« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

取説以前の問題?

先週末ロタウィルスを、体力と身体の大きさに物を言わせて(苦笑)無事に乗り越え、食欲も気力も体格も(!)復活したばかりのムスメではありましたが、

…昨日、週末恒例また医者へ。(涙)

一体アカゴと言うのは、ひと冬に何回医者に行けば気が(気が?)済むのか。
ま、私も弱くて医者ばっかし通っていた(らしい)ので、ヒトのことは言えないけど。

水曜日、Daycare(=託児所)から夕方帰宅したムスメ。それまで変わった様子はなかったのに、ご飯もお風呂も済ませ、寝る直前少し咳っぽいか?と思っている内にケンケンコンコン。赤ん坊の病気は、症状がコロコロ変わるから油断禁物、って言うのはこのことか。とアタフタジタバタ。\(;゚∇゚)/
悔しい(?)ことに咳ちゅーもんは、寝付いて身体がほんわか温まってくると出てくる、と相場は決まってるモノ。自分が小児ぜんそく持ちだったSATO。
ムスメよ、ハハはその苦しさだけは良く分かるぞ。
…世間ではこれを『遺伝子の仕業』というらしいが。

咳コンコンの後、わぎゃー!とひと泣き、そしてまた寝付いたと思えばすぐ、
コンコンわぎゃー!…これを15分~30分置き。咳以外は熱もナシ。

このままじゃオトナもコドモも寝られやしない。
朝は何ともなかったのに、
Daycareでも何も言われなかったのに、
さっきまでこんなにひどくなかったのに…
とノンビリ実感してる暇はない。

私が咳した時、実家の母はどうしてくれてたっけ…?

確か、手ぬぐいにお酒か何かで湿布をしてくれてたような…。
でも覚えてるほどの年齢だった、てことは、1歳児にはまだ早い。大体首がどこかも分からないほどの短さだし(笑)、手ぬぐい巻いたところで、寝てる間が危険。

役立たずのオッサンは、
「咳止まんないね~…」
と言いながら、リビングでプラモデル作ってやがる…。
頼む、ガレージにでも失せてくれ!\(*`∧´)/ (鬼)

慌てて手元にあるこれ…
←このシリーズ、お世話になってます。

の「せき」の項を読んだり、ネットで調べたり。
咳で寝付けない子供は、どうしたらいいのか。

 起こして、背中をトントン優しく叩いてあげましょう
 水を飲ませてあげましょう
 部屋を加湿してあげるのもいいでしょう

…みたいなことが書いてある。

どれどれ、と早速抱きあげて背中をトントン。

が、当の本人眠たいばっかりなので、ワーワーギャーギャー。
騒げば騒ぐほど余計にコンコン。

…はい、消えた。

そうだ、湯ざましでも飲ませてみよう、とコップを向けてもプイ。
愛用でお気に入りのこれ…
←NZのとは大違い!甚振られても(笑)水漏れ知らず。お勧めです!

ストローを差し出してもプイ。
…水がダメならあれしかないか。

←これもまだ愛用中。お世話になってます。(^^ゞ

少しだけミルクを飲ませ、念のため風邪薬も飲ませてみる。
これで落ち着いて寝られればいいけど…

あ、そうだっ。雨の多いオークランドの冬、カビちゃいけない、と今年除湿機を買った我が家。アレに確か加湿機能も付いてたはずよ。

ネットを見れば、
「湿度は50%~60%が有効な湿度と言われています。」
てのを発見。よっしゃよっしゃ。

実家の母が去年3ヶ月間滞在してくれてた間、ほぼ毎日雨続きだった去年と違い、今年の冬は、かなり雨も少なめ。きっと乾燥してるのよっ!だから咳も出るんだわ。
大慌てで取説を引っ張り出し、書いてある通り、タンクに水を少し入れて加湿を60%に湿度設定。

これで安心。
今度こそ寝てくれますように…。



コンコン、を聞きながらウトウト…目が覚めたらもう朝。
一家揃って疲れて夜通し寝ちゃったらしい。

少しだけ咳はまだしてるものの、元気で食欲もモリモリ。
とりあえず、体力有り余ってそうだし、風邪ではなさそうなので、いつも通りにDaycareに連れていったけど、週末まで様子を見ると、また例の藪医者に無駄金払うだけ(断定)なので、朝一番に医者の予約をとっとと済ませた次第。

…ええ、先日オットの早退を世界中(?)に発信した後、
「あたしゃうつりたくないのでとっとと医者へ行くようにっ!」
と鬼嫁丸出しに蹴り出し、その後何だかよく分かんないままに医者に止められ、自宅療養中のオッサンがいるので、いい塩梅。
ああ、私は仕事でよかったぁ~。

おっと、その前に、窓を開けにムスメの部屋に入ると…

…ん?加湿器に赤ランプが?
あ、昨日入れた水が切れたんだわ。

加湿器がある、ってのは便利d…あれ?

赤ランプが点灯ちう。
「タンクが一杯になったざんす。」

…il||li _| ̄|○ il||li
加湿に設定したはずが、逆に部屋をガンガン乾燥させていた模様。(汗)

ムスメが寝たのは、ただ薬が効いたからなのか、単に眠かっただけなのか。

…ま、結果オーライ、てことで。(dameハハ)

TGIF(=Thank God, It's Friday!!)。
てな訳で、今日はオッサンもムスメも無事、出勤(?)しました。
…アタシは休み。ほっ。

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。週末もクリック応援ありがとうございます。
巨大なシダが育つ国、NZ。特に雨の多い冬@オークランドの海辺の町では、加湿機能は不要、と忘れないうちにネットには書いておこう。(苦笑)

続きを読む "取説以前の問題?" »

マオリ語週間

Kia Ora!Haere mai!
(Hi!Welcome!)

27日から今週一杯、NZではMaori Language Weekなのだそうです。
それも、30周年だそうで…。
毎日届く新聞にも、「今日もマオリ語で一言」

つーか、それがめでたいんだか何だかも分からない、dame市役所職員SATO。

メールには、

HelloやHi はもちろん, Cheers, Good Luck, Best wishesなど、文章の最初にも終わりにも使えるミラクルワード(?)のKia Oraはもちろんのこと、

Tena Koe (Hello to 一人)
Tena kou tou (Hello 全員)

Kei te pahea toe?(How are you?)

などなど、マオリ語の挨拶が混ざってる昨今@某市役所すぐやる課。

ネイティブマオリはいないので、みんな聞きかじったり、うろ覚えだったり。

…(*`ε´*)ノ ふん、悔しいじゃないのさ。(負けず嫌い)

よって、連絡事項の一斉送信メールに、マオリ⇔英語のオンライン辞書を偉そうに駆使し、メールを綴ってみた次第。

…何書いたかどころか、何を辞書引いたかすら覚えてないのが玉に瑕。(涙)
ま、覚えてない、ってことは、それほど大したことない内容なんです。
ホント、一般的なご挨拶程度だったはず。

そんなのをどこぞからコピペした書いてみたんですよ、アタクシ、マオリ語で。
だって、アタシだけ書いてないってなんか悔しいんだもん。(# ̄З ̄) (笑)

上司からペロン、と一行どころか、一言返信メールが。

「Beautiful。」

こんな短いメールは、Wendyの専売特許かと思ったけど。(苦笑)

つーか…びゅーちほー、て???なぜ?

近所に聞き込み(笑)したのを、一斉送信したことについて良く調べたね、なのか、
それとも辞書かっぽじいてマオリ語書いたからなのか、
それとも…何も思いつかない。

だって、なんも珍しいこと書いてないもん。←それ以前にマオリ語知らないし。

ま、Beautiful てのは、超幅広いとは経験済みだけど(古い過去記事参照)、
これに関してだけは、未だに何がびゅーちほーなのか、聞きそびれたまま…。


さて。

仕事場が暇だったので、Online Maori Dictionary(他にもあります)を覗いてみたり、前述の、Maori Language WeekのHPをちら見してみたりしてた今日。
あ、これももちろん仕事の内ですから。(おい)

Maori Language WeekのHPに、
ベーシックフレーズとグリーティング、(←リンクは英語とマオリ語)

というのを発見。

…これがあったら勝ったも同然。使えるわ。<(`^´)> (違)

と、早速クリック。
皆さんもほれ、してみるがいいわよ。

さて。ここで問題です。

リンクを開けた途端、私は何に驚いたでしょう。

Banner_01 ブログランキング参加中。今日もクリック応援ありがとうございます。

答え。基本文の一番初めが、「何か食べた?」に始まり、それの真横が「なんも。」その他も「腹減ってね?」「何か飲む?」「オレンジジュースにしようかな。」「水でいいや。」て…ひもじそうな内容。(笑)
会った途端に「何か食った?」って、中国語の挨拶じゃないんだから。(笑)

早春賦。

一昨日の日曜@そろそろ終業も迫った職場の夕方。
さてさて帰る準備を…と、表に出た時、たまたま通りがかったオッサン(赤の他人)に声をかけられました。

「あ、もう終わりか。」

ええ、そろそろ5時ですからね。なんぞ御用?

「いや…つーか、アンタどっから来たの?ナニ人?」

…は?これでも一応(ここ重要)ニホンジンですけど。

「日本のどこ?コービ?(=KOBE)」

…いいえ、名古屋界隈ですが。
いや、巨大な首都TOKIOでなくて、地方のKOBE?と聞く辺りが、きっと自分が知ってたり、友人が住んでたりなどと、知ってることを語るだけの、井の中の蛙なんじゃないかとふと想像してムカつき始めたのは事実…。

「てか、なんでアンタ、ニホンジンの癖にこんなとこにいるの?」

…ここで働いてるんですけど?(いらん世話)

「何年住んでるの?」

一応7年ほど住んでますけど。 
(腹は立つけど無下には出来ず。ミステリーショッパー注意報発令中…)

「マジィ~?どーして日本みたいなエキサイティングな国から、こ~んな何も無くて退屈極まりないNZに住んでるのよ、アンタ。」

…。

「オレなんて、もう300回くらい日本に行ったことあるもんねぇ~。
多すぎて途中で数えるのやめちゃったけどさ。」

…。
(どうせFAか何かだろ。自腹で300回来日する金持ちには見えない)←失礼

「あ、オレ?OZ。メルボルンから来た。メルボルンはいいよ~。
それに比べてNZは詰まんないったらありゃしねぇ~。んじゃね~!」

…と、そのまま去っていきました。

何だアイツ!!凸(`Д´メ) そんなに嫌なら、何でNZ来てんだよ!

アタクシですか?好きでNZ住むと決めたんですけど、何か?

と、客じゃなかったら、制服着てなかったら問い詰めてたました。(断言)

ま、KIWIとOZは昔っから嫌い合ってる間柄とはいえ、
「あー、だからOZは嫌よ。」
と横で呟いたKIWI同僚の気持ちが少しだけ分かった気がした週末でした。



さて、同じ週末の話でも、こちらが本題。

金曜・土曜と連休だったSATO。
予報によれば、気温は低めだけど、週末は丸っ晴れのいい天気だとか。

久し振りに、というか初めてムスメをどっかに連れて行こうか。
マーケットにしようか、水族館、それとも動物好きだから動物園もいいかも…。
オッサンは、面倒だから置いてきたい(鬼嫁)けど、付いてくるだろな…

などと思い巡らせながら、一人本屋に佇んでいた金曜午後。

珍しく鳴る私の携帯。
…どーせまたオッサンだろ?

と、鞄の底からモタモタ携帯を探す不慣れな姿。
誰が見ても、いかにそれが鳴らないか、慣れてないかは丸分かり。(笑)

「もしもし?アタシ。クシュラだけど。」

ムスメが通うDaycare(託児所)の豪快なマオリの先生、3児の母。
前職は少年院の監視員…似合いすぎて怖い(笑)ほどの豪傑女性。

「あのね…オタクのアカゴちゃん、今日ね…ウンPを3回してさ。」

…ご丁寧に報告くださってありがとう。こないだは5回だっけ?(涙)

「つーか…GERI(お食事ちうの方、ローマ字にしてみました)なのよ。
タミ―バグじゃないか、と思ってさ…。連れに来る?」

タミ―バグ。直訳すれば『腹の虫』。
当然ですが、日本のそれとはちと違う。(笑)
アタシ的には、『胃腸風邪』のようなものか?と思っております。

=すなわち連れに来い、ということだろな。
今朝は何んとも無くって、超元気にしてたけど…分かったよ。
今日休みで今出先だから、も少しかかるけど。いい?

「おっけ。悪いわね~。」

…┐(´-`)┌ 見事に週末になると風邪やら何やら具合が悪いムスメ
やっとこないだの風邪も治ったところなのに…。

ま、子連れで休日のプランなんてあってないようなものなのね、と実感。



迎えに行ったら、昼寝明け、髪ボッサー、目の下クマ(!)のグズらが登場。

「ちゃんとミルクも飲んだし、ご飯も食べたんだけどさ…多分ウィルス性じゃないかな?今日、同じ症状で何人か帰したんだよね。」

そこを早く言ってくださいなっっ。

「ま、ほれ…心配するほどじゃないのよ。冬がひと段落ついた頃に…ほれ、虫(BUG)が地面から這い出るみたいに、Tummy Bugも活発になる、ってもんよ。あっはっは~!」

…NZ流の啓蟄なのか?啓蟄には早くないか?

と、疑問に思いながら帰宅。
早速キュルキュ…(以下自粛)と急降下(苦笑)を始めたグズラのお腹。
オムツ替えをし、様子を見ながら、そーだ!困った時にはネット検索。

今回、参考にしたのはこちら。→完全保存版 3歳までの病気百科
※湿疹の気がかり、ウンPの気がかり、などなどが、写真付きで解説されてます。

で…どうやら一番それっぽいのが、ロタウィルス下痢症とやら。
1歳を中心に流行し、5歳までにほとんどがかかる、とか。(こちら参照

いくつか調べてみた結果、

 このウィルスに効果のある抗ウィルス剤はない。
 脱水症状にならないように水分に注意し、治まるのを待つこと。
 下痢止め薬は、回復を遅らせることがあるので使わない。

などなど、要は打つ手なし、とSATOが判定。(え?)
休日診療所行っても役に立たないし…誕生日だったのに。(←根に持ってる)

おじやとかお粥とか、消化に良さそうな物を作ってみても、
少しだけ食べては、すぐにごちそうさま、と手を合わせる。(←最近覚えた)
もう少しだけ…とスプーン向けると、バスケのドリブルのように左右に逃げる。
それでもまだ食べさせようとしたら、大きく振りかぶって(笑)ごちそうさま…て。

はいはい、分かりました。止めればいいんでしょ?
食事の終わりはごちそうさま、と教えたのは私だから、止めますよ、ったく。

そうは言っても充分蓄えはある大きさなので(笑)、1日2日食べなくても大丈夫。
水だけはストローでチューチュー飲み干してるから、大丈夫でしょう。
こーゆー時は大きく産んどいてよかった、と思う今日この頃。(現金)

でも、突然お腹がまた急降下し始めても困るから、と遠出は結局取りやめ。
土曜、日曜と大人しくしてたら、月曜にはモリモリの食欲と共に元気元気。

『腹の虫』(笑)もどうやら治まってきた模様。

考えた結果、どーせみんな感染してるんだし(無責任)と、連れて行きました。
でもやっぱりDaycare休ませたほうが良かったかな…と思ったモノの、

「全然元気だったよ~。砂場で新品のバービーちゃん埋めて遊んでたけど。」
…相すみませんねぇ。(恥) オシリも問題なかったらしい。ほっ…。


昨夜も今朝も、すっかり復活した模様のムスメは、今朝起き抜けにわーわー泣くので、もしやお腹まだ痛いのかと思えば、ただ腹が減ってただけらしく、朝ご飯ガツガツ食べたら元気元気。(笑)

そして今日も無事、Daycareへと向かったのでありました。

そう、こんなこと書いてられるSATO。今日は1日だけのお休み。
何しようかなぁ、どこ行こうかなぁ、でもその前に…とパジャマのまま、こないだから読みかけの本をダラダラと読んでたら…

ん?誰か来た@12時。

「ただいま…。」

はぁ?何故こんな時間にオッサンが帰宅?あんた、ガッコは?

「ロタウィルスにやられた。うつるから帰れ、って言われた。寝る。」

…おまいは子供か?乳児か?

こちらのページにも、
一般に年長児や成人では感染しても発症しない(不顕性感染)場合が多いようです。
て書いてあるぞ。いかに一般じゃないかだな、おまいさん?(屁理屈)

てか、医者にも行ってないのに、誰がロタだ、って言ったのよ。

「だって…オレが、アカゴのオムツ替えてたから。」

アタシだってオムツ替えましたけど?
ちゃんとうがい手洗いしたから、この通り風邪以外は(笑)ピンピンしてますが。

オムツ替えた後で、手まともに洗わずに、なんぞ喰ったりしたんじゃないの?
…いや、それどころか、ただ変なもん喰っただけじゃないの?

つーか、うつるから帰れ、って言われて、ウチで寝る、って…
アタシにはうつってもいい、ってことか?

とにかく、今すぐ医者行ってらっさい!!(鬼嫁)

Banner_01 ブログランキング参加中。今日もクリック応援ありがとうございます。
※Gary(ゲーリー)さんが長期滞在中ですが、クリックからは感染しません。(笑)
♪春は名のみの風の寒さや♪ ここ数日、また寒い日が戻ってきたオークランド。でも先月、先々月と家計簿を繰ると、医療費が少しずつだけ減ってきた、これが我が家の早春賦…。(笑)

期間限定、お早めに。

♪はぁ~れたそらぁ~ そぉ~よぐかぜぇ~♪

スクールホリデーもようやく終わった昨日。オッサンはガッコへ。 (*^^)v 
我が家の1歳児もオッサンと一緒に託児所へ登校。(校?)

朝一番の雨から誰が予想したであろうか。
素晴らしいお天気に恵まれた昨日の午後。
さて、ワタクシめもそろそろ時間、出かけるとするか…。

と、イソイソ出向いた先は、こんな場所。

Dsc02629
やってきたのはヨットハーバーの真横に位置するレストラン、SAILS

期間限定めにうに誘われ、偉そうに友人2人を誘って早速予約。
友人2人には、12時現地集合!と告げたものの…

ハイウェイを通れば、必ず横切る、目に入る場所にあるこのお店。
何となく場所は知ってるつもり。分かってるつもり。
が!立地的にはメジャーそうでメジャーじゃないのが難点。
当然のことながらド方向音痴SATO。
「この道を曲がった先のヨットハーバーの横ってことは…この辺なのに?(涙)」
と、工業地帯に突入したり、行き止まりで何度も引き返したり。

電話して『迷った!遅れる!』と謝ろうか、と思ってるうちにようやく到着。
いかに、高級レストランに来たことないかがバレバレ。(恥)

『期間限定めにう』に弱い年中食べざかり(?)のオンナ3人。

「ここ、来たことないんだよね~…」
「職場からでも来なかったね、そう言えば…」
などと少しだけ緊張しながら中へ。

案内されたのは、もちのろんろんWindow View席。
…12時の予約じゃ、早すぎて他に誰もいなかったからだな。(笑)

窓から見えるのは、ハーバーブリッジの袂。そして海、空、ヨット。

Dsc02628_2

スマートなオッサン店員さん(?)が、めにうを渡してくれ、
「飲み物は?ワインにする?最初は水持ってこようか?オーダーが決まったらおせーてね。」
と、これまたスマートに話しかけてくれるものの…
めにうには肝心お目当ての『期間限定めにう』の記載はどこにも見当たらず…

「…あのぉ~、7月限定のヤツ…って?」

「おー、シャルドネ付きのアレだね。3人前?おっけおっけ、そりゃ簡単。」

運ばれてきたナンチャラのシャルドネ。美味しい。(覚えてないので再購入不可)
そんなグラスワインを傾けながら、オンナ三人ワイワイと喰っちゃべっているところに、前菜の牡蠣到着。

「オークランド近郊グラフトン産のカキです。シャルドネでマリネしてあります。」
(とっとと食べちゃったので、おさしんナス。蓮華(!)に乗って登場しました。)

カキ?生カキ?大好き!久し振りだわ!わーい!

と、ペロッとすすってしまった後で思い出した。
…アタシ、昔カキに当たってから、アレルギーでお腹壊すんだっけ?
道理でカキ食べるの、久し振りなはずだわ、そう言えば敢えて避けてたもの。

ま、食べちゃったものは仕方ない。そん時はそん時だな。(おい)


そしてワインを舐めながら待つことしばし。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

本日のメインイベントの登場!
Dsc02619

Whole Crayfish!!(伊勢海老まるごと1匹)
予想以上に結構ご立派な(笑)サイズで、にんまり…。

実は、手渡されためにうには、Crayfishの値段はP.O.A.(店員に聞いとくれ=時価)としか書いておらず、店内にもすぺさるキャンペーン中の表記は全く無し。
…友人を誘ったはいいけれど、ビックリするような値段だったらどうしよう…
と、恐る恐る尋ねてみると…

7月中のみ驚きのまるごと1匹$58!(円相場では3000円?)

あっさりとバターでグリル、アリオリ(…もしやただのマヨ?)とレモンを添えて。
これに、グラスワイン付き。
そしてロケット(ルッコラ)と洋ナシのサラダ、パルメザンスライスとともに。
このドレッシングがまたウマい!!

海老の手足までむさぼり尽くした3人、いや~、満足満足。

オッサンは仕事、ツマは特にこれといった理由も無く(笑)贅沢に伊勢海老を満喫。無理矢理理由を付けるとすれば、一週間遅れの誕生日、ってことかしら。…誕生日とはいえ、オッサンのカードじゃなくて自腹だけど。
その方が気兼ねなく美味しいモノが食べられるってこと、内緒で。(ここ重要)

Banner_01 ←連休明けもブログランキング参加中。クリック応援ありがとうございます。
こちらのレストラン、もちろんディナーもありますが、景色は昼をお勧め。オークランド辺りの方、月末までにNZ訪問予定の方、機会があればお早めに!お勧めです。(回しモンではありませんが)

メインの伊勢海老に舌鼓、ワインもサラダにも、そして景色にも大満足。
爆笑?のデザート編↓はこちらから…。おっとその前に、ランキングをポチっとね。m(__)m

続きを読む "期間限定、お早めに。" »

ともだち100人できるかな?

つい先日。

ぬーじーらんど、北島の南の端っこ(分かりにくい…)辺りに住むご一家が、
「オークランドまで行くので、時間があったら会いましょう。」
と、連絡をくれましてね。

いい年こいてもヒトミシラーのヒキコモラー、おまけにメンドクサガリータSATO。
ヒトから誘われないと会わない、自分からは動かないこと山の如し。(おい)
このままじゃ友達なんて一生かかっても出来そうにナス。

他力本願SATO、こりゃいい機会、と思ったモノの、仕事と重なり難しいか…と思いきや、幸か不幸かムスメが風邪引いたので、私は仕事を病欠に。

あ~ら、奥さん。仕事休みになりました。
これはいい機会です、会いませう会いませう。(←ムスメの風邪はいいのか?)

オッサンにムスメを預けてランチでも…と思いきや、
「こちとらスクールホリデーを利用して、家族が同行中…どうします?」

いやいやオッサンに、
「カクカクシカジカだけど…まさかキミは来ないよね?」
と、しょうがなく聞いてみれば、

「え~?!楽しそうだから是非!!」

…アタシ以上のヒトミシラーだと思ってたのに。ちぇっ。

当の彼女とは、仕事関係でのメル友。
いや、正しく言えば彼女が連絡をくれなければ、
ヒトミシラーSATO相手にこの関係が始まるはずもなく。(多謝)

当然のこと、彼女を含む先方ご一家とはお互い初対面。m(__)m

10歳のお姉ちゃんと7歳のお兄ちゃん、そしてご夫妻。
初顔合わせで驚いたのが、我がムスメ(1歳)が、7歳♂に一目惚れ。(?)

見つめ合っては微笑み返す2人。

…では、あとはまんざらでもなさそうな若いお二人に任せて。(違)

その奥さん曰く、
「どうもウチの息子、何だかモテるみたいでさぁ…。KIWIの女のコ達が、『彼は私のボーイフレンドなの!!』『何言ってるのよ、彼は私のモノよ!』って喧嘩するんだよね…。で、ウチの息子、2人の中に割って入って、『OK、OK。分かったから…』だって。」

♪ケンカをやめて~ 2人を止めて~ ♪ 少年実写版。(笑)

「こないだは『キスされた…」だって。ウチの息子のクチビル奪われたなんて…。」

愛嬌たっぷりの彼、どうやら超モテモテの硬派ボーイ。(死語だらけ)

親同士がそんなことを語ってる横で、公園で遊んでるその少年。
見る見る内に少女(!)達が集まってきて、彼のために挙って遊具を揺らし始め…

ぷっ。モテモテどころか、将来貢いでもらえそうだな、こりゃ…。(失礼)

オッサン、今からでも社交的モテモテ少年の爪の垢でも煎じて飲めば?(鬼嫁)

そして…
試練に立ち向かうのか、我がムスメよ。
そのお兄ちゃんに惚れるのはいいが、キミの行く手には手強いKIWIオンナが蔓延ってるようだぞ?それでも行くのか?

とハハの勘違いな心配をヨソに、逆に誰でもいいから蔓延らせたい『構ってちゃん』(笑)のアカゴ。ころっと10歳のお姉ちゃんに鞍替えし、ブランコ押してもらって超楽しそう。思えば、年上のお兄ちゃんお姉ちゃん達に遊んでもらうの、初めてだものね。

…が、ムスメよ。
超高齢出産のハハには、言っとくけどもう絶対産めないから。
ま、それ以前に、どうあがいても兄や姉は産めないけれど。(笑)

子供2人が、『どっちがベビーカーを押すか』でケンカをする道すがら。

ふと立ち止まった少年(7歳)が、奥さんに問うて曰く。

「マミー、アカゴちゃんパパと一緒にプラモデル屋さん覗いてもいい?」

そう言うが早いが、大きいオッサンと小さいオッサン、
2人は手に手を取ってプラモデル屋へと入っていくのであった…。

一体、少年の精神年齢が実年齢より上なのか。
それとも、オッサンの精神年齢が7歳なのか。

答えは…読んだまんま、見たまんま。(笑)


何はともあれ、今日の結論。

この日、新しい友達が出来て一番楽しかったのは、
ムスメでも、ハハSATOでもなく、ウチのオヤヂに間違いナス。(断言)

面倒看のいい(笑)K家ご夫妻、そしてお兄ちゃん、お姉ちゃん、
こんなヒトミシラーの出不精一家(!)と遊んでくれてありがとう。m(__)m

今度は夏にビーチで遊んでやってね、オッサンと。(笑)

と言っても、まさかご一家、このブログは読んでないだろうけど…

Banner_01 ブログランキング参加中。今日もクリック応援ありがとうございます。

バカの頭は遣いよう。

※↑タイトル、打ち間違いのようで打ち間違いにあらず。
が!『バカのアタマは遣いよう』と言っても、決して頭突きで氷を割っては(過去記事参照)いけません。バカ化が進みます…オッサン、分かった?(鬼嫁)


むかしむかし、まだ濃尾平野に住んでた20世紀も終わりに近づいた頃…。

一時期、私にしては珍しく(?)クリクリの天パオトコと付き合っておりました。

いつも短めの彼の髪の毛が、ある日ボッサーの伸び放題の姿を見て一言。
「…ね。アナタの髪ってさ、短い時は気にならないけど、伸びたらなんだか…クリンクリンのブロッコリーみたいだね。」
と言ったら突如怒られましてね。

…あ、ちなみに相手は英語圏です。

「ヒトの頭をブロッコリーだと?ブロッコリーとは失礼な!!」щ(゚Д゚щ)

なぜそこまで怒るんだ?ったくさぱーり訳分からん。ε-( ̄ヘ ̄)┌
…だって、事実そーじゃ~ん。ヘ(゚∀゚ヘ)

と思ったけれど、怒りは一向に収まる気配ナス。…てか余計怒らせたか?

で、終いには、坊主刈りにしちゃったっけ、彼。(遠い目)


なぜそこまで怒るのか、英語圏でスーパーに行った時、ようやく理由判明。

奥さん。
英語ではブロッコリー1個を、『1Head』として数える、ってご存知でした?
※ここで、日本語で1アタマと打ちかけて、それじゃ動物だな?と気付いたのは私。<(`^´)>

んなこと知らないアタクシに突然『ブロッコ頭』呼ばわりされてムカついたらしい。

ちなみに、同じように『Head』で数えるモノには、かぼちゃ、カリフラワー、キャベツ、レタス、カブなどなど各種いろいろ。(←スーパーで見かける品々)

で、突然ですが今日のおべんきょう。

ブロッコリー頭はどれだけ元彼が怒ろうが、あたしゃただの髪型を指したつもり(←オッサンによれば、正しいそうだ)なのですが、

気を付けたいのは↓下記各種。

手元の逆引き広辞苑を繰ってみれば、日本語で『頭』と付くものには「石頭」「大頭」の他は、頭の形が歪だとか、禿げだとかをビジュアル的悪口(?)を指すような言葉が多く並んでいるのですが、

英語では、○○Headの多くが、

「ノータリン、バカ、空っぽ頭、愚か者、のろま…」

などと言う、メンタル的(?)罵りの意味だそうで。(※微妙に違うのもあります)

Poteto Head じゃがいも頭
Cabbege Head キャベツ頭
Turnip Head カブ頭
Pumpkin Head かぼちゃ頭

などと呼ばれた(or呼んだ)ら、友達減りそうなので要注意。要は、

「役立たずの頭の代わりに、同じ丸い塊りなら(例)キャベツでも乗っけとけ!」
ってとこでしょうか。

英米表現取り交ぜてみても、中・上級(?)には

B○ne Head
Ai○ Head 
Bl○ck Head
Pi○ Head
Me○t Head
Dund○r Head、
Th○ck Head、
Fa○ Head、
J○r Head、
D○○k Head…(放送禁止?)

などなど。
ちょっと調べただけでも、うっかり呼ぶと袋叩き確実(!)なアタマまで各種。

が、例外には、
Egg head インテリ、知識人

なんてのもあって、何が良くて何がダメなのか、シロート(?)には判断不明。

…アタマをご利用の際は、用量、用法は正しくお使いください。(え?)



で、ところ…いや、アタマ変わって。

先日オフィスに来たメール。ボスのまたボスから。

Heads Up!Mystery Shoppers!」

頭を上げろ?顔を挙げろ、ってこと?

かと思いつつメールを読み進めれば、『気をつけろ、注意しろ』だそう。

ちなみに、Mystery Shoppersてのは、客を装った覆面調査員(?)のこと。
名前はもちろん、接客態度、身だしなみ、言葉遣いなどなど、全て報告されます。

つーか、ボスのボスが自分でセッティングしてるんですけどね。
メールの最後に、『Good Luck!』だって。…ちぇっ。



…と、ここまでは前置き。(え!?)

こないだ仕事から帰ったら、as soon as (懐かしい、笑)戸を開けるや否や、
オッサンが叫ぶんですよ。

「彼女、 an EGG on the HEADなんだよ!」

…たまごが頭に?何じゃそりゃ?

「ほら、Egg on the headでしょ?!But it's not my fault!」

…いや、誰もおまいさんのせいとは言ってないから、まだ。(まだ?)

どうやらムスメが託児所ですっ転び、巨大なコブをこさえて帰ってきた模様。
おでこがポンポコリンに腫れて、フランケンシュタイン(!)みたいなの。

「私の不注意です。」
と、担当に詫びられたり、オーナーに詫びられたり。

状況を詳しく聞けば…はい、そりゃオタクの不注意でしょう。(きっぱり)
あまりのお粗末ぶりに、現在他の託児所を模索中。(鬼ハハ)


…つーか、Egg on the head?久し振りの南ア弁か?

と調べてみたものの、ネットを探してもほとんど出てこない。
KIWI(英人含む)に遣ってみたら、

「んまー、タンコブ、て!…それは可哀そうに…。」

ふつーに通じる。英国連邦弁(?)なのか?

で、代わりに見つけた言いまわしはGoose Egg。…ガチョウのたまご、て!

まさか米語圏では、こぶも(も?)巨大化なのか!?

Banner_01 ブログランキング参加中。今日もクリック応援ありがとうございます。
ところで。
地震お見舞いメール、コメント、ありがとうございました。いつものように、オークランドはびくとも揺れちゃおりません。南島の、南極に一番近そうな角っこで発生した地震は、横揺れ型?だったよう、新聞によれば、南島はインバーカーゴ在住者がインタビューに答えて曰く、「今までで一番エキサイティングな出来ごとだった!」…おいおい。※関連記事は、こちらこちらです。(英語)

Just a little bit...

唐突ですけどね、奥さん。

ココだけの話。

本日13日、ワタクシめの誕生日でしたの。
何回目かは、両手両足で足りなくなった頃から考えたくもありませんが。(苦笑)

別に予定も無いけど、誕生日だからヒトビトにお菓子を振舞わなくては!と言うのもアホらしい(←過去記事参照)ので、わざわざ休みを取りました。ああ、取りましたとも。(2回言った)

…なぜそんな時に限って、ムスメは風邪をこじらすんだろ?(涙)

先週末から鼻垂らしてたので、ちょっと気になってはいたのですよ。
でも平日は元気丸出し(?)だった癖に、週末に入った途端熱出しやがって…

グズグズ言ってたので、日曜の昨日、また休日診療所に連れて行きました。
以前のラグビー負傷者(過去記事参照)に加え、スノボで骨折、も数名。
それも旦那の教え子だったりするし。
…談笑してる場合か、キミら?折れたてだぞ?痛くないのか?

「はい、ただの風邪。それ以外はどっこも悪くないからパナドル(こちら参照)飲ませとけば治るよ。はい、終わり。次~!」
もう飲んでる、っての。それでよくならなかったから来たんだ、っての。
…稼ぎ時(?)とはいえ、おまい、そんなので金取るのか?


と、ムカついて帰宅。大人しくさせてたものの、結局翌日、月曜の今朝になってもグズグズ。症状の軽減と支払った金、と言うモノは比例しない模様。(怒)

よって今朝、いつもの医者に連れていき、抗生物質貰ってきたっつー始末。
体格も髪の毛も人一倍以上に立派(!)な癖に、変なところだけ、こう(どう?)見えても虚弱体質気味の私の血を引いたようで、ちょっと小児ぜんそくの気があるかも…?と言われてるムスメ。

「普通より治り難いはずなんだから、風邪でも即連れてらっさい。アナタもね!」
と、こないだ怒られたっけ…。┐(´-`)┌

だから早めに医者連れてったつもりが、上記のザマだったんですけどね。


が、問題はこれだけではなくて。


明日14日は、職場『某市役所すぐやる課』から数名、早朝ク○眠たいのに早起きをし、NZ北島で唯一の長距離列車に乗ってお出かけだと言うのに。言うのに。(また2回言った)

…なぜそんな時に限って、医者に、
「明日は託児所無し。お家で大人しくさせといてください。」
って言われるんだろう?

結局、キャンセル決定。
代わりに病欠けてーい。

たまには、暢気な長距離列車(時速80km/h)に乗って、オフィス以外で気分転換もいいわね~、と思ったのに。でも遅れが定時(?)の列車なので到着時間はあってないようなもの。(苦笑)
たまにはオッサン、ヒトの苦労を分かるがいいわ!と思ったのに。(鬼嫁)

そんな目論見(?)も全て水の泡。
結局、ぐずるアカゴは私が面倒を見る羽目に。

…ま、そうは言っても、たかが風邪。
オッサンに全て任せても、気になって気になってそれどころじゃないだろし。
「アタシがいるじゃないのっ?!それにウチの息子に任せられない、っての?!」
と、誰かさん(?)から電話がかかってきた、ってことは無視して…(やっぱ鬼嫁)

ま、たかがアカゴの風邪。
あちら側(?)から生還したてだった去年の誕生日よりはマシ。(笑)


昨日よりは、先月よりは、去年よりは…

毎日ほんの少しだけ、”Just a little bit better”と思える日が続きますように…

年を取ると続きゃしないのは百億も承知だけどそう日記には書いておこう。(古)

Banner_01 ブログランキング参加中。誕生祝いクリックも同時受付中。(笑)

そんなちょっと凹んでたところに、包子さんから、本場米どころのおかき各種到着!(嬉)
アカゴは、同封されてたこちらが大のお気に入り。…ほっ、おかきはやらんぞ。(鬼ハハ)

←英語も併記なので、日本語不自由なオッサンにも優しい。(涙)

包子さん、ホントにありがとうございましたっっ。m(__)m またよr…(おい)

完了リポート~日本語教室最終回

NZは今、スクールホリデーなんですよ、奥さん。

…つーことはほれ。

いるのよ、ウチにトウの立った『ホーム・アローン』が一人。

←売れてた頃(失礼)の彼をマイケルのPVで見つけたました…

オッサンがいると、何かと面倒と言うか、厄介と言うか、うざいと言うか…。

昨日なんて、出勤直後、さっき別れたばかりのオッサンからオフィスに電話。

まさか託児所に送り出したばかりのアカゴに何か起きたのかっ!?

上司が何事か?と聞き耳立ててる見守る中、

「あのさ、ビデオテープ出ないんだけど、どうしたらいい?」

…(゚Д゚) はぁ?何を今更?

「アンタ、その状態でいつも取り出してるでしょ?タイマー解除しなさいよ。」
ちなみに、タイマーかけてるのはN○K『おか○さんといっしょ』。(恥)

その後、聞いてたのか聞こえてない振りをしたのか、上司に声をかけられる。

「そーいやオタク、ホームアローン坊やがいる時期だわね…大変ねぇ…」

同情するなら給料上げてくれ。(違)



さて。

先週のWendy事件からこちら、ほぼ放置(またかよ?)の弊ブログ。

もしや今頃巷では、
「あの後、日本語どないなってんねん?」
の話題で持ちきり?と言われてる(はずがない)とか…。

そうそう。
ウチのオッサンを刺客に送り込んだんでしたっけ、Wendyんとこに。

あの日、鼻息も荒く帰宅したオッサンによれば、

「『オレはベビーシッターなんだぞっ!夜に鍵なんて開けに行けるか!?』って言ったら、『アタシんちは西オークランドの○○、遠いのよ!それにもう一人は海外旅行行っちゃうし…!』』って言うから、『んなもん知ったことか!』って言ってやった。毎日仕事に通ってきてる癖に、遠いも何もあるもんか!『だって…遠いのよ…』ってまだブチブチ言ってたから、『オレはとにかく来ないから当てにしてくれるな!』ってバーン!って、後ろ手に戸を閉めてヤツのオフィスから出てきちゃった。」

だと…そんなまたあーた、結論も出さないまま、よー飛び出てきたわね。
おかげで、当日現地(=教室)につくまでずっとドキドキ。


ま、結論から言えば、教室開いてました。
もひとつ言えば…他の教室もちらほら開いてるじゃないかっ!恩着せるな!

…てか、やれば出来るんなら最初から文句言わずにやれよ、Wendy。


最終日の参加者は、結局4人でした。

Aさん、Gさんのカポー。さすが彼ら、9月の日本行きのために来ただけあって、やる気はおっけ。1度風邪で休んだ以外の6回参加。
友人の紹介で参加のR氏、義務は果たして(笑)7回全部参加。
そして、2度目の初級参加、先週休んだAくん。

橋向こうから参加のJちゃん、Mくんのヤングカポーは、途中挫折の模様。

ま、みんな頑張ってきてくれました。来てくれましたとも。

が。

今まで教えた中で、多分一番進歩しなかったか…と思われるクラス。(断言)

最初っからこんな風だったので、何かやりにくいクラスだとは思ったけれど、

「このクラスは超初級。まずは文法のことなど考えず丸暗記しましょう。」

「私の任務は日本と日本語と、そして日本文化に興味を持ってもらうこと。そのためには、まず楽しんでください。」

「初級は、深く考えず文章を丸ごと声に出してみましょう。」

って何度も言ったのに。

「かなも練習するので、私が書く通り覚えた仮名でノートを取ってみましょう。」

って言ったのに。

「書いて覚えて、聞いて話して、自分の自信にしてください。」

って言ったのに…。


いやはや、頭でっかち(?)で、でも文句の多いクラスでした。

「テキスト読めない」
「ホワイトボード読めない」
「発音分かんない」
「アルファベットで書いてくれなきゃわかんない。」
「説明してくれなきゃ分かんない。」
「形が変化することに対しての決まりが分かんないから覚えられない。」
「ルールは?」
「文法は?」
「その辞書形(=終止形のことを言います)は?」
「別の言い方は?」
「●○って言いたい時は?」
「その文は英語では何て言うの?」
「『英語にならない』ってどうして?さっぱり理解できない!!」


授業中、静かなんです。
だって、「はい、繰り返して~。」って言っても繰り返さないんだもん。

とても真剣に話を聞いてくれてはいるんです。

でも、何だかなぁ…

基本の形すら最初に教えたあいうえおすら読めない、書けない。
でも、予習どころか復習もせず、先週何をやったかすら覚えてない。

だからと言って、来ない訳ではなくって、それなりに楽しんで来てくれる。

う~ん、何と言うか…

ウチのオッサンが何人も教室にいる感じ。il||li _| ̄|○ il||li

…オッサンいないと授業は楽なはずなのに。
集団でやってくる(?)だなんて…堪忍してよ、もう。

でもオッサンをベビーシッターにしといて、ホントよかったよ…。(汗)
本家本元(?)まで加わったら、やりにくいどころの騒ぎじゃなかったよ。(鬼嫁)

Banner_01 ブログランキング参加中。今日もクリック応援ありがとうございます。

そして授業の終わりも迫った午後8時55分。ダーン!戸が開いたと思ったら、ズカズカとWendyがまた乱入。まだいたのかよっ!?「施錠してから西オークランドまで帰るんだから、アンタ達早く終わんなさいよ。」どっかりと腰を降ろしたWendyが見守る見張る中、無理やり授業を終えたのでした。ちゃんちゃん。ふぅ…

半身半着?(ハンシンハンギ)

ここんとこ長い記事が続いたので、ちょいと夜遅いですが短めのUP。


日本にいた頃、こんなこと思いもしなかったのですが、
NZ、なぜかフェイスペインティングが盛ん。(に思えます)

フェイスペインティングって、日本じゃスポーツ観戦でチームカラーに塗ってるのは見かけるけれど、顔塗りまくりの子供って…いますか?

ここNZ。休日やスクールホリデーのショッピングモールやイベント等では、必ず見かける見かけるネコ顔やヒョウ顔、チョウチョ顔(?)などなど。それもみんな嬉しそうなの。

子供のオモチャ売り場にも普通に「フェイスペインティングセット」がある。

ウチが通う託児所も、特に何のイベントでも何でもない日に、ヒゲ描かれたり、色塗られたりした子供が、そんなの無かったかのようにオヤツ食べてたりするし。

アカゴクラスは初級?のせいか、なりきるためには、まずは見た目から。
ひらひらの妖精スカートやらピーターパン、動物着ぐるみがハイハイ。(笑)

ま、顔塗られるのも時間の問題だな、こりゃ。


で、大のオトナは、てーと…顔はもちろん、ボディペインティングもあり。
それも一種のアートとして、毎年恒例こんなイベントが開催されてるくらい。

去年出産後、病院行ったり来たり(?)してる頃に、アラフィフどころかアラシックス(!)の同僚2人によるボディペインティング画像が送られてきた時にゃ、ひっくり返りそうになりました。(事実)

…救急搬送から退院後、また余計具合が悪くなったりして。(おい)

彼女らの写真載せちゃおうか?と思ったけど、幸か不幸か削除済み。

…安心のような、アタシだけがアレを見たなんて!と悔しいような。
せっかくのあの衝撃を、ブログ読者と分かち合いたかったのに…(棒読み)


で、ここからが本題。
つい先ほど、こんなニュースを見つけました。

NZ航空、機内ビデオに客室乗務員が「裸」で登場



このビデオ、純正のAir NZスタッフによるものらしい。
微妙なユニフォームの色も(失礼)、ポリエステル素材のよれ具合も(おい)、
アーティストの手によって忠実に再現されてます。

本当に機内で上映してるそうですが、あんな退屈なビデオ、見ないもんなぁ…
だからと言って、満面の笑顔で、裸にボディペインティング。
真面目に安全確認案内…でもよく見りゃ裸に革靴、て!

ぷっ。

絶対このヒト達も、子供の頃フェイスペインティング好きだったんだろうな~。
…でも、くすぐったくないのかな?(←まさかやる気か、SATO?!)

Banner_01 ブログランキング参加中。今日もクリック応援ありがとうございます。
こんなヒトを喰ったような、真面目なんだか不真面目なんだかのNZが好き。♡

オトナの社会。

※昨日メンテで読めなかった方。昨日の記事も↓お忘れなくぅ~。
「ページが見つかりません」
なんて出た時にゃ、『アタシなんかしたか?!(汗)』と思いましたがな。


…はぁ~。(溜息)

溜息なんかで始まっちゃいかんわね、奥さん。失敬失敬。

いやね、久し振りに2連休なんですよ。ずっと1日ずつしか休んでなかったから。

さて、2日ある休み。一日は休養にダラダラするとして、と…
NZでも一応(ここ重要)冬ものバーゲンやってることだし、覗いてみようか、
久し振りにゆっくりパンでも焼こうか、とか、それよりおされなかへへ行こうか…

ふん。んなもん忘却の彼方。(違)
そうこうしてる間に、2日目も既に半分以上過ぎてるじゃん。il||li _| ̄|○ il||li

いやはや、昨日はろくろ首にでもなりそうなくらい、待ちぼうけの休日でした。
ブログ書くにもメンテ、メンテが終わったら障害、結局一日書けず終い。
ま、だからと言って、今日も結局朝からダラダラ。それも如何なものか、アタシ。


事の始まりは、先週のアカゴの誕生日プラン。

いろいろ考えたんですが、ちょいと頑張っておされな『さしんか』に1歳の記念を撮ってもらおう、と決めた訳ですよ。まだ初々しさの残る可愛げのある(笑)内に、そして、『よくもまあ、何とか一年乗り切った。よくガンバッタデ賞』ってことで。

で、写真館、と言うか写真家探し。
同僚に聞いてみたり、ネットで調べたりしてる内に、ウチの近所に新しくオープンしたスタジオのHPが、なかなか気に入りましてね。その中でも、特に子供の表情がいい。

で、ふと見れば、
「オープン記念スペシャル!6×8インチのフレーム1枚無料!」

…お?

「但し、6月25日まで。」

…誕生日前日。それもその日まで仕事のSATO。

ま、無料を頂ければそれに越したことはないけれど、なくてもそれはそれで…
と、連絡してみると、若いお姉ちゃんの声。

「おさしんお願いしたいのだけど、おいくらかしら?それと…誕生日、26日なんだけど、すぺさるにはならないわよね?」

「全然おっけよ。喜んで1枚無料にするわ。1歳の誕生日はすぺさるでしょ。」

おおっ、それじゃここ!と決めた訳です。

予約は、26日金曜、誕生日当日の午後。
この記事の一番下に書いてある『ご近所』てのがそれ。ぱーちーはせず。


オレもオレも!と、わざわざガッコサボって(おい)やってきたオッサン。
…誰もキミとの家族写真を撮る、とは言っておらんが?

託児所に迎えに行けば、
「今さっきちょうど寝付いたとこだったのよ~。」
と、起こされて迷惑そうなギャー泣きムスメが登場。

…ふぅ。先が思いやられること。┐(´-`)┌

写真館?に到着。でてきたのは当たりの柔らかそうなお姉ちゃん。
聞けば、つい最近まで高校生だったらしい…て、そりゃ若い声のはず。
写真家ってのは、下積みだのアシスタントだのを務めた上で開業しないの?
もしや親が金持ちか?それともなんぞ賞でも獲ってスポンサーがいるのか?
と、一瞬思ったモノの、ま、NZとは事情が違うのかもね、と納得。(したつもり)

「子供の写真は好きなのよね~。」
と、彼女。頼む方としてはそれに越したことはないさ、1歳児相手に。
なんだかんだとしてる間に、アカゴも目が覚めたらしく、
本やらオモチャやらたまごボーロやらで釣って、何とか撮影完了。

「じゃ、1時間くらいしたら写真選びに来てくれる?」

慌ただしいこと、と思いながら、あーでもない、こーでもない、と写真決定。

「じゃ、月曜夕方にはパネル出来てるから。」

あらま、お早いのね。じゃ、支払いはその時に。

「アタシ、火曜日からヨーロッパに旅行なの。5週間ほど留守にするから、それまでには間違いなく仕上げなきゃ。」

ここまでは先週のお話。(今日も長いです)

************************************************************

そして今週月曜。
オッサンから職場にメール。

「写真、明日の午前中になるそうだ。11時~12時の間、って言ってたぞ。」

ふーん。ま、金曜のほぼ夜に発注して、月曜は厳しいでしょ、NZ的に。(苦笑)
じゃ、明日(=火曜)アタシ休みだから、アタシが午前中に取りに行くよ。


そして昨日、火曜日。

朝、一部ブログを書き直し、確認しようとしたら『メンテ』。
ま、これは予告メンテだったからね…。
さて、11時。じゃそろそろおさしん撮りに行って、買い物でも…

電話が鳴ったのは、例のフォトグラファーのお姉ちゃんから。

「あの…メールの行き違いでね、写真今から取りに行くの。…1時半でいい?」

いい?ってか、ないんだからしゃーないでしょ。じゃ、1時半ね。

ブログもメンテ、2時間じゃパンも焼けないし、ゆっくり買い物も出来ないし…。
ま、天気もよくないことだし、溜まったDVDでも観るか…。

とはいっても、無駄に時間ばかりが過ぎるだけで、DVDにも集中できない。


さて、もうすぐ1時半。このDVD見終わったら行こうかな。
で、今度こそ出かけて、その足で、あ…スーパーも行かなきゃ、それに…

また電話。

「あのね…。ガス欠になっちゃったの。ヤバい、とは思ってたけど、ほらアタシ旅行に行くからさ…で、何とかスタジオまでは帰れると思ったんだけど…車止まっちゃって…ママが迎えに来てくれるから待っててくれる?」

…。

「多分20分もすれば着くから。着いたら電話するから。そーりー。」

…( ´,_ゝ`)ハイハイ それなら2時まで待とう、ホトトギス。(怒)

そして2時。電話…なし。\(*`∧´)/

仏の顔も3度まで。イライラしてきたSATO。
受話器を握ってスタジオへ電話するも…留守電?携帯も留守電!!

「あの…待ちくたびれたんですけど?昨日から待ってるんですがまだなの?」

悪びれた様子も無く、折り返し電話があったのが、ほぼ2時半。(怒)

「今着いた。今から5分で来られる?アタシ、空港行かなきゃ…ほら、今日からヨーロッパだから…ママも仕事に行かなきゃいけないし…」

…ママだと?てか5分以内に来いだと?(-"-) 一日待たせてそのセリフか?そこのスタジオから、幹線道路を直線に1分半で我が家だから、おまいがそのまま車で来てくれた方が早くね?家で待ってるから。

「あ、そっか。その方が早いよね?で、どこだっけ?住所は?」
…書いたやろがこないだ?○○番地。
ま、ええわ。アンタも急ぐことやろし、家まで来なくてもいいように道端で立って待ってるから、そのまま真直ぐ車で来て頂戴。

「分かった。あと5分で出るから!!アタシ、3時に空k…」

空港は分かったから。
…姉ちゃんも急いでることだし、しょうがない。早めに出とこか。
と、外に出て、わざわざやって来る左側の道端で立つこと20分が経過…
雨に降られて15分。ずぶ濡れSATO。そして…

あ!!、今、目の前通りすぎたの、あの姉ちゃんじゃんか!!

ま、どうせ1本道。すぐに戻ってくるわい。と待ってたら…

…おい!!迷った、とか、分からん、とか、今どこ?とかの連絡も無いまま、
あ~っっ!今、わざわざ手前の道を迂回したのおまいやろ!!

どこ行ったんじゃ?と、手にした携帯から電話をすれば、また出ず。
雨も酷くなってきたことだし、いつになったら着くことやら。
どうしたものか、と一旦家に入ってもう一度電話すれば。すれば!

…何でスタジオに戻ってるんだ、おまいは?!щ(゚Д゚щ)

「え~、だって分かんなかったんだもん。道端にいたの?…見えてなかったもん。アタシ3時には出発しなきゃいけないしぃ~、ママだって仕事に戻んなきゃいけないしぃ~、だから今から取りに来てよ。」

…ぶっとb(以下自粛)。

とりあえず、せっかくの1歳記念の写真だし、ここは抑えて抑えて…と、自分に言い聞かせながらスタジオに、電話の1分半後(!)に到着。

「アタシ、もう出かけなきゃいけないのよ~。」
知ったことか。で、ブツは?

「あ、これこれ。はい、どーぞ。」

一応、オトナSATO。ムカつきながらも小切手を渡す。

「あ…そうそう。これ持ってって。誰か写真撮りたい人いたら紹介して。」

と手渡されたのは、最初のオープン記念すぺさる同様、6×8インチフレーム無料のクーポン。『誕生日はすぺさるだから』じゃなくて、誰でもいつでも貰えるんじゃないか。

…おまい、客をここまで怒らせておいて、厚かましいにもほどがある!!

とは声に出さず、『お誕生日のさしんだから…』と辛抱して帰宅すれば。
帰宅すれば!!

つや出し仕上げに頼んだのに、そこにはつや無し仕上げのおさしんが!
紙に巻かれてたのをビニールで包んであったから、確認出来なかったし。
つーか、姉ちゃん。自分が時間無いばっかりだから、確認させずに渡したし。
…むむ?もしや仕上がり間違えたの知ってたとか?慌てて渡されたし…

「3時に出発しなきゃ!」
って言ってたけど、結局私が出向いたのが2時50分…

今は3時10分。念のため…と電話すれば聞き慣れぬ声。多分例のママ。

「あの、さっき写真貰ったんだけど、仕上げが間違ってるんですけど。」

「もう空港行っちゃったの。ごめんね、帰ってきたら電話させるわ、5週間後に。」

そんな行動だけは早いらしい。_ノフ○ グッタリ

開店したばかりのスタジオでこのお粗末振り。
その癖、誰か紹介してね~、だと?!!

オトナの社会で生きていく、商売することの厳しさを思い知るがいい!
と早速銀行に電話。

「アタクシの18番の小切手ですが、支払い止めてくださるかしら?」

ふん。これでアタクシ勝ったも同然。<(`^´)>

5週間後に、姉ちゃん必ずアタシに連絡せざるを得ないでしょうとも。
コムスメの道楽には付きあってられません。(態度豹変、鬼SATO)

Banner_01 ブログランキング参加中。今日もクリック応援ありがとうございます。

さて、銀行に支払いストップを頼んだら、「小切手止めるの?手数料$20かかります。」
…手数料が$20(=約1500円)て?!高っ!オトナの社会は厳しいのね…(涙)

おまけ画像はこちら。
その役立たず姉ちゃんが撮った写真の一部。写真は悪くないんだけどね…

Bday5ただしこのクマ超臭いので、画面に近寄るべからず。(笑)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

いつも応援ありがとう!

  • ブログランキング参加中
    人気ブログランキングへ

twitter

メール送信

  • メールはこちらから↓

いつも訪問ありがとう!

オークランドの天気

最近のトラックバック

世界中からありがとう!

Amazon

  • 海外からじゃ買えないの?
無料ブログはココログ