« アカゴはいそがしい | トップページ | 良い警官 悪い警官 »

さよならブルーノ…

出来る秘書(笑)のムスメにブログの留守番させて、1週間放置したSATOです。

どこに出かけた訳でもなく、仕事が忙しかったり、日本語授業があったり、あのコムスメ写真家が帰ってきたのでひとバトルしたり、おまけに我が家は我が家でムスメがまた!また!!(2回言った)熱出してたり…。ε-( ̄ヘ ̄)┌

そんな慌ただしい1週間。
書きたいことは山ほどあれど、如何せん時間と体力が無かった1週間。

ま、明日も明後日も仕事だけど。┐( ̄ヘ ̄)┌

今週はWendyと戦わなくて済んだと思えば、アホDaycareと戦った金曜。(怒)
名前をここで公表してやりたいくらいいい加減なデイケアです。

…名前公表したところで、地元民以外は何の関係もないけれど。

いくつか記事を書いては止め、書いては諦め、と書きかけだけが溜まり、全然まとまらないまま今に至った状態。

ワタクシ事は、徐々にUPしていきまっする。


でも、ワタクシ事どころじゃない気分の今日…。


と言うのもね、奥さん。

オフィスで見つけた今日付の超人気、地元密着型新聞。
♪フンフン…♪とページを捲ったら、こんな記事が目に飛び込んできました。

Dsc02833_2

…え?あの「さすらいのブルーノ」がっ?!

連日一人で町を練り歩き、カフェでおくつろぎの皆さんに挨拶して回り、時にオコボレも頂戴し(笑)、またある時には、出航したNZ海軍の超古い戦艦(!)に乗り込み、領海出る直前に引き返させ、そしてまたある時には、こんな有名犬ブルーノ(笑)を知らないどこかの誰かに通報され、ドッグレスキューに連れてかれたり…

と、武勇伝には事欠かないブルーノ。
享年15歳。

新聞には、
「ブルーノとの思い出はこちらまでお送りください。」
とメールアドレス付き…。近日中に追悼特集組まれること間違いナス。

さすが大物。

879_5
去年、在りし日のKING OF CAFES、ブルーノ。(過去記事より)
…しかし「KING OF CAFES」て。(笑)

でも最近見かけないな、と思ってたのよね…。

Dsc02829
同じ場所から、今日の一枚。

寒い冬が過ぎ、いよいよ春がきたオークランド。
特に今日は、ぽかぽかと春の陽気。(但しムスメは熱出してるけど)

午前中は、見事な快晴だった今日。
生憎午後から雲が出たけれど、この週末も晴れの予報。

これから夏なのに。
これから本格的に、カフェにヒトが集まるのに。

まだウチのアカゴはブルーノに会っていないのに。(関係ない)

…でも、もうブルーノはいない。

今日も。
明日も。
そしてこれからも。

さよなら、ブルーノ。

Banner_01 ←ブルーノが逝っちゃった、と知った今日もブログランキングに参加中。

638 こちらは長老猫、公務員のベンジャミン
ニャンコスキー(笑)のムスメには、既に紹介済み。私がここに住み始めた8年前、血中猫濃度不足解消のためにお世話になったベンジャミンも、最近では白い毛が目立つようになってきて、動きも何だか…いやいや、ベンジャミンじいさんや、いつまでもカクシャクと是非長生きしておくれ!

« アカゴはいそがしい | トップページ | 良い警官 悪い警官 »

コメント

えーーっ!!!
あのブルーノが・・・?crying

会ってみたかったな。

実家のPCで、記事写真を拡大して読みます。

我が家のワンコも来年の一月には12歳。いつも、「死なないで。長生きしてね。」と話しかけてます。

エゴかもしれませんが、ずっと一緒にいたいから。

ああ 今頃天国をさすらっているのでしょうか…
友人宅の13歳のわんこさんが現在体調不良で入院してます。
わんこさん&にゃんこさんがヒトと同じくらい長生きできればいいのになあ

ゆうさんとこでもおなじみのあのブルーノだよね?
そんなにじいさんだったのね・・。
虹の橋わたったんだね・・。

なんか老犬をもつ身としては、ちょっと現実視したくないお話・・・。

お願い嘘だって言って・・・。
この間心配だって書いたばっかりだったのに・・・。
うわーーーんcrying

えーーっ!!!
あのブルーノが・・・?crying

オークランド行ったら、
嬢ちゃん対面。
SATOさんとの定食屋開業。
その他にブルーノとの遭遇。
ってのも計画の中にあったのにぃcryingcrying

歳経るば、人も犬も一線を超えるのかも知れないね。

ブルーノ会ってみたかったなあ・・・
さすらいワンコが暮らしていることも勿論ですが、
こうやって地元紙に取り上げられるだなんて
きっとほのぼのした素敵な街なんだなと思いつつ読みました。

皆さま、

本当にブルーノは逝っちゃったのね…
と、職場の近くで姿を探す自分がいます。
…と、自分ちの犬でもないのにね。てへへ…

改めて読み返した地元新聞には、ブルーノのObituary(死亡記事)が写真入りで掲載されてました。

「ブルーノ 1995-2009 
猫のなんちゃら(忘れた)を含む家族一同、ブルーノがいなくなってとっても淋しいけどれ、(略)今まで長年に渡り、ブルーノを我が家に連れ帰ってきてくれた皆さん、ありがとう(略)」

この記事を載せる新聞、この記事を書く飼い主さん、そしてこの記事を読んで在りし日のブルーノに思いを馳せる住民(ワタシ含む)…この町が大好きな理由の一つです。

ブルーノ、そしてブルーノ担当のちっちゃいオジサン(え?)
15年間の内の、ワタシは半分しか知らないけれど、ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184175/31046003

この記事へのトラックバック一覧です: さよならブルーノ…:

« アカゴはいそがしい | トップページ | 良い警官 悪い警官 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

いつも応援ありがとう!

  • ブログランキング参加中
    人気ブログランキングへ

twitter

メール送信

  • メールはこちらから↓

いつも訪問ありがとう!

オークランドの天気

最近のトラックバック

世界中からありがとう!

Amazon

  • 海外からじゃ買えないの?
無料ブログはココログ