« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

待っててね。

皆さま、

ご心配おかけしてます。

メール、お電話、コメントの数々、本当にありがとうございます。

それが、この若輩SATOにどんなに力を与えてくれてるか…。(涙)

ありがたくってありがたくって、

世界中に足を向けて寝られそうにありません。←立って寝る?


おかげさまで、ムスメも私も、ついでのアホおやぢも、

幸か不幸か(え?)病気ではないので、ご安心ください。

それだけはお伝えしたくて…。


ムスメは、食欲モリモリ、元気ハツラツ、いい子に育ってくれてます。

何はともあれ健康な子に産まれてくれたことを、と感謝する毎日です。



ただ…私自身の、気が抜けない日々がまだ当分続きそうです。

ムスメのため、ムスメの小さな世界の平和のため、

SATOはもう少し頑張ります。

…見守っててね。m(__)m

Br_decobanner_20090928073223
←今日もブログランキング参加中。ありがとうございます。
そうだ、腹が減っては戦は出来ぬ。何か食わねば高楊枝(違)。

お詫び。

いつもイブンカな日々にお立ち寄りくださいまして、誠にありがとうございます。


いつも突然で大変申し訳ないのですが、

ワタクシ事ではありますが、あまりにも事のダメージが大きすぎて、

心身ともにしばらくブログの更新どころではなさそうです。



必ず近いうちに、嫌と言われても戻りますので、

その時はまた遊んでくださいませ。


SATO@イブンカな日々 拝

Br_decobanner_20090826194426_2

ブログランキング参加中。ムスメよ、ブログも代わりに頼んだよ。

希望的妄想。

日本は連休終盤だそうで…。皆さま、いかがお過ごしですか?

SATO、咳もまだ時折出るものの、先週に比べりゃ随分と楽になり、
無事ニンゲンの声に戻りつつあり、バイキンマン扱いされながらも仕事復帰。

皆さま、ご心配おかけしました。m(__)m


ところで。
前に少しだけ走り書きをしたように、以前の託児所に辟易しまくりやがった私、
今月9月から、ムスメを新しい託児所に送り込むことに成功しました。(*^^)v

ハハより父の方が性格的に向いてんじゃね?と自他共に認める上に、ヒトミシラー、ヒキコモラー、兼デブ症(?)メンドクサガリータSATOと、声・体格・態度・アタマ(涙)だけでなく、自我すら1人前以上と思われ、外に出たがリータの出べそ(方言?)我がムスメ。
子連れで一緒に出かける友達もいない、お家大好きSATOとムスメ、
サシで向かい合い続けてるとお互いに煮詰まる自信あり。<(`^´)>

早くから託児所に入れて、同年代と遊んでる内に、どうやら託児所は楽しいものだ、と思った彼女は、毎朝嬉々として登校中。新しい場所もへっきのへー。

両親共にこんなにヒトミシラーなdame親なのに、誰に似たのやら…?(苦笑)

おかげで、新しい託児所からは、
「Daycare慣れしててとっても楽チン♡ お昼寝も一人で出来るし、沢山食べて、遊んで、おしゃべりして、お歌歌って、ダンスして、本読んで、楽しそうよ~。」
との言葉を賜っております。

そうだ、ムスメよ。自立の道は1歩からなのだ!(違)
…ん?まさか一人でお歌歌ってダンスして本読んでる訳じゃないよな?
それじゃ所詮、蛙の子は蛙。(涙)

…怖くて真実を確かめられません。(汗)


そして先日。

ガッコが私の仕事より早く終わるオッサンが迎えに行き、私が帰宅するや否や、

「GET THIS!」 (=ちょっと聞いて)

と寄ってきました。

担当の先生(彼女の9ヶ月の娘、同じUnder2のクラスにいます。)からこう告げられたそうです。

「…お宅のムスメちゃん。叶わぬ恋をしてるの。」

はぁ?恋?

「うん。『私のフィアンセ(先に赤ちゃん登場したのね?)がね、私達を送り迎えしてくれるのよ。でね、こないだ私が帰り支度してる間、彼がハイハイしてきたムスメちゃんと遊んでたのよ。』だって。」


あ、その彼見たことある、ワタシ。背が190センチくらいあって、目が真っ青でガッチリしたヒトだった気がする…ハゲかけてたけど(おい)

「オレ、聞いてみたよ。どんな感じのヒト、って。背が高くて、髪がオレくらいの短さで、って言ってた。でね、『それから朝、彼が私達を送って来てくれて一目散にハイハイしてくるようになってね…帰ると、床に突っ伏して泣くの』だってさ。」

ふーん。つーか、先生の妄想じゃないの?だってこのコ、前の託児所でも、お気に入りの先生(♀)が父兄と話すだけで、父兄を(ココ肝心)睨んだり、泣いて嫌がったりする、って言ってたじゃん。別に、恋って訳じゃないだろけど、泣いて嫌がるのは、どっかで修正しなきゃね。

などと真剣に考えてたら、暢気なオッサン、こうのたまいやがりました。

「『やっぱりダディは初恋の対象になるんだなぁ、オレと似てるショートカットのオトコに惚れるなんて…。』って言ったら、先生笑ってたよ、あはは~。」

…てか、苦笑いも分からないだなんて。
『何言ってるのよ、ウチのフィアンセと比べるだなんて!』と思うでしょ、普通。
アタシだって、ほら驚愕の余り、こんなにリアクションに困ってるのに。

しかし、こんなケダモノイキモノを飼ってる責任上、正さなければなりません。

親バカならぬ、バカ親丸出し。いいか、よく聞きなさい。

NO!絶対NO!それは妄想。てか希望的妄想。(断言)

いいですか?ムスメのメンツにかけて申し上げます。
顔も、体格も、目の色も、声も、きっと収入も…(涙)絶対違いますから。

そのフィアンセがおまいが似てるのは、禿げかかったアタマだけですから!

…よくもそんな厚かましくも恥ずかしいことが言えるものだ。と呆れた次第。

Br_decobanner_20090922201256
今日もブログランキング参加中。アナタ、置いてかないで~!

そんな騒動どこ吹く風のCoolなムスメは、今日もハイハイ、歩く気ナス。重いつーの。

だみ声警報発令中。

今日は金曜。一週間ってば早うございます…。

思い返せばあれは月曜のこと。

先々週末から後生大事に取ってあった(!)風邪、
「なんだか咳だけ抜けなくてねぇ…」
などと思いながら、その日も仕事を終え、いつものように夜は日本語教室へ。
感動の(?)最終回を終え、さてさて火曜は休み…

だったはずなのに。はずなのに。
それどころじゃなかったそうな。

ここんとこ咳で熟睡できなかったので、医者でも行くか、と出かけた火曜。
ちなみに月曜、ムスメが今度は目の充血で同じ医者にかかったばかり。
…私ら、ホントいいカモ客です。(涙)

聴診器片手にお医者さん。(♀)背中をポンポン中のこと。

「ちょっとかがんでね。…あら?」

なになに?あら、て?

「ナインティーナイン、って言ってみて。」

…え?じゃ、ナインティーナイン。

「おっけ。肺がインフェクション(感染)。」

…え?(汗)何で?何で?
なんでナインティーナイン?(そこかよ?)

「アナタ、お勤めは?」

市役所ですが。

「あっそ。じゃこれ。」

と、処方箋と共に手渡された診断書…
『この者、とりあえず3日間の休養を要す。』

てな訳で、水・木・金と3日間、おふぃしゃりー病欠決定。
病院にかかった火曜と、週末土曜も休みだから、計5連休。
日本と一緒の5連休、奇遇ねぇ…どこも行けないけど。行かないけど。(涙)

熱も無くて、咳と鼻詰まりだけだから、3日間何して遊ぼっかなぁ…(おい)
と暢気に考えてたら甘い汁。
この咳がしんどいしんどい。咳し過ぎで腹筋痛い昨今。
つーか3日飲んでも症状変わらへん、薬効かへんちゅーねん。

と今日また医者へ。
巷では、5連休では足りないんじゃないか、という噂あり。年だし…(涙)

さて、早速処方箋持って薬局へ移動。
じんのすけさんは御留守だったけど(え?)、処方箋を渡し、待つことしばし。

…げほごほ。ごっほごほ…くくく…苦しい。
と咳き込んでる背後で、
「お?オレとお揃い♡」
と、だみ声の爺さん。

薬剤師のおばちゃんも、
「さっきも来たわよね。流行ってんのね、クローキーボイス(だみ声)風邪。」

まさかこの年で流行り追っかけてたとは露知らず。orz

…じんのすけさん、今度のこそ効きますか。(え?)

風邪引いたら、やっぱりこれ。ガンガンいってます。

Br_decobanner_20090918194105
ブログランキング参加中。母ちゃん、また風邪引いたんだって。
…ておまいが言うな。おまいの菌じゃ!
巨大児の免疫機能の方が、おたふく風邪5回引いた私より(事実)よほど高性能だと疑って止まず。そんな訳で、しばしボチボチ更新(て、いつもだろ!)。このクローキー声(!)をブログでお届け出来ないのが残念…ゴホゴホ。あ、画面に近づきすぎるとうつります。m(__)m

お詫びのしるしに、ささやかなおまけ画像を。↓

Dsc02975寝ボケハナ、破れたり!!ちう♡
素敵な週末を!
じんのすけさん、かに食べに行ったみやげ お待ちしてます。

戦い済んで日が暮れて…

こないだのこと。

ムスメが今年何度目かの風邪を引いて(!)Daycareから帰宅。
グズグズ言うのに手こずってたら電話が…。

…こんな時に間の悪い。
ま、用があったら留守電残すでしょ。かけ直せばいいのよ。

と放置を決め込んでみた。(おい)

が、また鳴る。
何度も鳴る。
留守電残さずにまだ鳴る。

うっせーなっっ!

と、しょうがなくめっさ不機嫌に受話器を取ったら、

「…さささ…SATOさん?だだだ…ダグラスだけど。」(←英語。どもる癖あり)

(ちっ、出るんじゃなかった…)
はぁ…今、手が離せないんけど?何か用っすか?

「あの…ぼぼぼく、頼みがあ…あああるんだけど。
エッセー書いたので、ちちち…チェックしてほしいんだけど。」

はぁ…。どんなエッセーかは存じませんが、ワタクシごときがお役に立てるとはちーとも思いませんのよ。聞こえると思うけど、ムスメ泣いてるし。

「ににに…日本語学習についてちょっと投書しようと思ってるから、かかか…書いてある事実だけ目を通してくれればいいんだけど。もし金払って欲しいんだったら、払ってもいいんだけど。」 ←はい、確かに”If you wish me to pay”と言いやがりました。

…普通なら「これだけ払うつもりだけど、こう言うことお願いできるか」だろ?

とにかく。
電話だけで出来るかどうかは返答しかねるので、ヨメ(某市役所ボランティア)に渡してくれれば受け取って読んでみるけど。

「あ…いや。住所は●●通の△番地-1でしょ?ポストに入れとくよ。」

(なんで住所まで知ってるんだ?個人情報保護法に触れるぞ!)
と思ったモノの、ムスメがぎゃーとるず!だったので、早々に電話を切りました。


で、翌々日。
ポストに投函されたみみずが這いずったような(おい)見慣れぬ文字。

…来たか、とうとう。
と、嫌々(ココ肝心)開けてみると。(元は英語。掻い摘んで意訳しました)

「Dear SATO。

ボクが書いたエッセーの事実関係に間違いがあれば直して下さい。
If you wish me to pay(また出た!払って欲しければ)金出してもいいよ。
あ、ボクのエッセー、2部コピーしといたから、1部は添削用に、もう1部は記念に取っておくがいいです。」

…カバーレターだけでもムカつくには充分。(怒)

いよいよ本文。

と思ったら、最初の段落読んだだけで血圧上昇、動悸バクバク。
あまりのムカつきに最後まで一気に読み終えられず(マジ)。
嫌々ながら、3日がかりでやっとこさ終了。

掻い摘んでみますと…。(カッコ内はSATO)


「題:Great Wall of Japan」 ←日本の『万里の長城』。もうここから勘違い!

日本語学習においては、会話は簡単。かなだって簡単。たったの50文字ほど。問題無く誰でもスラスラと話せ、読めるようになる。
でも漢字で躓くガイジンはとても多い。読み方を覚えたくても、それは万里の長城のように立ち塞がる。ガイジンは、いつまで経っても日本語がうまくならない。
日本語はその昔、中国の真似をした漢字、と呼ばれる文字と、それを自分達の形に変えたひらがな、フリガナ(←カタカナの間違い。放置したけど)と言うモノがある。ニホンジンは、真似をし、それを自分達でアレンジするのが得意だ。だが、子供の頃から1800もの漢字と言うモノに膨大な時間を費やすのであれば、どうして国は、漢字学習をいっそ排除しないのか。漢字学習に費やす時間を、もっと個性的な考えを学ぶ時間として(=外国に真似ばかりではなく、自分で考えればいいのに、と言いたいらしい。では、日本が生み出したモノ、発明したモノは一切ないと言うのか?)有効に使えばいいと思う。政府はもっと考えるべきだ。…(まだまだ続くが、あまりにもムカつくので以下略)

などと言うバ●野郎な文章。

周りのKIWI、日本人、ウチのオッサンにも読ませてみた。

「…何これ?」
「日本語勉強してみたけど上達しないヒトの言い訳にしか見えない。」
「…日本の歴史って何年間?投書だけで覆ると思うのかね?」
「で。このヒト、何をしたい訳?」
「事実関係を訂正してくれって…これ、全部意見ばっかで事実ないじゃん?」

漢字どころか日本語マスターしたヒトにも聞いてみた。

「…これは全く無視するか、ここまでコケにされた分、全面的に戦うかだな。だって、この文章のどこが事実な訳?彼の愚痴だけじゃん。アタシは、漢字学習ってパズルみたいで楽しかったけどなぁ、形も芸術的だし。確かに漢字、読み方は複雑だから、無理ならひらがなとカタカナだけで文章書けばいいのに。こんな文章書くよりマシなのにね?」

ご名答。

「ダグラス知ってるから言うけど…何を言っても通じないニンゲンよ。でもSATOちゃんも、ここまで言われて黙ってはいないでしょ?ガツーンと言わないと分かんないかもよ。」

それもご名答。

最初は、「忙しいから無理。」と一言で全く無視しようか、と思ったけど、売られた喧嘩は買わねば、踏まれた地雷は爆発させねばならぬ。(え?)

PCに向かい、かなり攻撃的に(苦笑)打つべし、打つべし。

「ダグラスさま、

悪いけど、この『意見のみ』しか書いてない文章の、何を『事実』確認すればいいのか分かりません。ニホンジンとして育ち、日本語を教え、そしてニホンジンの血が混ざったムスメにこれから日本語を教えようとする者として、アナタの意見は大反対です。
たかが知ったかぶりの一外国人に、どうして十数世紀に渡る日本語を、ここまでコケにされなきゃいけないのか。アナタのやってることは、第二次世界大戦後、GHQが日本語を取り上げ、ローマ字書き文化にさせようとしたのと似たようなもの。(こちらのWiki、4,11項参照

日本の漢字は中国の真似、オレ様の学習の邪魔、と言うけれど、あれは、仏教と一緒に広まり、日本はそれを『輸入』したもの。アルファベットだって、ローマ字とカトリックを輸入したものでしょ?それとも英語圏も『真似』したのかしら?漢字を日本語から消したいのならそれ以前に、中国4000年の歴史から、漢字文化を取り上げてみろ、ってんだ。
でも、漢字を廃止した韓国でさえ、中国を中心とした東アジアの経済発展の中、漢字学習復活の流れがあるそうなのに(こちらのWiki、5項下部より)、それに関してはどうお思いなのかしら?それでなくても日本、漢字読めないヒト増えてるのに…


アナタの、漢字に関しての『万里の長城』がいつか無くなるといいわね。

SATO」

と、攻撃的でぶっきらぼう(!)な手紙を書き、送られてきたカバーレターと、わざわざワタシの分まで自信満々コピーしやがった(!)エッセー2部と一緒にさっくり送り返してやりました。

…そしたら。そしたら!!(2回言った)
As soon as手紙が到着するや否や、我が家の電話が鳴りました。(涙)

「あ…だだだダグラスだけど。ててて…読んでくれてありがとう。ただね…
ぼぼぼ…ボクが聞きたかったのはアンタの意見じゃなくて、『1800』って数があってるかどうかだけなんだけど。」

1800、て何?我が国、漢字はもっとありますが?もしや常用漢字のこと?
生憎学校卒業してから四半世紀ほど(!)。よって詳しいことは分かりません。
知りたいんならggrks。(使い方あってる?)ググれば?

「そそそ・・・そーだね。とにかくありがとう。じゃBusy Daysに戻るがいいよ。」

…(# ゚Д゚) ムッカー いらん世話じゃ!アナタはナニサマ?

あまりにムカついたSATO@翌日、某市役所すぐやる課。

あの!ダグラスにこんなこと言われてさ…
ボランティアで来てくれてる、あのヨメはあんなにいいヒトなのにね…

と同僚に愚痴っているところに、渦中のヒト、ダグラスヨメが駆け足で登場。

「あ、SATOちゃんいたいた!!よかったぁ、会えて。ウチのダグラスが失礼なこと言ったみたいで。アナタの手紙も読んで、心配になっちゃって…。ホントに失礼でごめんなさい。彼は日本語大好きなんだけどね…ほら、言い出したら聞かないから。わざとじゃないと思うのよ、信じて。まだワタシだってほら、あれとでも結婚してるんだから、悪い人間じゃないのよ。ホントにゴメンナサイ。あ、あんなこと書いて投書するのは、日本語に対してだけじゃないから。英語に関してもやってるから、日本が嫌いな訳じゃないのよ。GHQのマッカーサーみたく、日本語取り上げたりしないから安心してちょうだい。じゃね。あまり上手にできなかったけど、これ…。」

と手渡されたのは、彼女の手作りケーキと花束。

古きニホンジン(?)のような気配りは、日本語全く分からないこのヨメ。
オットダグラスは、一体日本と日本語の何を勉強してるのだか。ε-( ̄ヘ ̄)┌

と、以上。丁寧そうな口調で押しが強いダグラスに振り回された話でした。

が!未だに「これを新聞に投書するから」、と言い張る投書マニアのダグラス。
ま、どう考えても、言い分が変なのはダグラス彼ひとり。
…やっぱ某元帥と同じ名前(?)のせいかしら。

Br_decobanner_20090913205353
ブログランキング
参加中。馬乗りされた(!)ピカソをクリック。

近頃の流行り?

(12日。驚きの追記あり)

ニュージーランド生活8年め。

昔はまともな日本食材(?)を探すのも四苦八苦だったけれど、昨今日本(食)ブームも手伝ってなのか、食材探しも、レストランを探すのも、ラーメン屋探しですら以前に比べれば随分楽になった。ただニホンジンとして、日本に行ったこともないKIWIに、
「アナタ、あそこのニホンショク屋行ったことある?お勧めよ!」
と、否ニホンジン経営の店を勧められるのだけは、堪忍だけど。

昔、名古屋の一角で日本語教師の見習い兼端くれ(!)として数年。
その後、幸いにもここNZで、大人向け日本語教室のナンチャッテ講師になり済ます(!)ことが出来て、天敵Wendyと出会ってしばらくになるけれど、ハイスクールで日本語を選択する学習者の数もさることながら、オトナ向けの教室もウチのような初級から、大学の夜間コースまでさまざま。

ふと見かけたショーウィンドーのTシャツの胸元をデカデカと飾る

『九州場所』

のロゴ。(苦笑)
…てか、なぜ九州場所?
昔見かけたマッチョ男性の『向日葵』や(過去記事参照)、現在日本語教室に通って来るJOさんの腕にある『セーラ』(カタカナ。ヨメ名か?)を見つけて驚いた者(=SATO)の意見として、

「これ、カッコよくね?COOLじゃね?日本語だぜ?」

的な、ブームよりはファッションの一部になりつつあるか、と思ってみたりして。


そして先日。

立ち寄ったショッピングセンターに、何やら仮名交じりが目に飛び込んできたので、ふと足を止めた。

おされな男女がおされに写る、おされなモノクロのこんなポスターをはけーん。

Dsc02934 …Superdry、て?

反射して見辛いものの、

この広告ではなさそうなのだけは確か。(笑)

でも見れば見るほど何かどこかに違和感…。

拡大ドン。

Dsc02935_2

「乾燥」命令っ!

でも、(しなさい)とカッコ書き。
強気なのか、でも遠慮してるのか。一体どうして欲しいのか。

てか、極度乾燥、て!アナタはどんな『乾かしたがり屋さん』なの!(違)
こんな湿ったオークランドで、何を極度乾燥すればいいのか、そこが肝心。

…ん?そーよ、肝心なことが抜けてるわ。
一体これがなんの広告だったのか、肝心なところの記憶ナス。
ドライクリーニング屋の前、ってことは覚えてるんだが…。(ヒトとしてdame)

※12日、驚きの追記!
今朝ググって見たらなんとAmazonでこんなのはけーん。

「日本初上陸!ベッカム、ジュード・ロウ、ケイト・モス、ニコール・リッチーなど、スーパーモデルを始めとするセレブが愛用するロンドンのブランド。」

どうやら"
Superdryスーパードライ-極度乾燥(しなさい)"がブランド名の模様。
…うーむ、何だか複雑。
ベッカムよ、ジュード・ロウよ。それでいいのか?(いらん世話)




Amazon検索すると出るわ出るわ。200点以上の極度乾燥された(笑)商品が!
日本ではAmazonJPが独占販売だそうです。ご入用の方はお早めに。

…と、冗談のつもりがホントに流行りだった(!)ことが一番の驚き。(恥)
ミイラ取りがミイラに、笑うつもりが笑われる。何が流行るか分からない…。
嗚呼、人生だから面白い。(違)

…あ、そーだ。ψ(`∇´)ψ
NZドル安の昨今、NZから輸出販売して欲しいおされな方はこちらまで。(おい)


Br_decobanner_20090911205439 ←今日もブログランキング参加中。クリック(しなさい)

そして、腰の低そうな口調の癖に、実は押しの強い、正に(しなさい)オトコ、ダグラス(笑)にムカついた話へと続くのであった…。

ちゃかちゃん。

…( ̄‥ ̄) = =3  ふぅ。

何かと忙しかった上に、風邪は引くわ、風邪拗らすわ、おまけにその間を縫って、ムカつくことは起きるわ(↓下記参照)…慌ただしかった先週。

そんな、親子ともども先週から拗らせてた風邪ですが、ハハはチチ遅々ながらも、多少点鼻薬のお世話にならないと息が出来ないモノの何とかヒトに戻りつつある中、ムスメはとっくのとーに元気はつらつ、食欲も体力もモリモリ復活。
…ああ、若いって素晴らしい。

ま、そうは言っても、SATOは土日とも仕事に出ておりました。

…オッサンが家にいるので、仕事に出た方が身も心も楽だから。(鬼嫁)

先週は、知る人ぞ知るあの!ダグラスから電話&手紙と、執拗な攻撃に悩まされ、そしてムカつき、周りを巻き込みひと悶着。щ(゚Д゚щ)

…これは黙っちゃいられん内容なので、一両日にUP予定。

月曜の夜は、いつもの日本語へ。

そして火曜。
新しいDaycareの都合上、ハハコ病欠以外で(ここ重要)水入らずの今日。

いや…各種オトナ猫3匹(SATO含む)が、子猫を囲んでヘロヘロ…水入らず。

最近、ワタシの口真似大王(?)のムスメ、
言葉の発音は出来なくても、音を拾って真似する真似する…。うるさ過ぎ。(笑)
『ピカちゃん』は『ちゃかちゃん』。←気付くのに随分かかりました。
ちなみに、ハナは『ちゃーちゃ』…ピカちゃんと大差ナス。
てか、親もクマのぬいぐるみも『ちゃーちゃ』…私ら猫並み、いや猫以下。(涙)

そんなちゃかちゃん大好きの1歳2カ月、熱烈なKISSシーンを初激写!!

冷酷無残(?)なハハとは異なり、熱烈な押しが売り。(笑)

ではとくとご覧あそばせ。(写真は時系列)





覚悟はよろしくて?







行くわよ?



おっけ?

(しつこい)



ドン。

Dsc02952ちう♡

超満足なムスメとは裏腹に、見よ、このピカソの嫌そうな顔。(苦笑)
※まだ風邪が治りきってないので、ピカの後頭部に鼻みz…はけーん。あらま。

そんな失礼極まりないムスメ。
勝手にピカソに近寄ってった癖に、窓の外の車が気になり

Dsc02950 視界の邪魔モノ扱い。(笑)

その後、何を思い立ったのか、だれ~ん…とピカソの2倍以上の体重で、

Dsc02954ソファの隅っこに押しつぶす。(涙)

哀れピカソ、のし猫(?)になる前に、

Dsc02955 間一髪のところを脱出。…ほっ。

と思いきや、

Dsc02957 「寄れ、寄れと言うに。」
と、嫌がって無視するピカソをまだ弄る。

こら、やめなさい。(面白いから棒読み)

しばしムスメ1人、ソファでのたうって遊んでる間に、ピカソ避難したと思いきや、
Dsc02974 こんなにとこにいるし。

…つーか、ピカソは飼い主のオッサンと一緒で(ここ重要)
ただの構って欲しいドMなだけじゃないか…と悲しく思う今日この頃。

別にオッサンがドMなのは、悲しくないのにね。
どうしてアタシ、結婚しt…(中略)の方が悲しいかも。(鬼嫁)

Br_decobanner_20090908204929 ←のたうちながらも(笑)ブログランキング参加中。クリック多謝。

「長男はつらいよ」と言うよりも、わざとゆっくり歩いてみたり、視界に入って来たり、オモチャ運んできたり…もしやピカソは、楽しんでるのか、それとも子猫(?)教育してるつもりなのか?と思う昨今。
…だからムスメはいまでも四足歩行なのか。(違)

Make A Wish!

たまたま用があって出かけた先、いつもと違うスーパーで買い物してた先日。
紙オムツをしこたま買ったせいか、レジのおばちゃんに声をかけられました。

「あの…もし良ければこのクジ買ってくれないかしら?」

Raffle Ticketと呼ばれるクジ、1枚$5。そのスーパーのグループ会社主催。
今までなら、悪いけど…と邪険に断るとこだけど、何故か気になったその日。

※参照はこちら。Fresh Future Hospital Appeal

「病気の子供達のための募金なの。当たりは新車やスーパーの買い物券。」

$5の募金型クジで新車を当てよう、などとはゆめゆめ思ってないけれど、どれどれ…と一つ買ってみることにした。

レジのおばちゃんのコワモテからは想像も出来ないほどの、それはそれは丁寧なお礼の言葉に、アタシ、良いことしたかも…<(`^´)> といい気になった(おい)日でした。

NZの生活。
こう言った寄付や募金が、とても日常的、且つ身近なことに気付きます。

全国規模の募金活動として、思いつくだけでも…

退役軍人とその家族を支えるAnzac Dayは4月25日。(過去記事参照)

ラッパ水仙がシンボル、ガン協会への寄付Daffodil Dayが、8月28日。
オリジナルカップケーキを作って、友人・知人・職場で販売して、その売上はSPCAへ。Cup Cake Dayは、8月29日。
日本でもお馴染み、今や世界中に広がる乳がん撲滅ピンクリボンは10月。
著名人も参加、オリジナルデザインのバンダナを販売、売上をがんと戦う若者に!と応援するCanTeen Bandana Challengeも10月。
オンナもすなるがん撲滅募金と言うモノを、オトコもしてみんとてするなり…の前立腺がん撲滅運動、にわかヒゲオトコが増えるMo-venber(過去記事参照)は、文字通りの11月(Novenber)。
そんな11月。
Movenberにかけて、NZアイコンのこれ↓も名前を変えて募金に参加…。
Momite_180 MamiteならぬMo-mite。もちろんヒゲ付き。
…てダジャレだよ!(笑)
とまあ、思いついた全国規模でもこれだけ。
大小の基金、団体、会社などなど、募金活動数知れず。

ところで。

以前少しだけ書いた、オッサンの友人教師の息子さん
医者は、意識の回復は望めず、と言ったけれど、意識だけは無事回復。
…病状は、完全復活とはいかず、昨日MRIを撮って、結果待ち。
「スクールホリデーにご旅行予定でしたよね。今のうち、早いうちに行けるところは、どこでも連れてってあげてください。」
即ち、このホリデーが多分最後のホリデーになるかも…てことらしい。

親戚が入れ替わり立ち替わり、息子さんを励まし、勇気づけ、そして親を助けるためにやって来て、友人・知人が入れ替わり立ち替わり、闘病が長引く息子さんのために、好きな車でドライブに連れてってやる、自家用飛行機に乗せてやる、などの申し出が後を絶たないそう。
ウチのオッサンは、てーと、車や戦車好きのその少年のために、自分が読んじゃった本や、ガレージで埃かぶってるプラモデルを差し入れに…という貧乏人なりの小さな協力。…てか、不用品処理じゃないのか?返って失礼じゃないのか?


ここNZにも、世界的に活動を広げるMake A Wish(リンクは日本)と言う団体があるそうだ。HPによれば、このMake A Wishは、宗教、政治団体とは全く関係ない、純然たる非営利団体。3歳から18歳未満の難病とたたかっている子どもたちの夢をかなえ、生きる力や病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立されたそう。
1980年、アメリカ。警察官になりたかった白血病のクリス、その夢を叶えるために、アリゾナ警察が大活躍。それを切欠に、基金が設立され、今や世界中に広がったとか。

この友人の息子さん。大のスポーツファン。特にラグビー好き。

…Make A Wish!(願い事をしてごらん)

てな訳でこの少年、Make A Wishから、オールブラックスとの対戦する彼の母国南ア代表、憧れのラグビーチーム、スプリングボックスの選手達に、試合観戦はもちろんのこと、選手達との食事会に招待されたらしい!と、母号泣。父感激。

やるなぁ、NZ。
やるなぁ、スプリングボックス。
すごいよなぁ、そんな夢を叶えてあげられるだなんて…。

その話を聞いて、ワタシのちっぽけな$5も誰かのお役に立ちますように…
そしてレオン(=息子さん)頑張れ!と、ワタシも個人的に小さなMake A Wish。

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。いつもクリック応援ありがとうございます。
今まで大して興味も持てなかった募金活動が、「いつワタシもムスメもお世話になるやもしれませんから…」と、違う意味で身近に感じるようになってしまったのはこれいかに。(汗)
あ、オッサンは、勝手にヒゲでも生やしておきなさい。(鬼嫁)

予想外~日本語教室第5回

突然ですが、教訓。

いい年をし過ぎて慣れないことするもんじゃありません。

ブログ4日連続更新をした週末。せっかく皆さんに誉めて頂いた(笑)ものの、さすが当ブログコメント欄の重鎮、亀の甲よりFuta-barさん(おい)、予言正解。

…先々週末から風邪を引きずるムスメに、ばっちりうつされましてね。
熱は出るわ、咳は出るわ、それでも人手が足りないので仕事休めないわ、てか休んでも子守りだったら余計しんどいわ…と悩んでいたら、我が家のオッサン、

「オレが一日休んで面倒看るから、仕事行っていいよ。」 <(`^´)> 

…お?言ったな。宣言したな、偉そうに?なら休んでもらおうじゃないか。
つーか、『仕事行っていいよ』てのはどこか腑に落ちないけど、ま、いっか。
ではムスメぐずらの恐ろしさを、体験して頂こうじゃないか。

と、風邪気味ではあったけど出勤した先週木曜。同僚に、
「グズる子供と一緒に家にいるよりは、暇なオフィスの方が気楽よ。」
「たまにはオットに、病気の子守りのしんどさを思い知らせるいいキミ機会よ。」
と励まされ(笑)、自信を持って暇なオフィスで身体休め(おい)。
…オフィスは鬼嫁揃いなのか?(笑)

帰宅したら、エクトプラズムが抜け切った(笑)オッサンをはけーん。

そら見たことか。<(`^´)>

で、その翌日金曜からオッサンは風邪。情けないことに老体2人は風邪。
ムスメは、ってーとヒトに風邪うつして元気元気…
ふぅ…若いって素晴らしい。(´;ω;`) 

そんな訳で、先週のブログ4連ちゃんの後は5連休。PCにも座らず。m(__)m
熱は抜けたものの、要は程度問題てアタシ自身じゃないのか、って話…(恥)。


それでも、仕事は仕事。雨にも負けず、風邪にも負けず、♪いつも~通り、アタシ~通り♪(←知るヒトぞ知る)、月曜夜、日本語教室は開かれたのであります。

この日、教室一番乗りは…7時5分前に到着したア・タ・シ♡(遅!)

まさか連ちゃんのAさんも休み…?il||li _| ̄|○ il||li とショックを受ける間もなく、トイレ帰りのRさんとAさんが登場。…ひとまずは、ほっ。
そこに、先週お休みのMさんと、2週間も休んで、『もしやもう来ないかも…?』と心配してたJAさんが並んで登場。

「迷ったわぁ、教室探すのに。替わってるんだもん、場所.。」
…まさか先週から迷っちゃいないよね?(笑)

ガテン系の見かけによらない勉強家Aさんは、この教室以外にも2時間コースを取ることにした、とやる気満々。
「かなが書けるようになったら、今度は話せるようにもなりたいからね。」
…NZに来てから、こんな積極的な生徒、教えたことナス。(断言)

Rさんは、ちょっとキューピー顔(失礼)に似合わず、まずは頭で考える派。…でも初級は頭で考えるほど混乱するってば、だってここじゃ文法の説明してないんだから。する暇ないし。それでも毎週きっちりやって来ては、きっちりノート取って帰ってく。

久し振りの登場、JAさん。
「今年の風邪はしつこいわねぇ、2週間もかかっちゃったわよ。ごめんね。」
て。…まだ見捨てられた訳じゃなかったのね、アタシ。(涙)
確かに久し振りではあるけれど、ホントに日本文化に興味があるらしく、授業内容よりもむしろ、横道にそれた話を一生懸命聞いてくれる。…だからと言って、ひらがなすら書けないのに、その土台になってる漢字の草書体をメモするのはいかがなものか。まずはひらがな自体を書けるようになりませう。(笑)
ちなみにJAさん、ボケーっとしてる外見からは全く想像もつかないけれど(失礼)、世界的に!有名な宝飾デザイナー。映画のコスチューム用ジュエリーを得意とし、世界中で大ヒットのハリウッド映画!を続々担当、ガラス工芸で有名な某メーカーの雑誌等でも取り上げられる著名人。
授業中の顔とは全く異なる顔を、彼女のHPで見て驚きました…。


以前も書いたように、Mさんは普通のKIWIおばさんと見せかけておいて(え?)、日本への招聘が決定した某協会長さん、お偉いさま。
「先週休んだけど大丈夫。ちゃんとキャッチアップするから!」
と自信満々。…いや、Mお母さん、キャッチアップどころか、このクラスが終わると同時に日本へ出発らしいじゃないの…。しゃーない。テキスト持って飛行機乗りなさいっ。
ま、たった7週のみのコース。会話は無理でも、せめて初回で教えた日本語の挨拶を、会議の冒頭で一発かましてくれたら(笑)本望。講師冥利に尽きる、ってもの。

もし、Mさんと遭遇なさった方、会議に参加予定のブログ読者の皆さま。
おいでであれば、Mさんの日本生活の報告は、こそーりこちらまで。(え?)

そして…ホリデーかと思ったら風邪だった、というJOさん。
今週こそはホリデーか?てことは来週も休みか?
それともまた風邪か?

初回からすれば、予想通り、Fさん1人のみが欠けたこのクラス。
いろいろと想像できないサプライズ(笑)はいつも以上にあるものの、みんな真面目だし、熱心だし、文句言わないし(ここ重要)と喜んでいたら。いたら!!

昨日届いた一通のメール。もちろん、差出人は、憎き天敵Wendy。

(※現在、政府からの大幅80%!もの助成金カットが決まり、NZ全土で来年からの教室運営が危ぶまれている、という非常事態発令中です。)

「講師各位。

出席簿には、漏れの無いよう記載してください。開始時より通常は、1人、若しくは2人、受講者が減ることはよくあることです。…(中略)が!決して嫌みじゃありません。来年の運営が政府の手中にある今、目立って人数が減るような場合、講師のあなた達自身が、自分の胸に手を当て、何がいけないのか、授業内容は大丈夫か、などよく考えるように!」

…だとさ。
ま、確かにこの不景気に、仕事が無くなる瀬戸際だもんね…
でもな、まずはおまいが胸に手を当てろっ!(怒)

アタシは一応胸に手を当てて考えてみたが…
何がいけない、ってやっぱ、おまいが仕事出来ないのがいけないと思うが?

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。日本語教室存続希望者はクリックを。
この不景気、USAと同時期に政権交代となったNZ。さすが、新首相は元金融畑出身、ヨシもアシもひっくるめ、いろんなところで大幅経費節減がなされてる模様。…確かにご存知Wendyのお粗末仕事ぶりは、無駄金そのもの。だから代わりに私を雇ってくれろ。
さて新政権が発足となる日本は、この先どうなるんでしょうね…。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

いつも応援ありがとう!

  • ブログランキング参加中
    人気ブログランキングへ

twitter

メール送信

  • メールはこちらから↓

いつも訪問ありがとう!

オークランドの天気

最近のトラックバック

世界中からありがとう!

Amazon

  • 海外からじゃ買えないの?
無料ブログはココログ