« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

天敵乱入!~日本語教室番外編

※ココログ、メンテ終了しますた。これでコメント書けまっせ。
↓こんな訳で、SATOの天敵『Wendy対策』(?)ガンガンぼしうちう。へるぷみー。


先週の月曜。日本語教室にWendyが乱入!

あれこれと、散々政府やら学校やらなんやらかんやらと愚痴りまくり、散々授業をひっかきまわし、学習者のモチベーションを下げまくって行ったあの日。

「今そこにある危機~日本語教室編」
として記事を挙げよう、と思ってました。

ええ、危機がそこまで来てるんです。

それも、『今後教室存続不可?』の危機が!? (マジですの)


…そーこー思ってる内にまた1週間が経っちまいましたけど。m(__)m

で、今日。(既に昨日ですが)
職場である「某市役所すぐやる課(仮名)」から、Wendyに電話。

というのも、こないだ突然ウチのオッサンが、
「なぁ、日本語っていつまで?」
と聞くので、
「確か7月の第1週までのはず。ほれ、ウチ1週遅れて始まった上に、祝日で一回休みだったから。」
と返事をしたら、
「でもさ。7月第1週ってばもうスクールホリデー入ってっぞ?教室やんのか?」

…なんですと?だって、前にWendyと一緒に働いてる○国人女性に祝日あるけどどすんの?って聞いたら、
「じゃ、ずらせばいいだけじゃん。ほれ。」
と言って、7月6日(月)の日付が出席表に書きこんであんのよ、もう。

で、先週Wendyに聞けば、
「アタシそれどこじゃないのよ。履歴書送るのに忙しくてね。え?ホリデー中の教室?んなもん誰が開けたいもんですか!!休み明けにしてちょうだい、んなメンドクサイ!!」

と、超無責任且つ、超Wendyちっくな回答。
「履歴書送るのに忙しいのよ、アタシ!それどこじゃないわよ。」
仕事を干される危機にあるので、いつも以上にやる気ナス、な訳ですよ。

て知るかそんなん。

ま、昔も休みにまで教室延びちゃったことってあったから、
今回も何とかなるわな、くらいに思っておりました。

…一応、あくまでも『確認』のために、月曜昼間、職場よりガッコに電話。

「Wendy?アンタ先週さ、『ホリデーになんて仕事したくないわよっ。あと1回の教室だったら休み明けにすれば?』なんて無責任なこと言ってたけど、それってどー考えても無理じゃね?だってみんな今学期7回、ってことで申し込んでる訳だし、おまけにアンタと一緒に働いてる髪の長い…ほれ、もう一人のヒトが(※『アジア人』とは言いません、差別になっちゃいかんのでね…)7月第1週って言ったんだよね。だから私も含めてみんなそのつもりだけど?」


黙って聞いてたWendyから、思わぬ返事。
「確かにあと1回だもんね。…じゃ、彼女に聞いてみるわ。で今晩連絡でいい?」
この素直な返事、絶対「じゃ、言った本人の彼女に丸投げ」と企んでるはず。
アタシなら、こんな上司(=Wendy)と働くのはもっぱら御免ですが。

「じゃ、今晩教室行った時に、確実に返事貰える、ってことだね?みんなには来週も教室ある、って言っていいんだよね?」(←一応念を押してみる。ほれ、Wendyのことだから)

「おっけおっけ。じゃ。」

ほっ、これで一安心。


そして、すぐやる課を終え、帰宅。アカゴの夕食、風呂、授業の用意と七転八倒、八面六臂、四六時中(違)の大わらわの後、授業へ。

一応授業開始前に、
「今日確認したけど、来週開けてくれるそうだから。
後で確実な返事はくるはずだけど、出来るって言ってたから心配しないでね。」
と、学習者には念を押してから授業を進めておりました。
あと1週、ってことで、それなりの進め方をしてるつもりだし。


で、授業後半にさしかかった頃。

Wendyではなく、例の○国人の彼女が出席表を回収にいつもの如く登場。

「あのさ。Wendyに電話したけど来週は教室開けてもいいんだよね?」

「…え?来週はスクールホリデーだから無理よ。」

「…てか、アンタやる、て言ったよね?ほれ、ここにも書いてあるし。」
(と、手書きで修正してある出席表を見せるSATO)

「…あ。そう書いちゃったけど、ガッコ休みだもん。」

ムカ~!この返事ったら…。
豚インフルより強いWendy菌感染者を発見。そっこー社会から隔離して下さい!

「あのさ、Wendyと話しなかったの?アタシ今日電話したんだけど?」

「…あ?ああ、そーいや話したかも。なんか…誰かの旦那が鍵持ってるはずだから、彼が開けるんだったらいいとか何とか言ってたかも…。」

「…つーか、それはウチの旦那がガッコの教師だから鍵持ってたら開けろ、ってことですか?」

「あ…そーだわ、きっとそーよ。アンタの旦那がその『センセ』てことね?」

「…あのね。さっき授業に来る前に旦那の顔見てるけど、そんなことひとっことも言ってなかったけど?旦那に確認取ってるんだろか?」

「え?わかんなーい。Wendy、忘れちゃったんじゃないのぉ~?」

…Wendy菌、いや、Wendy星の地球乗っ取り計画進行中か?

「当の本人に確認も連絡もせずに、アンタら勝手に決めんのか?」(怒)

「…Wendy、今日は早くに帰っちゃったからなぁ…4時過ぎだったかな?」

ここまで辛抱してたモノの、これでSATOの脳内で、ドッカーン!!と爆発音。

「あたしゃランチタイムに電話しとんじゃー!!4時に早退だと?!知るか!」

「…だって。」

「つーか、Wendyは『じゃ彼女(=私が今話をしてる○国人)に聞いてみるわ。で、あと1回だったら教室開けなきゃね。』って言ってたんだけど?何でウチらが開けならんのじゃ?」

「だってWendyがゆったんだm…」

「でも、それはアンタらの仕事でしょが!他のニンゲン関係ないだろが!」

…と怒りMAXのSATO。

おまいら、それで給料もらっとんちゃうんか?
何でヒトを巻き込むんだ?
それもウチの下男…もとい、オットに仕事を振ればいいじゃん?だと?

そんなことを、本人に何の連絡も了承もナシに決めていいのか?

…むむ?
おっとその前に、肝心なことを忘れてた。
夜7時には寝付くようにセット済み(?)、日本製体内時計(笑)を持つアカゴ。
教室開始の7時に鍵開けろ、って、じゃ誰がアカゴの世話をするのだっっ!?

と、♪もぉ ど・お・に・も・と・まらな・い~♪


「あ…ヾ(´゚Д゚`;)ゝ エーット・・・明日連絡しますからっ。じゃ!!」 

と、逃げ去る○国人ジョシに追い打ちをかけたかったけれど(しつこい)、
ハタと気が付いたら学習者たちの怯えた 心配そうな視線。


「あ…すみません。つい…興奮して…。」

ビクつく(?)学習者たち。

「あ…いえ、あなた方は悪くございませんのよ。おほほ…ほほ…ほ。」


ふぅ。


そして帰宅。当然ながら怒り収まらぬSATO。(しつこい、笑)

「おい、旦那!!」

「…はい、ボク何かしましたか?」 オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ

「アンタじゃない!カクカクシカジカなのだよ。キミは了承できるか?」

「いえ、出来ません…てか、オレの仕事じゃないし。」

「だろ?ンな訳だ。で、おまいへのミッション。
明日Wendyんとこ行って、アタシの分もどなり散らしてくるがいいわっっ!!」

我がブログの読者であらせる皆さまは、Wendyへのメールが以下に伝わらないか、をご存知かと思いますが、直接電話をしてもこんなに伝わらないモノだとは思ってもいませんでした…。

バカにされてるのか?
それとも向こうがばk…(以下自粛)

長くなりましたが、月曜クラスの顛末はこの通りでございました。

怯え…いえ、成り行きを心配そうに見つめる学習者の授業は、また別途。

***************************************************************

Banner_01何故かバナーが貼れないけど(IE8削除ですっきり)ブログランキング参加中。
そんな訳で大興奮(笑)してたSATO。こんなWendyとのやりとりももうウンザリ…可哀そうな私に、クリックで救いの10ptを…。(願)
ところでIE8をダウンロードしたら、バナーが表示されなくなりました…。(涙)
腹立ちついでに(え?)一旦アンインストールしますた。IE6が最近エラーばかりでウンザリ気味のところに、『重要なアップデート』となってたIE8…どないな評判ですのん?とググってみたら「使いやすい」って書いてあったのに、何だか分からんチンでやりにくいったりゃありゃしない。どこが使いやすいねん!?(怒)

とうとう1年。

え~…突然ですが。

いい加減に日本語教室シリーズUPしたらどうだ?の予定ですが、
本日は急遽予定を変更し、勝手ながら、

『アカゴ』1歳&ハハも1歳感謝デー!

とさせて頂きます。m(__)m

今日一日、道端からご覧頂ける場所に、

Dsc02517_2

と、飾っておきますので、これを目印に是非お訪ねくださいまし。(笑)
何かお出し致します、あれば…(おい)。

A・K・A・G・O(仮名)・1・S・A・I と書かれたアルファベットは、昨夜、例の『口は悪いが腕は良いカリスマ美容師』(失礼)のとこに行った友人えみちゃんが、その足で届けてくれたもの。

浮かれポンチの我が家のオッサン、
「ありがとう!ボク、飾り付けに風船買ってきたから、今晩中に飾っとくよ!」
と、自信満々に宣言するので、ほな頼むよ、と、えみちゃんと外出したSATO。

遅がけの夕飯を食べに出かけた町では、人々が飲めや歌えの大騒ぎ。

Dsc02514_2 皿を割るパフォーマンス付き

町を挙げて、アカゴの誕生日を祝っている…訳ではありませんが。(当然)
昨日出かけたギリシャ人経営のイタリアンレストランでのヒトこま。
あまりの空腹に、カメラを取り出した頃には、つわものどもが夢の後…よって写真はナシ。



振り返れば、長かったような短かったようなこの一年。
高齢出産の新米ハハとしては、まだまだ未熟、分からないことだらけだけど、
アカゴというのは、そんな親のドキドキはつゆ知らず。

少しずつ昆虫(?)から動物へ、

Picture_215 まだガッツ石松系(?)だった退院初日。

哺乳類の動物から、類人猿の端くれ(おい)へと

Picture_1091 やっと重い頭(笑)を持ちあげた頃

少しずつ成長を見せてきたこの一年。

Dsc00790動けない、とハナが油断してた頃

接触の多かったピカソは既に飽きられ、まだ触れてないハナ、未だ連日追っかけられてます。(笑)

Dsc01122やっとお座り出来た頃
…既にクリクリ頭は手に負えず。┐(´-`)┌

Dsc01916やっとハイハイ出来たと喜んだのも束の間…

ニコニコと、上機嫌でハイハイしながら寄って来たと思ったら、目当てはデジカメ。こらっ!
Dsc01996結局カメラ触れず第1次反抗期予行演習
イッチョ前に親にムカつくのは、自分でオムツ替えられてから言いなさい。(鬼)

…と、ここまではまだ赤ちゃん顔だったのに、最近は、1歳の癖に急に幼児顔になってきた、とみんなに言われる今日この頃。(前回、削除前のおさしんをご覧になった方は、その違いがお分かりかも)

ま、いわゆる老け顔かと?(違)


私、ここまで及第点取れたかどうかは不明、自信ナス。
でもアカゴ、声と体格の大きさ、髪の長さにかけては特待生。(笑)

そして、一応アカゴも私も2人して、幼稚園時代(笑)を終えて1年生に入学。
超高齢の親としては、体力が続くかが問題だけど…。

生命保険考え直さなきゃな。(超リアル)

あれこれ下らない話にえみちゃんを付き合わせ、腹も膨れて帰宅。

すると…すると!!

あれだけえみちゃんに、
「アルファベット順になってるから、そのまま飾ればいいよ~。」
と言われたにもかかわらず、

AKAGO 1・S・A・I となるはずが、オッサン自信満々

AKAGO 1・S・I・A と飾ってた、というオチが待ってた我が家。

「イシア」、てっ!? ┐( ̄ヘ ̄)┌
オッサンよ、おまい何回初級日本語クラスで勉強したんだ?

…てな訳で、進級組と落第生はここでお別れ。(鬼嫁)

オッサンは、ずっと進級不可。
人生も幼稚園レベルでジタバタしてて下さい。ε-( ̄ヘ ̄)

Banner_br_nafuda_3 アカゴ誕生日もブログランキング参加中。縁起モンです、押して!m(__)m

そんなこんなで、これから託児所でアカゴ拾って、ちょっとご近所に出かけます。…え?あ、せっかくですがお義母さん、誕生日ぱーちーはナシざんす、おほほ。ψ(`∇´)ψ

もうすぐ一年…

昨日は冬至(or 夏至)。
…てことは、早いもので既に6月も終盤。

光陰矢の如し。
Time Flies。
時は金なり。(ちょっと違う)

あんなやらこんなやらで入所続きのアカゴが産まれてから、もうすぐ1年。
(※詳しくはこちらの過去記事を参照)

この一年、いろいろあったよなぁ…とシミジミ。
泣いたり怒ったり死にかけたり鬱になったり、やっと笑える今日この頃。
それでも、私も新米母として一年。
強くなったような、前から強かったような…(笑)

そうは言っても、今度は新しい問題が次から次へとやってくるのだけど。
カミサマは、こなせない試練は与えないそうですが…もう充分。
次はアタシ、ガネーシャの教えに従ってみようかしら?

 ←ガネーシャ最高!


たまたま出産した病院で近くの部屋だった奥さん(日本人)、当然子供の誕生日も近いこともあり、数少ないママ友のウチの一人から一歳の誕生日ぱーちーにお招き頂きましてね、ヒキコモラーのヒトミシラーの癖に、のこのこと週末出かけることに。

…ま、そんな時でもマイペースな我がムスメ。時間が決まって出かける、っていう時に限って朝っぱらから2時間半も昼寝して、肝心の時間に遅れたりするんですけど。┐(´-`)┌

で、肝心のぱーちーは…楽しかったです、はい。(写真無しのdameブロガー)

やっぱりマイペースの我がムスメ、周りの集団に混ざることも無く、ひとりごちながら大事なクマちゃん抱えてあっちへハイハイ、こっちへハイハイ。…この見事なまでのマイペースぶり、一体誰に似たのやら?(ドキドキ)

奥さん、準備、飾り付け、料理、とものすごく大変だったろうなぁ…。

子育てがひと段落した働くママさん達に聞けば、
「1歳なんて、なーんも覚えてないから、誕生会やっても意味ないわよね。」
「一応やったけどさ…もう大変で写真撮る暇すらなかったよ。」
「でもさ、特に女の子は、『アタシの写真は?』って後々文句言いそうだよね。」
との意見。

そして、子育てひと段落してしばし…孫がいるようなヒト達からは、
「大変だけど、やっぱり祝ってもらうってことがありがたいのよ。」
「1歳の誕生日なんてのは、来てくれるオトナのためにやるものよ。」
「どーせ覚えちゃいなくても、やっぱりヒトが祝ってくれるのは嬉しいでしょ。」
との他人ごと意見。

そして、どちらからも私がヒトミシラーでヒキコモラー、そしてメンドクサガラーと知ってか知らずか(笑)興味津津のこんな言葉が。

「…で、SATOちゃんは何するの?」

…えぇ~っ?それはプレッシャーですか?!?\(;゚∇゚)/

それはですね…内緒。放っといて下さい。(指図されたがらなーSATO、笑)


と思っていたら義家族の、それも大の苦手『指図したがらー』の兄嫁から、

「じゃ、Babyの誕生日会で会いましょう。Maybe。」
って電話が…。

こら、そこの義家族一党、特に仕切りたがり屋のおなご衆
SATOヒトは、仕切られれば余計無視するぞ、と知っての狼藉か?(笑)

ヒトに無断でヒトの予定決めないようにっっ。
よって、誕生会しませんからっ。しても呼びたくありませんから。(おい)

Banner_01 ←誉めて伸びる子SATOブログランキング参加中。クリックで伸びます(笑)。

今日は半年に一度、一日限定(え?)のおまけ画像付き
。(明日削除予定←削除しました。
が。せっかくなので、久し振りの登場!あのヒト達(?)の写真に替えました。

是非ここはひとつ、ランキングをポチして頂いて続きへどうぞ。↓

続きを読む "もうすぐ一年…" »

初心忘るべからず

ここ最近、ブログに書けること、書けないこと、鬱々と悩みが山積のSATO。

ま、書けない方が多いけど。つーか、書いてないけど。
とは言っても、書いたところで全然解決しないことだけど。

書けることならとっとと書いて憂さでも晴らし、スッキリしたいと思うのも山々。
でも、一つの理由には、最近ブログを書くことが怖いのもあったりして…。

「(# ̄З ̄) …ま、いっか。」

と若い頃はオトコらしく(え?)、ドイツもコイツも即解決(=切り捨て御免)、人生の一つや二つ、やり直してやるわっ!とも思ったけど、この年になっては、しがらみやら脂肪やらで(汗)名実ともに腰が重くて…いいのか悪いのか、切り捨てることすら面倒。(笑)

時間が解決するか?(しねーよ)と、仕事面にまで(これは後日…)山積された問題を遣る瀬無く放置したまま、毎日公私ともに(?)どこか悶々としております。

おまけに4足のワラジの忙しさに感けて、メール不精に磨きも輪もかけまくる今日この頃。ただでさえ友達少ないと言うのに、昨今届くは『えろメール』と『なんぞ買ってメール』ばかり。…ま、自分が何も書けてないんだから、自業自得なんだけど。

こうして自分で友達減らしてるんだろな…と思うことも無きにしも非ず。(反省)

どうせまたえろえろめーるばっかやろな…と思いながらも、帰宅後。
既に習慣となったメールチェックをした先日…。


と、ここからはこないだのことやけど。

南島はクィーンズタウンに住む友人夫婦からのメール。
ほぼ1ヶ月間のホリデーの乗換で、行き帰りとオークランドに滞在するとのこと。

彼らのオークランド滞在期間、行きも帰りもたまたま休み。
厚かましくも行きも帰りも、いそいそと出かけて参りました。
…ええ、どちらも、オッサン置き去り、もちろん私一人で。<(`^´)>

筆不精、メール不精の私なんぞでも、まだ友人でいてくれる(感謝)この夫婦。

最初に知ったのは、ご主人の方。
もう9年?10年前かしら?はじめはメル友でした。
…てか、今もメル友?(←年1回しか送ってないのに…ごめんなさいっ!)

その後、ご結婚されたのを聞いてはいたけど、ナマ奥さん(笑)とは初対面。

だって、本人とも8年振り(!)だもの。
それも、8年もメル友なのに、会うの2度めだけど。

でもね…このメル友さんと知り合ってなかったら…

私のNZ生活は、有り得なかったのだから。(断言)



8年前。2001年8月末。
一つの仕事が終わって、次までひと月、休みを取ろうと考えたSATO。

やんごとなき理由(?)から、遠距離恋愛だった当時の(元)彼に、

「お身体ご自愛くださいっ!」 (←言葉は違うが…) 

と啖呵を切って電話をぶち切り、ムカつきついでに旅行を計画。
計画はしたものの…彼を訪ねるはずだったこの一ヶ月…どうしよ?

ウチにいれば、きっとムカつく。
別れようとしても、絶対電話を待つと思う。いや、かけちゃうかも…
それだったら、家にいない方がいい。一人でどっかに出かけちゃえ。

で、どこに?

あ…。
と思いだしたのが、このメル友さんが住むNZ。
そして休みに出かけた、というアロータウンの美しい写真。

Arrowtown写真はイメージ…てかヨソの写真集の表紙

「…そー言えば南半球にはまだ行ったことない。なんか悔しい。」
(↑負けず嫌い選手権上位確実)

ホントにそんな理由(笑)で、1週間後の9月7日には、機上の人。(事実)

このメル友さんに、
「バックパック背負ってNZ旅行に行きます。何か必要なものありますか?」
って言えば、彼も彼、

「え?そーなの?じゃ、もちろんお金は払うから、S○NYのデジカメ○○買ってきて下さい。…あ、じゃ両替するのも面倒だから、ボクのキャッシュカードをオークランド郵便局留めで送るから、それでお金引きだしながら旅行すれば?クィーンズタウンに着いたら清算しようよ。」

…て。ええぇ~~っ? !!(゚ロ゚屮)屮

片手にデジカメ。
片手に見ず知らずの人のキャッシュカード。(残高はデジカメ以上)
まるで、某番組「走れポストマン」のよう。(見たことないけど。ホントにそーか?)


アタシが逃げたらどうするんだ?

と思ったモノの、当の本人、
「だってアナタ、逃げないでしょ?あ、そうそう。カメラ使っていいからねぇ。」

と、嘘のような本当の話。そら逃げないけどさ。(笑)

そんな訳で、バックパックを背負ってのNZ一人旅が決定。

今や歴史的惨事となった9・11を目にしたのは、旅先の宿。(←過去記事参照)

過去記事にも書いたように、私には一つの人生分岐点である9・11。
あの旅行がなければ、NZに移住は決めなかったのだから。


NZを旅行中に出会った人たち、見かけた景色、雰囲気、そして空気。
初めて足を踏み入れたNZにすっかり一目惚れ…(ただしオークランドを除く)

南島はクィーンズタウンまで辿り着き、初対面の友人にデジカメと預かってきたキャッシュカードを渡した後、クィーンズタウンの町や近郊の素晴らしい景色を案内してくれた友人。

Dsc00181
そのカメラで撮った南島の、8年前のひとこま。(拡大可)

Dsc00038
多くが変わっていく中で、多分今も8年前も変わらない景色の一つ。(こちらも拡大可)

そして、NZに移住したい!と決め、それに向け動き始めた数年後。

何の因果か、日本で南ア出身のオッサンと出会い、
何の因果か、オッサンの罠にはめられ(苦笑)、何故か結婚してしまい、
今やNZに住み(嫌いなはずのオークランドやけど)、ハハになっちまった私。

そして先日、8年振りに『NZの恩人』(?)である友人との再会。

当時と全く変わらない友人の顔(と帽子、笑)、奥さん(※初対面)との話も弾み…

改めて、私はやっぱりNZが好きだ、と自分を見直すいい機会となりました。

昔、オッサンもNZが好きで移民して、
この友人も、世界中を旅してまわった上で、結局NZに移民して、
私も、人生、色んなタイミングがずれた時、フラッと寄ったNZに一目ぼれで移民。

そして、アカゴが生まれ、彼女がNZ人として育っていく国。

これから、ますます変わっていくであろうNZ。
でも、その変化も含め、もっと好きになろう、と思ったと言う次第。

…ま、毒舌SATOのこと。
ブログでは相変わらずの減らず口や軽口叩くに決まってるけど。

まだまだ何一つ片付かず、いろいろ山積みではあるけれど…ま、いっか。
本当に久し振りの楽しい時間を過ごせました。ありがとう。

…がその翌日、旦那と何度目かの史上最悪な喧嘩勃発!と言うのはココだけの話。
ストレス解消のために私が一番排斥すべきは…まさかやっぱりコイツら(ら?)か。(おい)


Banner_01 ←マイペースながらブログランキング参加中。応援ありがとうございます。
8年振りの再会、タイ帰りの友人夫婦とすっかり盛り上がった話は…
「タイのトイレ。ひしゃくは分かる、トイレットペーパーももちろん分かる。が!ホースが備わってる時は、前からなのか、後ろからなのか、どんな体勢でどうお尻を洗えばいいのか?」
私、ひしゃくは経験済み(笑)ですが、ホースは洋服濡らしちゃうと思うんです。タイのヒトはどうしてるのか、と映像で解説してくれないかしら?

遅ればせながら~日本語教室第4回

今朝がたオフィスでふと自分のブログを見てショックを受けたSATO。

…先回の更新から1週間になるだなんて!!(驚)
つーか、1週間自分のブログすらまともに見てないだなんて!!(驚)
そりゃブログどころかメールすら書けないはずです…すみません。

最近、何をしてるのか分からないうちに時間が過ぎてる毎日。
…英語で言えば、Senior Moment。
カッコよく聞こえてしまう(?)けど、要は「アタシ、ボケてきたかしら?」。

時間すら忘れるほど、何がそんなに忙しいのか?と鑑みるに、

仕事行って、慌てて帰宅、アカゴの食事の用意して風呂入れて寝かせて、オトナの食事の用意して、食べ終わったら力尽きて寝て…で、時折夜中のふんぎゃー!で目が覚めて、また朝が来てご飯作って支度して…
そして月曜日は、仕事行って食事作ってお風呂入れて、日本語行って力尽きて…

貧乏暇ナシ、金もナシ。(←てか、だから貧乏と呼ぶんだけど)
いや待て。専業主婦でずっとアカゴと二人っきりで煮詰まってるのとどっちがいいか…と言えば、普通のヒトの母性のかけらほどしか持ち合わせてないオヤヂ系の私には、
慌ただしくてもいい、逞しく育ってほしい。(違)

来世こそは、絶対オトコで生まれてきてやるんだから。


ところで。ワタクシ事ですが、先週末、ホントひっさしぶりの連休でしたの。

市役所、ウチの課は、相変わらずのシフト制休日。5月に復帰してからと言うモノ、連休は自分が風邪引いてくたばってるか、くたばった風邪引きアカゴの世話をしてるか、ばかりで、あとは1日ずつの休みばかりだったので、久し振りの休日が嬉しくて嬉しくて…。一日は友人夫婦と自分一人だけ出かけたものの、まだサザエさん症候群まで(笑)時間があるわ、何をしようかしら?

とワクワクしかけた先週末は土曜の夜。

訳あって、オッサンと類稀なる大喧嘩になりましてね。ほ…ほほ…\(*`∧´)/

ブログの更新どころじゃございませんでしたのよ。
…ったくやる気満々だったのに。(何を?)


そんなこんなで儚く散った私の連休。
今月中は何の因果か、この先しばらくまた一日ずつしか休みナス。(u_u。)


ま、忙しいとか慌ただしいと言っても、溜まった憂さは好きなことで晴らしたい!

好きなことと言えば、疲れてはいてもホワイトボードの前では、スキップ気分(?)の日本語教室。気持ちだけは(笑)イソイソと出かけて行きました。

憂さ晴らしに使われてる、と知らずに(おい)来てくれた学習者、今回は4人。

珍しくこの日の一番乗りは、いつも遅れてくるAくん。

これは、こたつ猫さんのミッション(第一回参照)をこなせと言うことね?(笑)

ね、Aくん。ちょっと聞きたいんだけど…。
前、日本人の彼女がいるって言ってたじゃん?

「うん、まだ続いてるよ。あれから一緒に日本にも行ってきたし。」

予想外の返事。てか一緒にですとっ?!(゚ロ゚屮)屮
…ちょいと、こたつ猫さん聞いたっ?

「やっぱさ~、日本語喋れるようになるには、日本に住むのが一番かな?」

…いや、そうとは思わんぞ。
ヒトによっては、その言葉の彼女(or彼)がいるのが一番、とか、住めば話せる、とか言うけどね。彼女がいてもキミしゃb…(モゴモゴ)それに、よく考えて御覧。初級クラスでキミも知ってるウチのオッサンは、日本に1年半住んで、おまけにヨメが日本人。それどころか、ヨメは日本語教師であるにも関わらず、あれだぜ?ε-( ̄ヘ ̄)┌  NZに住んでる外国人は、みんな英語喋れるか?

ま、要は、自分の努力次第、ってことだ。<(`^´)> 


などと話をしてる内に、先週休みだったヤングカポー、M君とJちゃん登場。

キミら、先週来なかったから時間の数え方とか他の数詞とかも進んじゃったよ?

「先週、オレ仕事だったんだ。大丈夫。ほら、ひらがなは勉強したもん。」

これも別の意味で予想外!!(゚ロ゚屮)屮
お調子者のMくんから、そんな優等生なお返事が来るなんて…。

きっとJちゃんアタクシの教育の賜物に違いない。(違います)

そして年長者のR氏が現れたところで、早速開始。


残ったひらがなをダッシュで終わらせ、この日こそ会話を進めねばっ。

時間の読み方を復習した後で、取りかかったのは、

 ビールが すきです。

 ビールはすきですか。

 はい、すきです。/いいえ、あまりすきじゃありません。


一応、シチュエーションは初対面からのお近づき、という設定なので、

 すきですか。

と聞かれて、

 NO。

だけでは答えないように。

と、とりあえず当たり障りのない言い方を教えるのが初級クラス。

「え~、でも嫌なもんは嫌じゃん。NOじゃいけないの?あまりすきじゃ…て文章長くて覚えられないし。(ココ肝心)」

…やっぱな。行けないとは言いませんが、友達は増えません私のように。

手元に用意してあるのは、スポーツ各種の写真。
さて、声に出して練習してみようっ。


ほい、Rさん。すもうはすきですか?

「あ~…Yes、じゃダメなんだよな。え~っと…はい、すきです。」

ラグビーはすきですか?

「はい、すきです。」

くりけっとはすきですか?

「はい、すきです。」

…故意にお返事『はい』だけ選んでないよな?(笑)

Mくん、ラグビーはすきですか?

「NO。」

だからぁ~…

「だって嫌いだもん。」

あ、っそ。 じゃ、くりけtt…

「はい、すきですっっ!!」

テニスはすきですか?

「NO。」

すもうはすk…

「NO。」

キミはやる気あるのか?щ(゚Д゚щ)

「あ~、SATOさん。クリケットわぁすきでs…。」

NO。( ̄ー ̄)ニヤリ

「あ~、ダメじゃんそんな返事したら~。」

うるさい、さっきのお返しじゃっっ。嫌いなもんは嫌いなんじゃ!

Aくん、ラグビーはすきですか?

「…こないだの土曜日、オールブラックスぼろ負けしなかったら好き…。」

て、そこかいっ!

Banner_01 ←細々と毎日こっそりブログランキング参加中。いつも応援ありがとう。

来週の予定はこの日少しだけ端折って説明だけした、例の(?)「あります」「います」。そして、地図を広げて道を聞く、というステップに進む予定。分かりましたね、それではこれを読んでる皆さんは、ちゃんと予習してくるように~。(え?)

個室だからできること

↑こんなタイトルで、変なこと想像したオトナはいませんか?(笑)


先日の日本語教室、数詞の話でふと思い出したんですけどね。

♪伊東にゆくならハトヤ 電話はよいふろ~(4126)♪(←全国区のCM?)
とか、

いい国作ろう(1192)鎌倉幕府
とか、

日本語では電話番号はもちろんのこと、歴史も原子記号も九九も、各種ある数字の読み方のごろ合わせで、あーだのこーだの、と当てはめながら覚えますよね。

ちなみに、NZで作った私のカード暗証番号も、こんな日本語の語呂合わせ。
よって、余程のことがない限りNZじゃ悪用されることはないであろう、と断言。

じゃ、西洋のCM、看板はどう電話番号を表記するか。

携帯メールが普及した今、答えは簡単。

ほら、携帯ってキーの横にちっちゃなアルファベット書いてありますよね?
あれを利用するざんす。

例えば…

『SATO Japanese Class Ph: 0800 SATOJP (728657)』
※もちろん架空。かけてもWendyに苦情はできません。(笑)

と、メール打つようなキーを押す回数は関係なく、キーのある位置がその数字。

年号に関してはどう覚えるかは知らないけど、掛け算は全て、
One times one equal one, one times two equal two…と長い長い。


さて、長い前置きはさておき、ここからが本題。

NZ、ショッピングモールで用を足そうと個室(笑)に入ると、目の前にあるのは
Dsc02330 ←こんなヤツ。
※薄暗いのはトイレの中だから。用をたす前(ここ重要、笑)に撮ってみました。

よく安っぽい(失礼)雑誌の裏表紙、若しくは後ろ辺りにある、いかにも合成写真じゃね?って感じのBefore, After付きダイエット広告。

特にコレ、あちこちでよく見かけるんですが、前から気になってたんです。
あ、産後太り解消のため、ってんじゃなくてね。ホントよ。\(;゚∇゚)/

トイレの個室、それもこっそり一人でしか見ない辺りにこそーりダイエット広告…
なんつー素晴らしいアイデア。

確かにヒトに見られたくないだろよ、こんな広告を凝視してる姿は。
あ…私は別の理由で凝視してましたが。(笑)

男性トイレは見たことないけど(当然)、女性トイレにはダイエットが目立つ。
変な数珠とか幸運を呼ぶ風水財布(笑)も、NZで売ってたらここに貼るかも?


…で、気になってたのはその電話番号。(※かけませんてば。笑)

Dsc02329 ほら?変じゃね?

0800、ってのはNZのフリーダイヤルなんですが、その後が…むむ?

0800 S・I・L・H・O・U・E・T・T・E アルファベット10個。
0800 7・4・5・4・6・8…6桁

後の4つはどうした?どこ行った?

と、前から気になってたので、とうとうこの日写真に撮った、という次第。

あ…別にこの胡散臭い広告(失礼)の回しモンではありません。

Banner_01 ←ポイント急降下でもブログランキング参加中。よい週末を~。

ネタにするためだけに(あくまでも)これを写真に撮り、携帯ボタンを目の前にし、初めてこの疑問が解決。これは、ただ純粋に前からの「SILHOU」分だけ6ケタ押せばいい、ってことらしい…それじゃ余った『ETTE』の立場は?!(笑)

来た!逃げた!待った~!

無くしたデジカメのバッテリーチャージャーが届いた時。

「中身が分かり切ってる包みを開けるのが、こんなに詰まらないなんて…。」

と、ブログに記したあの日。

あれからすぐ。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 箱キタ~!!

ワクワクワクワク。

Dsc02357 キャー♡

忙しさにかまけて、コメ返しもロクスッポ(方言?)できてないSATO。

ブログも出不精ではあるものの、実は時間があれば、ごくごく限られた範囲にこそーりお邪魔して、こそーり読み逃げしてる毎日。(失礼)

いつもコメント頂くrikushiさんちをいつものように読み逃げ(こら)したら、たまたま厚かましくも10万の切り番を踏んでしまった踏ませて頂いたSATO。

…こんな読み逃げ常習の私が踏んじゃってすみません。(恥)

とお詫びをしたけど、そこは太っ腹rikushiさん。
そんな訳で、愛知県民の必需品(なのか?)赤みそをはじめ、隣県のうなぎパイ、そしてアカゴ用品ももろもろ詰まったお楽しみ袋?箱?がデン!と届いたのでした。

送ってくださった詰め合わせの中に、KIWI KIDSの必需品はけーん。

Dsc02359 ♡♡
可愛いうさぎちゃんの長靴 ガンブーツ!(←KIWI語)

いくら巨大な我が子でも、さすがに17センチはまだ余裕♪

…つーか、まだ歩けないけど。
歩きそうにもないけど。

Dsc02360 …ほら。

(たらふく飲み食い(笑)し、風呂に入った後、黄色い犬のぬいぐるみSPOTを犬質に、パジャマのまま風邪薬から逃亡中の犯人…つーか、ぬいぐるみで床拭くな)

 SPOT君はまさにこの犬。

アカゴのお気に入りの一つが、この犬のぬいぐるみ。絵本もあるほど。
部屋のどこかで見つけては、「ばば!ばば!」と大騒ぎ。
これは、「ワンワン」なのか、「バウバウ」なのかは不明ですが。(笑)

初代SPOTはスーパーで無くして、これは一回り大きめの2代目。
これを持ってると、子供よりもKIWIのオトナの多くが、
「おっ?それはSPOTじゃないのか?」
と反応するのがちとおかし。(笑)

ところ変われば、日本名『コロちゃん』なのか。

…と、こら!犯人待て~っ。待たんか!

キミは既に包囲されているのだよ。
犬質(?)をすぐに開放し、寝る時間だ。
3つ数えるから、早く諦めてこっちへ来るがいい。

…もう一度だけ言う。よく聞け。
今から3つ数える内に、犬質(?)を開放し、こっちへ来い。
髪を乾かして、医者にもらった薬を飲んで、さっさと寝る準備をするんだ。

い~ち。

にぃ~。

さ…。
Dsc02361…オフのひぐち君ったら、髪ぼっさー。

…しかし、この手に負えない髪、何とかならないですか?(涙)
直毛SATOにはどーすりゃいいのか想像もつきません。

よって、くせ毛の皆さまからの名案、お待ちしてます。(笑)

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。が!ポイント絶賛急降下中…。(涙)

最近、アカゴの逃げ足ハイハイがとても早くなりました。つかまり立ちして踊りながら(笑)テーブルの物を引き摺り降ろしはするものの(涙)、今のところまだ歩く気配はナス…。一般に、小ぶりのコの方が動きは早いですが…ウチの巨大児、まさかあと何年もハイハイ、ってことはないわよね?(汗)

迷い道クネクネ~日本語教室第3回

…たった1日の休み、と言うモノは、寝て起きてドタバタしてるうちに、ハイ終了。

朝から雨の今日、朝起きてアカゴ送り出した後何してたかってーと…

 懐かしのこんなモン見てたんですけどね。(照)

いや~、トレンドドラマの超名作。
ふとゲットしたのでボケーっと見てました。いや、眺めてた…が正しいか。

出演の山口智子、竹野内豊、りょう、稲森いずみ、などなど、メインキャストはほぼ元モデル揃いのこのドラマ。どの顔もめっちゃ小さいなぁ、足長いよなぁ、細いよなぁ…とシミジミ見惚れてました…特にもうひとりの主演者、誰かさんと比べると(ボソ)

で、アカゴを託児所に迎えに行き、買い物行きあれこれしたら、ほらもう夜。
結局いつものように、NZの深夜にブログ更新、となる訳ですよ、休みですのに。

…dame母SATO、たった1日の限られた時間もこんなザマ。
こうやって人生無駄に送るんだな、と実感。
…待てよ?これぢゃ今までが無駄な人生じゃ無かったのか、って言う書き方だな。トンとここまで人並み以上に無駄だらけだと思われる人生でしたのに。(きっぱり)



ま、そんな私ではありますが、これだけは限られた時間を思う存分使いたい、と張り切るのは…日本語授業中の間のみ。(おい)ほら、たった7週間×2時間に、ゼロからいろいろと詰め込まなきゃいけませんからね。これも一種のエンターテインメント。(え?)

で、昨日。行ってきました、3回目。
いつもの6人…と言いたいところですが、橋向こうからやってくるはずのヤングカポー、お調子者のM君とJちゃんはお休み。

他の学習者、my友人の紹介Rさん、何度習っても覚えてないウチのオッサン並み(失礼)なAくん、そしてかぽーのAさんとGさんの計4人が出席でした。…ほっ、連休で先週飛ばしたので心配でしたのよ。

…最初7人だったはずだけど、初回から来ないヒトが一人、結局来てないまま。
Wendy曰く、「金は貰ってるから、来ても来なくても結構。全然おっけ。」
…てホントか?普通、フォローとか確認とかするんじゃないのか?


さて、では早速始めましょう!!
とは言ってもSATOの授業、横道それまくり。
それては戻り、それては戻り、結局毎回♪迷い道く~ねくね~♪(笑)

昨日の最大の横道迷い道は、ひらがな教えてる最中のこと。

な行とは行の練習でした。特には行の真っ最中のこと。
よく、既習のかなで書ける単語を示すんですけどね…

「今まで習った中で書けるのは…下らん例えですが『へそ』、これ読めますか?」

「HESO?」

「そう、へそ。読めましたね。これはberry buttonのことです。」

「HESO?HESO?berry button??」

知らないヒト達に、「あんパンにはヘソがある」って言ってもしょうがないし…。

「ま、言いまわしとして中心部にあるモノを指すこともあります、『ミカンのへそ』とかね…。『日本のヘソはどこだ?』なんて以前やってたのを覚えてます。…ま、大したことないですから覚えなくてもいいですよ。あくまでも、かなを読めればおっけ。」
と言ってるにもかかわらず、HESOがツボだったのか、Rさんが反応。

「じゃ、HESO=センター、中心、と覚えればいいのか?」
…いや、だからさ。(汗)
彼は、疑問ははっきりさせないと気が済まなさそう。←なの?うらんちゃん?

「HESO、ってのはじゃ、一体何のどの部分を示すと考えるべきなのか?」
と、最終的にはみんなワイワイガヤガヤ、すっかりクラスは脱線中…(滝汗)

あのさ、聞いてた??別に覚えなくてもいいってば。

「じゃ、中心部はHESOなのか?オークランドはHESO?」
…て、まだ言うか?

「あのね…日本語全然話せないのに、『ヘソで~す!!』ってヘソだけ知ってても、あまり賢くなさそう(失礼)なので、別にこれを理解しよう、と思わなくてもいいですってば。あくまでも物の例えとして、中心部の突起やくぼみを指す、ってことですがな。」

『オパーイ』『オシリ~』なんてのだけはすぐに覚えるガイジン(←敢えて書きますが、変な言葉だけ覚えるニホンジンも真なり)じゃないんですから、記憶に費やすなら他のことにしてください。
…会話はあれほど(!)一切覚えられないのに、宮本武蔵が『お茶漬け』食べてたのは知ってるウチのオッサン(←超初期の記事)も然り。(呆)


ところで、以前から教室の様子をご覧頂いてる方は既にお気づきかと思いますが、大体2~3回目辺りってのはほれ、数詞がゾロゾロと出てくる頃なんですよ。

いち、に、さん、し、ご…はもちろんのこと、

じゅう、にじゅう、さんじゅう、よんじゅう…
ひゃく、にひゃく、さんびゃく、よんひゃく…
せん、にせん、さんぜん、よんせん…
いちまん、にまん、さんまん、よんまん…

この辺りで、
「どうして『マン』にだけ『イチ』がつくの?」
とか、
「なんで『サンビャク』『ロッピャク」『ハッピャク』(←他も同様)と変わるの?」
「どういう決まりで変化するの?」
「発音の決まりを覚えるのと、言われた数字をそのまま覚えるのはどちらが楽?」
などと言う不届き野郎(笑)も出てきます。
…んなこと聞くのは、毎度も同じ質問をするAくんと、ウチのオッサンですが。

この辺りで、気分転換にロールプレイを導入。

設定はいつもの○クドナルド、順番に注文したり、お金の計算したり。
「はんばがをひとっつ、とぉ~、こひ を みつ おねがいしま~す。」
「…あん?それだといくらになるんだ?誰か計算機出してよ。」
「まずは英語で計算して…で、日本語だと?忘れちゃったよ。」
と、和気あいあい。いい年して(自分もな、SATO)楽しそうだし。

それでも次々に出てくる数詞。
ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ…
いちまい、にまい、さんまい、よんまい…
いちじ、にじ、さんじ、よじ…
ごふん、じゅうごふん、にじゅうごふん、さんじゅうごふん…
じゅっぷん、にじゅっぷん、さんじゅっぷん…

なんてやってるだけで、すっかり学習者は意気消沈。(笑)

「日本語には、数え方だけを著した辞書があるのだよ。」
と言っても、いつも信じてもらえません。

←ほらね、あるでしょ。

「これはごく一部の、特に頻出だけをピックアップしてます。嫌でも学習必須の項目なのよっっ。」
と繰り返してみるモノの、ほとんどが数字のみ、若しくは数字+th、などで時間も金額も数も終わってしまう英語圏には想像がつかないらしいですが、どうやら中国・韓国の学習者にはごく当たり前。(らしい)


「面倒なのは分かってるのよ。でもね、でもね…これをやらないと先に進めないの。会話文の練習をするにも、時間も日にちもお金も分からないと、ほら日本語でせっかく会話を覚えても、数字がダメなら買い物も待ち合わせも出来ないでしょ?」

…(渋々うなづく)

「だから…あと一息、あと一息頑張ったら、どんどん会話練習するから。」

「そうなるといいけど。」 ボソ…(本音だな?)

…そらそうだよね。頑張るよ。
でもね、SATO方向音痴、迷い道の先が行き止まり、ってのもありだから。(汗)


さてさて、来週はどうなることやら…。

ここで突然ですが、本日の誓い。

 今後、HESOは例えに使いません。(笑)

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。クリックでポイントもSATOも元気100倍。
天下無敵の鬼嫁、新米&高齢dame母、市役所パートになんちゃって日本語教師とワラジ4足ライフ…ああ託児所ばんざい(おい)。
しかしSATO、貧乏暇ナシ金もナシ。♪休みは~どっちだぁ~?♪(涙)

冬の休日診療所にてふと思う。

今年は極寒、いや激寒のオークランド。

通年オークランドの冬と言えば、停電に怯える嵐の日々はあっても、寒さで震え上がることはまず無く、霜が降りるだなんてことも、年に1~2回あるかどうかじゃね?と思っていたのに、霜どころか、連日氷点下の日が続いた今週のオークランド。

…ああ、昨夜は暖かかった、と思ったら7℃。
先々週に比べれば、全然暖かくないじゃん。

予報によれば、明日から何となく気温が+に戻りそうだな、と思ったら…

キタ━━━━(゚∀゚;)━━━━!! 雨だって。
珍しくも何ともありゃしない。

…どうか停電にだけはなりませんように。(願)


私が住んでた濃尾平野でも当然、冬には氷点下の日はあり。
たまには雪だって降る。あくまでもたまに、だけど。

が!我が家@オークランドのとある地区。
絶対一酸化炭素中毒にならない自信だけはある、隙間風だらけのこの我が家。吹き抜ける風が零下ともなると、中だか外だか分からんくらい寒い。(笑)
一体何をどうすればいいのやら…。

せめて、風邪を引いたら一番面倒で高額(?)、且つ鬱陶しい(dame母)アカゴだけは暖かくしてやろう、と、部屋にオイルヒーターを焚き、乾燥防止に湿ったバスタオルを引っ掛け、寝返りゴロゴロのアカゴでも布団肌蹴ないように、とブランケットでアカゴ巻き(?)にし、準備万端…バッチ来い!

の結果、また医者に行ったんですけどね、先日。
ええ、またですよ、ったく…。

ま、その後は咳が少しと鼻垂らしてるだけで、こないだに比べれば元気元気。
モリモリ食べ、モリモリ遊び、モリモリうn…(自粛)モリモリ喋って(笑)ました。


…ほっ。



ところで。

こんな調子で、自分だったりアカゴだったり、と診療所通いが続いた(←過去形か?進行形じゃないのか?)4~6月。

特に休日診療所は、普通の診療所と異なり予約の必要がないので、有難い。
と思うのは私だけではないようで、本当に次から次へと入れ替わり立ち替わり、患者が入ってきます。(自分ら含む)

で、暇にまかせて患者観察をしてて(笑)気がついたのですが、
診療所に入ってくるヒトに、ケガ人がやたらめったら目についてね、奥さん。

ちなみにNZには、NZ人、移民(否永住権保持者含む)だけでなく、外国人旅行者だろが誰だろが、シモジモ ヒトビト全てを対象にしたACC(The Accident Compensation Corporation)という事故補償制度があります。これ、国内での怪我・事故に関する治療、リハビリ等の費用を、国が保障する、というもの。(詳細は前述のリンク参照) 但し、あくまでも事故・怪我のみですが。

で、ボケ~っと見てたんですが、ケガ人、大して痛そうじゃないの。
どこか怪我慣れしてる、ってか、懲りてない、つーかなんつーか。両脇抱えられたり、タオルでグルグル巻きになってたり、足引き摺ってたり、と、アタシだったら痛さで顔を歪めて大騒ぎしてるかもな、なんて状態なのに、普通に雑談したり、笑ったり…。

ウチのアホおやぢ、空手歴25年。
打たれまくりの骨折りまくりで、引退を決意してしばし。(らしい)
コイツも、どうやら痛み慣れ、怪我慣れしてるのか、多少指切ったり火傷したくらいじゃウンともスンとも言いません。どこぞの神経も麻痺してるんじゃないか、と思うくらい。(←ただし、たかが風邪引いただけでもうるさい。病気には滅法弱いバカ)

ソレ同様、見てる範囲には…次々担がれてくるケガ人は男連中ばかり。
そんなに事故ってあるものなのか?

と、ふと考えてみる。
考えてみ…

…あ。

冬場、週末の風物詩(笑)と言えば、アレしかないっっ!!



ここで、私なりの結論。

冬場、週末の風物詩、と言えば、NZの国技のあれですがな、そうラグビー。
そしてラグビーと言えば、泣く子も黙る(のか?)あのオールブラックス

きっと彼らも国民同様、ACCのおかげで(?)世界に名高く強くなったのかしら、とふと思った今日この頃。

…ん?と言うことは、彼らは偉大なる血税泥棒?(違います)

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。今日もクリック応援ありがとうございます。
あって安心、ACC、と一瞬思うんですよ。でもね、生活してふと思うのは、結構温厚そうなKIWIたちが、車・自転車共々ふとハンドルを握ると大変身、無責任な車間距離、且つメチャクチャ荒っぽい運転(当社比)なのは、自賠責がないからじゃね?と、私なりに疑問に思っちゃうんです。ほら、引いても引かれても(?!)ACCが全てカバーしてくれる訳だから…。
奥さん、NZじゃ引かれ損(?)ですから、お互い気を付けませう。

フルキヲタズネテ…。

突然ですが、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

デジカメのチャージャー、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

祝日前31日に頼んだばかりなのに、何と!祝日明けの昨日の夜届きましたっ。
大体、祝日明け早々に発送してくれた、ってのも驚きの上、夜7時半に配達してくれる人がいた、ってことも驚き。
たった一日で届くなんて!?だって、NZですのよ?(おい)

…自分で走れば30分で着く距離なんですけどね。でも配達のみだったので。

そんなこんなで届いたチャージャーですが…
もちろん有難いです、今まで電池切れのままでしたから。
でもね、でもね…

普通、届いた包みを開けて、何かな何かな?と思う瞬間が楽しいと言うのに、ああ、包みを開けるのがこんなにツマラナカッタことは、未だかつてありゃしないったらない。だって、中身はついこの間までこのPCの横に鎮座してはずのモノ。それも形が違うならともかく、全く同じモノが届いた日にゃ…ちぇっですよ、ちぇっ。(自業自得)

今後、ゴミ箱は机の下から出さぬよう注意します…オッサンを。(鬼嫁)



ところで。今朝はめっきりどっかり寒かったオークランド。

どうやらNZ全土が底冷えのここ数日ですが、年に数回あるかないかの霜まで降りてた今朝。底抜けにいい天気にも関わらず、空気が冷たかった一日。風がなかっただけマシとしても、日陰に入るとブルッ!さぶっ!

明日もどうやら同じような天気、今晩は最低気温2℃らしい。朝霧かもね…

いっそのこと、雪でも降ってくれないかしら?
(※歴史上、最後にオークランドで雪が観測?されたのは1939年7月)

嵐でこそないものの、先日同様これまた底冷えのする『某市役所すぐやる課』オフィスに、フラッと夕方入ってらっさった一人の女性とその息子。

息子はオフィスに入ってくるなり、母上とは別のその辺の椅子を陣取り、キョウビの若者らしく、携帯電話にかかりっきり。

で、このお母さま。

ツカツカと私のデスクにやってきたかと思ったら、一言。

「アタクシの母はね、あのAlisonざますけど。」

…『あのアリソン』さん?

…(沈黙。一応笑顔だけは取り繕ってみる)

…と申しますと……?

(確か、アリソンってボランティアにいたよな…超苦手だけど)

「『あのアリソン』ざますよ?アナタ、ご存じなくて?!」

…………あ…ああ、あのアリソンね。(ウソつきSATO)

と言うかお母さま、デスクに顔を連ねてるスタッフは全て白人ばかりなのに、よりによって、たった一人ぼけーっっ、としてそうな(してる)アジア人顔捉まえて、『ご存じなくて』も何も…新種の嫌がらせかしら?それとも覆面調査なのか?

ね、奥さん?

あのきなこさん!をうろたえさせたインタビューのように、せめて事前にお題を頂ければ、アタクシだってそれなりに(ここ重要)調べはするものの、なんせ『すぐやる課』は100%出たとこ勝負。

ま、それ以前に今回は、勝負にすらなってないけれど。

よって、ご存じないものはしょうがないもん。ε-( ̄ヘ ̄)┌ (諦)

「あの、Alison Clockのアリソンですのよ。久し振りにここに来たので、母の歴史をひも解いてみようと思いついたざます。で、そこの本屋に行ったら、キャサリン(仮名)ってヒトにここへ行けばいい、と言われてきたざます。」

キャサリン(仮名、弊課ボランティアスタッフ)め、余計なことを振りやがって…。
アタシが担当しちゃった、と知っての狼藉なのか。

しかし問題は、ってーと、そのありそん・くろっくてのは名前?時計?何なの?

と、急遽『すっとぼける課』(ウマい!)と思ったけれど、それもマズイよな、と、とりあえずその辺にあった歴史っぽい(おい)本をテキトーに手渡し、

「これに探してるモノが載ってればいいけれど…。ちょっと読んで待ってて。今電話中だけど、ボスに聞けばきっといろいろ詳しく知ってるはずだから。」
と、逃げて(おい)振ってみた。

幸いちょいとその辺の棚から差し出した本は、それなりに正しかったようで、

「あら、これがウチのおじい様の写真だわ。」
「へぇ、超クール!」
「これは、ウチのおばあさまのいちご畑の写真だわ。」
「ふーん、すげーじゃん。」

…と返事だけ聞けば、息子は一体興味があるんだか無いんだか。┐(´-`)┌

一件切ってまた電話をしようとしてるボスをとっ捕まえ、

「アリソンなんちゃら…くろっく、って知ってる?」

と、こわごわ(笑)聞いてみた。


で、ここからがボスの模範解答。(笑)

「アタクシ、あのアリソンの娘ざます。」

「Are you? WOW, How fantastic!!」

「で、そこにいるのが我が息子、アリソンの孫に当たるざます。」

「amazing!」 ←ホントか?

「母のことを調べようと、ここに来たざます。」

「What a beautiful story!Sure, We could help you. でもね、○○協会の△△さんに聞くのが一番ですよ。ほれ、電話番号をメモして差し上げて。」

…あ、アタクシざますか?は・・ははい。メモざますね。

つーか、ボス。ヨソに丸投げですか?

4513a_sm ←これが件のアリソンクロック。

フェリーを降りたところで、今も昔もシモジモ(笑)を迎えるシンボルタワー。
古そうなものだとは思ってたけれど、そんな歴史があるだなんて。(棒読み)

生まれた三重県から引っ越し、私が住んでた愛知県濃尾平野の某地区は、

「三世代住んでこそ、地元民と呼べるのじゃ。」
などと、ク○うるさい長老が幅きかせてるとかきかせてないとか、の○ソ古臭い地域だったので、

「三世代だと?んなもん1世紀じゃねーかよっっ。誰がこんなとこに1世紀も住むか、っつーのっ!こっちから願い下げだ、ボケっ。」

と飛び出し、♪は~るばるぅ 来たぜ ぬーじぃ~♪

…が。

9000キロ離れた国までやってきても、結局大差ないのか、と思う昨今。
ましてや話は19世紀から始まり…1世紀じゃ足りないじゃん。(汗)

おまけにここ、町を歩けばほぼ知り合いに出会う、と言っても過言ではなく、
「ね、どうしていつもお宅は旦那が赤ちゃんと一緒にいるわけ?」
と、見知らぬヒト(!)から声をかけられたりするこの辺り。(怖)

いらん世話です。(きっぱり)

その上、歴史やらその息子やら娘やらまで全部知らなきゃいけないなんてっ?

今日の迷言。

「古きを尋ねられて、やっぱり古きと知る。」 (意味不明)

…だんだん市役所辞めたくなってきちゃった今日この頃…il||li _| ̄|○ il||li

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。今日もクリック応援ありがとうございます。
NZの歴史なんて、日本のに比べると、あっとゆー間に終わってしまうくらいほどなんですが、如何せんカタカナに弱いSATO。(苦笑) 特に英語名は、直接会ったなら100発95中くらい覚えられるんですが、本やらテレビやらに出てくるヒト、ハリウッドスターですら覚えられない上に、英語って読むの面倒…。全く見込みナス。まさか、これで首にされたりしないよな?(汗)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

いつも応援ありがとう!

  • ブログランキング参加中
    人気ブログランキングへ

twitter

メール送信

  • メールはこちらから↓

いつも訪問ありがとう!

オークランドの天気

最近のトラックバック

世界中からありがとう!

Amazon

  • 海外からじゃ買えないの?
無料ブログはココログ