひざの上に上りたがる、箱を見たら入りたがる、狭いところに隠れたがる、どこがどーなってるんだか、ってな格好で丸まって寝る、手で顔を洗う…と言うよりは、ありゃ鼻を拭うだけか?(笑) おまけに最近じゃヒト撫で声やら嘘泣きまで覚えちまって、全くもってジョシは…いや、特にウチのムスメは猫。絶対猫の化身、生まれ変わり…と思う今日この頃。

と友人きなこ嬢の『犬と男子』に今更TB、て話でした。

…長男ピカソに躾を任せたからだろうか?

  ブログランキング参加中。多謝 m(__)m


ちなみに、ピカソの教育を受けた我が家の長女はこちら↓

Dsc00457呼んだ?
ハナとムスメは、名前も(?)小太りなとこまでもキャラが被ってたりして。

参りました。

突然ですが。

先回の記事に書いた通り、どうも贔屓目に見てしまう傾向はあるけれど、2歳と4ヶ月にしてはいいんだか悪いんだか、口が達者である模様。
現場(?)としては困ってます。
つーかムカついてます。(大人気全くナス)

駄々コネまくって、自分の部屋に篭り、
「NO!Mommy!Go Away!」
と喚くのでとっとと退却してみれば、コロッと声色を変え、
「Mommy、Come Here Rigt Now, Please。」
と懇願モード。それでも放置(おい)してみると、次は、
「Mommy、かもーん、I said!Please、Mommy…」
と、先回の対おっさん発言動揺、命令形にシフト。

面白いので(おい)様子を見ながら放っておくと、、
「…SATOちゃ~ん、おいで~(←ここまで日本語)。鼻水が出てるのよ、アタシ。早く拭きに来るがいいわよ、PLEASE!(英語)」
と具体的な指示が出る。てか、鼻水かよ!!
鼻拭きにわざわざおまいの部屋まで行かせるのか?拗ねて立て篭もってる(笑)んだから、おまいがこっちへ来るがいいわ!

これがオッサンだと、伝書鳩のように(苦笑)ムスメの指示通り行ったり来たり、アタフタヨロヨロ…

お前がこのチビを付け上がらせるのだよ?(怒)

と、こんな毎日です…。┐(´д`)┌

親の威厳って何?と思わざるを得ない恐るべし「魔の2歳児」。”Please”付けりゃ何でもありなのか!と本気でムカつく自分がいるのは否めません。(オトナゲゼロ)

巷の2歳児てのは、お喋りもたどたどしくて、舌もよく回らなくって、何だか片言も可愛らしいもの…と友人、身内、近所で遊ぶ見知らぬ子と遊んできた自分。まさか我が子がこんな、こまっしゃくれた(死語)ク○ガキになるだなんて…


が!そこで…ん?待てよ?とおもった元日本語教師SATO。これは、日英語の違いのせいか?と思った次第。

「トイレ!」 と、幼児に限らず一言でも済むはずの用事が、
「I go to the toilet。」 大人も幼児も女王も(?)同じ台詞。

自分でパジャマを着る、と言い張った場合を例に取れば、
「自分でできるかなぁ?がんばれ~。」
「だいじょーぶ。…うーん、うーん…むじゅかしいねぇ…」
などと、会話はホノボノ進むもの、と思いきや、

「自分で出来る?」←SATOはたいてい日本語
「Yup, I can do it!Look, I can do it!」 
「あら、そうなの?大丈夫?がんばれ~」
「Hum…No, It's difficult。Mommy, You Do It。」
…命令形。偉そう度と可愛げ無さ度が一気にUP。

通常の会話では、主語が無くても全く問題はない、むしろ主語を明確にしない性質の日本語と、如何なる場合でも主語が無ければ文章にならない英語との違いで、全く大人と会話してるような気分になります。
逆に、如何に日本語を流暢にこなす外国人でも、つい『ワタシは』『ワタシは』とやってしまって、押しの強い、我の強い不器用な日本語に聞こえてしまうのもこれの影響。

ぶーぶ、くるま、じどうしゃ、白い車などと教えているうちに、
「Look, It's my mother's car。It's a white car!」
と、ハハのワタシに言われた日にゃ…┐(´-`)┌

で、つい先ほど。今朝のこと。

誰の血なのか(汗)朝に弱いムスメ。寝起きは毎日悪い悪い。目は覚めてもベッドから出すまでが一苦労。いつもの対策は、まず食いしん坊対策として、エサ(笑)や果物、そして大好きな本やお歌やピンクの服やスカート釣りも、ピカソナデナデ(笑)までも、今日は全く効果なし。またいつものNo Mommy攻撃から敵の宣戦布告!
止めてよ、ハハは朝弱いんだから…(同じ穴の何とやら)と思いながらも、仕事に遅れる訳にも行かないので、

「アンタはホントに難しい人だねぇ…」
と呟いたら、2歳児、ハハに返して一言。

「No, I am not difficult。I am easy。」

…ハハは参りましたです、はい。m(_ _)m

Br_decobanner_20101102060422 ブログランキング参加中。いつもありがとう。
「今日はこれくらいにしといてやるか。」 By ムスメ

英語で、イタズラ・生意気・腕白なくそg…(自粛)を『Cheeky Monkey』と呼びます。どうやらムスメは自覚してる模様。(笑)
で、寝ぼすけのムスメ用に、↓こんな目覚まし時計を買いました。
楽天もAmazonも検索したけど、未発売らしい。売るか?( ̄ー ̄)ニヤリ

時間になると、ジャングルの音で目が覚める『小猿』専用。
ジャングルが呼んでいるよ。起きるがいいですよ、小猿。



一応これで目は覚めますが、その後が…記事の始めに戻る。(苦笑)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

いつも応援ありがとう!

  • ブログランキング参加中
    人気ブログランキングへ

twitter

メール送信

  • メールはこちらから↓

いつも訪問ありがとう!

オークランドの天気

最近のトラックバック

世界中からありがとう!

Amazon

  • 海外からじゃ買えないの?
無料ブログはココログ