« 冬の休日診療所にてふと思う。 | トップページ | 来た!逃げた!待った~! »

迷い道クネクネ~日本語教室第3回

…たった1日の休み、と言うモノは、寝て起きてドタバタしてるうちに、ハイ終了。

朝から雨の今日、朝起きてアカゴ送り出した後何してたかってーと…

 懐かしのこんなモン見てたんですけどね。(照)

いや~、トレンドドラマの超名作。
ふとゲットしたのでボケーっと見てました。いや、眺めてた…が正しいか。

出演の山口智子、竹野内豊、りょう、稲森いずみ、などなど、メインキャストはほぼ元モデル揃いのこのドラマ。どの顔もめっちゃ小さいなぁ、足長いよなぁ、細いよなぁ…とシミジミ見惚れてました…特にもうひとりの主演者、誰かさんと比べると(ボソ)

で、アカゴを託児所に迎えに行き、買い物行きあれこれしたら、ほらもう夜。
結局いつものように、NZの深夜にブログ更新、となる訳ですよ、休みですのに。

…dame母SATO、たった1日の限られた時間もこんなザマ。
こうやって人生無駄に送るんだな、と実感。
…待てよ?これぢゃ今までが無駄な人生じゃ無かったのか、って言う書き方だな。トンとここまで人並み以上に無駄だらけだと思われる人生でしたのに。(きっぱり)



ま、そんな私ではありますが、これだけは限られた時間を思う存分使いたい、と張り切るのは…日本語授業中の間のみ。(おい)ほら、たった7週間×2時間に、ゼロからいろいろと詰め込まなきゃいけませんからね。これも一種のエンターテインメント。(え?)

で、昨日。行ってきました、3回目。
いつもの6人…と言いたいところですが、橋向こうからやってくるはずのヤングカポー、お調子者のM君とJちゃんはお休み。

他の学習者、my友人の紹介Rさん、何度習っても覚えてないウチのオッサン並み(失礼)なAくん、そしてかぽーのAさんとGさんの計4人が出席でした。…ほっ、連休で先週飛ばしたので心配でしたのよ。

…最初7人だったはずだけど、初回から来ないヒトが一人、結局来てないまま。
Wendy曰く、「金は貰ってるから、来ても来なくても結構。全然おっけ。」
…てホントか?普通、フォローとか確認とかするんじゃないのか?


さて、では早速始めましょう!!
とは言ってもSATOの授業、横道それまくり。
それては戻り、それては戻り、結局毎回♪迷い道く~ねくね~♪(笑)

昨日の最大の横道迷い道は、ひらがな教えてる最中のこと。

な行とは行の練習でした。特には行の真っ最中のこと。
よく、既習のかなで書ける単語を示すんですけどね…

「今まで習った中で書けるのは…下らん例えですが『へそ』、これ読めますか?」

「HESO?」

「そう、へそ。読めましたね。これはberry buttonのことです。」

「HESO?HESO?berry button??」

知らないヒト達に、「あんパンにはヘソがある」って言ってもしょうがないし…。

「ま、言いまわしとして中心部にあるモノを指すこともあります、『ミカンのへそ』とかね…。『日本のヘソはどこだ?』なんて以前やってたのを覚えてます。…ま、大したことないですから覚えなくてもいいですよ。あくまでも、かなを読めればおっけ。」
と言ってるにもかかわらず、HESOがツボだったのか、Rさんが反応。

「じゃ、HESO=センター、中心、と覚えればいいのか?」
…いや、だからさ。(汗)
彼は、疑問ははっきりさせないと気が済まなさそう。←なの?うらんちゃん?

「HESO、ってのはじゃ、一体何のどの部分を示すと考えるべきなのか?」
と、最終的にはみんなワイワイガヤガヤ、すっかりクラスは脱線中…(滝汗)

あのさ、聞いてた??別に覚えなくてもいいってば。

「じゃ、中心部はHESOなのか?オークランドはHESO?」
…て、まだ言うか?

「あのね…日本語全然話せないのに、『ヘソで~す!!』ってヘソだけ知ってても、あまり賢くなさそう(失礼)なので、別にこれを理解しよう、と思わなくてもいいですってば。あくまでも物の例えとして、中心部の突起やくぼみを指す、ってことですがな。」

『オパーイ』『オシリ~』なんてのだけはすぐに覚えるガイジン(←敢えて書きますが、変な言葉だけ覚えるニホンジンも真なり)じゃないんですから、記憶に費やすなら他のことにしてください。
…会話はあれほど(!)一切覚えられないのに、宮本武蔵が『お茶漬け』食べてたのは知ってるウチのオッサン(←超初期の記事)も然り。(呆)


ところで、以前から教室の様子をご覧頂いてる方は既にお気づきかと思いますが、大体2~3回目辺りってのはほれ、数詞がゾロゾロと出てくる頃なんですよ。

いち、に、さん、し、ご…はもちろんのこと、

じゅう、にじゅう、さんじゅう、よんじゅう…
ひゃく、にひゃく、さんびゃく、よんひゃく…
せん、にせん、さんぜん、よんせん…
いちまん、にまん、さんまん、よんまん…

この辺りで、
「どうして『マン』にだけ『イチ』がつくの?」
とか、
「なんで『サンビャク』『ロッピャク」『ハッピャク』(←他も同様)と変わるの?」
「どういう決まりで変化するの?」
「発音の決まりを覚えるのと、言われた数字をそのまま覚えるのはどちらが楽?」
などと言う不届き野郎(笑)も出てきます。
…んなこと聞くのは、毎度も同じ質問をするAくんと、ウチのオッサンですが。

この辺りで、気分転換にロールプレイを導入。

設定はいつもの○クドナルド、順番に注文したり、お金の計算したり。
「はんばがをひとっつ、とぉ~、こひ を みつ おねがいしま~す。」
「…あん?それだといくらになるんだ?誰か計算機出してよ。」
「まずは英語で計算して…で、日本語だと?忘れちゃったよ。」
と、和気あいあい。いい年して(自分もな、SATO)楽しそうだし。

それでも次々に出てくる数詞。
ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ…
いちまい、にまい、さんまい、よんまい…
いちじ、にじ、さんじ、よじ…
ごふん、じゅうごふん、にじゅうごふん、さんじゅうごふん…
じゅっぷん、にじゅっぷん、さんじゅっぷん…

なんてやってるだけで、すっかり学習者は意気消沈。(笑)

「日本語には、数え方だけを著した辞書があるのだよ。」
と言っても、いつも信じてもらえません。

←ほらね、あるでしょ。

「これはごく一部の、特に頻出だけをピックアップしてます。嫌でも学習必須の項目なのよっっ。」
と繰り返してみるモノの、ほとんどが数字のみ、若しくは数字+th、などで時間も金額も数も終わってしまう英語圏には想像がつかないらしいですが、どうやら中国・韓国の学習者にはごく当たり前。(らしい)


「面倒なのは分かってるのよ。でもね、でもね…これをやらないと先に進めないの。会話文の練習をするにも、時間も日にちもお金も分からないと、ほら日本語でせっかく会話を覚えても、数字がダメなら買い物も待ち合わせも出来ないでしょ?」

…(渋々うなづく)

「だから…あと一息、あと一息頑張ったら、どんどん会話練習するから。」

「そうなるといいけど。」 ボソ…(本音だな?)

…そらそうだよね。頑張るよ。
でもね、SATO方向音痴、迷い道の先が行き止まり、ってのもありだから。(汗)


さてさて、来週はどうなることやら…。

ここで突然ですが、本日の誓い。

 今後、HESOは例えに使いません。(笑)

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。クリックでポイントもSATOも元気100倍。
天下無敵の鬼嫁、新米&高齢dame母、市役所パートになんちゃって日本語教師とワラジ4足ライフ…ああ託児所ばんざい(おい)。
しかしSATO、貧乏暇ナシ金もナシ。♪休みは~どっちだぁ~?♪(涙)

« 冬の休日診療所にてふと思う。 | トップページ | 来た!逃げた!待った~! »

コメント

相変わらず楽しい教室ですこと
へそ‥NZで一気にこの言葉が流行したりして
ほんとーに おつかれさまでした

SATOちゃんたら・・・なんでそんな難しいたとえを
するのよ。
でも、まあ、つっこみすぎだよね。
へそについて・・・。

ちなみにお顔の大きな方って・・・キ○さんよね??

キタ━━━━(゚∀゚;)━━━━!!数詞。
Kiwi諸氏よ、日本語の勘定は簡単でっせ。
全ぇぇんぶ足し算ですもん。
ほれ、あんたらの言葉で1と11と21行ってみんさい。
「ワン・イレブン・トエンティワン」
日本語は
「イチ・ジュウイチ・ニジュウイチ」
どこぞの言葉のように20進法が幅をきかせたりもしてないし、
素直に覚えりゃいいんですってば。
序数詞?
良いの、良いの。
この頃の若い日本人、何ぁんも判かんない人ばっかり。
片言なのに序数詞バッチシだったら、皆引いちゃうから。

武蔵の茶漬け、そういやそんな記事ありましたね。
それにコメしてるし、私ってば。ホホホ・・・

スミマセン。。。なんせエンジニアなもんで。。。
でもBerry Buttonっておいしそうだぞぉ!

いや~ん、まさしく私も今『数詞』を教えてます。
今日は私の授業担当です。
時計の模型を使って
『じゅっぷん』『にじゅっぷん』~を教えます。
うちのクラスはみんな大人し目なので質問もせず
だた覚えるのみ!と思ってるみたいなのが救いかな。

私は○時に起きます。
○時から○時まで勉強します。

これが今日の授業内容です。

それが終わると 昨日・今日・明日
それにあわせた過去形だのの時勢が出てくる。

付いてこれるのか、生徒たちよ===。

これからもSATO先生をお手本に頑張ります。

私は「教えられた物をそのまま覚える派」の不届き野郎です。日本人でも物の数え方を間違うこともあるのですから、日本語を全く初めて習う人たちに教えるのは大変でしょうね。

またまたの怒濤のコメ返し、お疲れ様です。
D氏がわざわざ訪ねてきたとは意外でした。

ヘソ授業の後、「ヘソで思い出したんだけど…」
と、A君がメールを送ってきました。
そのメールときたら…
バカリズムの動画、「こう持ってこう!」↓リンクはこれ。
http://www.youtube.com/watch?v=gozHyl8EB2E

…むむ。ヘソとどう関係あるのか?
てか、コレが理解出来てんなら上級なんだけど…???

>mikeさま、
>へそ‥NZで一気にこの言葉が流行したりして
HESO…お?悪くないかも?(え?)
アルファベットで書いたTシャツとか流行りそうですね。

>rikushiさま、
>ちなみにお顔の大きな方って・・・キ○さんよね??
顔でかくね?(←声、真似てみてください、笑)

>Futa-barさま、
>この頃の若い日本人、何ぁんも判かんない人ばっかり。
確かに…だんだん私も怪しいヒトになりつつあります。
つ0か、若い日本人に入っていいのかどうなのか?(無茶)

>武蔵の茶漬け、そういやそんな記事ありましたね。
>それにコメしてるし、私ってば。ホホホ・・・
Futa-barさん、ホントに投書からお世話になりっぱなしで…
今後とも、ムスメともども(え?)よろしくお願います。m(__)m

>うらんちゃん、
>でもBerry Buttonっておいしそうだぞぉ!
そうなのよ、最初に聞いた時は何のボタン?と思ったわよ。
ほら、○○buttonとかってチョコにもあるじゃない?

>ひさみんさま、
>うちのクラスはみんな大人し目なので質問もせず
>だた覚えるのみ!と思ってるみたいなのが救いかな。
…いいなぁ、私も昔はそんな授業だったのに。
NZ来てからの授業は、ほらお遊び半分お真面目半分だかんね…

ひさみんよ、私を抜いて行きたまえ!(何様?)

>包子さま、
>私は「教えられた物をそのまま覚える派」の不届き野郎です。
エライ!教えられた物をそのまま覚えてくれる生徒が一人でもいてくれると助かるんですが…
サクラで授業に参加しませんか?(違)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184175/30025800

この記事へのトラックバック一覧です: 迷い道クネクネ~日本語教室第3回:

« 冬の休日診療所にてふと思う。 | トップページ | 来た!逃げた!待った~! »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

いつも応援ありがとう!

  • ブログランキング参加中
    人気ブログランキングへ

twitter

メール送信

  • メールはこちらから↓

いつも訪問ありがとう!

オークランドの天気

最近のトラックバック

世界中からありがとう!

Amazon

  • 海外からじゃ買えないの?
無料ブログはココログ