« 嵐を呼ぶアカゴ~後篇 | トップページ | シズカナゴハン »

アイノカタチ

今日は珍しく、読書感想文(違)なんぞを…。

サイドバーに貼り付けてあるこの本。
ずいぶん前に、昔の同僚(今でも友人)が貸してくれた本。



「ウチの彼がさぁ~、『この本を読めば僕の愛が理解できるだろう。』とか何とか言ってくれたんだけど…読む?」
と、そんな重たい(失礼)愛を、私に至極気軽に貸してくれた友人。
…会ったことないけど、聞くところでは酷く重たそうな彼だったなぁ。(より失礼)

※世界的ベストセラーの『朗読者』。著者は、ベルンハルト・シュリンク(独)。
本の見返しにある著者の写真のみ、ウチの重たい愛情(苦笑)のオッサンに似てなくもない…。


ドイツについては全くの無知なので(←ドイツだけかよ?)、一読しただけでは消化不良のような感覚になったおバカSATO。何度も何度も読み返し、フィクションの内容よりも、時代背景にあるノンフィクション部分の重さを知る始末。

前半だけを読んで、その会ったこともない友人の重たい彼のことを想像し(笑)、後半になかなか進む気にならなかったのだけど、読んでみると…
ネタばれにならないように言えば、前半からは全く後半が予想できない。
後半を読み始めると、何となく結末は想像できるのだけど…。(偉そうに)

え?
ええ??
そんな…?!

となった。(小学生でももっとマシなこと書くぞ)

 本は返したものの、また読んでみたくなり、ちょうどNZに来る頃だったか、何度目かの帰国の頃だったかに文庫化されてた物を購入。

ページの端が擦り切れるほど読んだ。
いや、実際読み過ぎて、見返しがちぎれそうなくらい擦り切れてる。
何度も何度も読んだ。
読めば読むほど、自分の無知を再確認、悩む。考える。

では感想は、と言われると…

「…いろいろ考えてしまう。」
「自分ならどうしただろう…。」

「何か本貸して~。」
と言われたら、
「超重たいけど読む?」
と、友人たちにも重たい愛情の(笑)おすそ分けをした。

私にこれを手渡された友人たちも、
「何か、悩んじゃうねぇ…。」
「切ないねぇ…。」
「考えちゃうねぇ…。」

もちろん中には、
「重たいのは嫌っ。(きっぱり)」
って人もいたけれど。

ハッピーエンドな軽いラブストーリーでは間違ってもないけど、愛の形は様々。
ってことで、気になる方にはお勧めの1冊。映画を観る前に、ってのもぐー。
近所にお住まいで、一度読みたい方はこちらまで。
日本の方は本屋まで。(おい)

←短編集のこちらもナカナカ。

しかし、このたび映画化されたの…知らなかったんですけどね。(恥)
アカゴに追いまわされる日々で、仙人化世間に疎くなっている間に、
この映画、祝・今年のアカデミー主演女優賞受賞。(無知ですみません…)

NZでは4月9日から公開らしい。
日本では『愛を読む人』(←公式HP)として6月上映決定ですってよ、奥さん。

せっかく、これから身分不相応のクソ高い金(事実)払って、託児所にアカゴ預けることだし、久し振りに一人で(ここ重要)映画でも観てこようかなぁ…
これから身を粉にしてしまう前に。(涙)
※公立の託児所、ってヤツはなくてねぇ…申し込んでから色んな事実が続々判明した訳です。
つーか、その前に気付けよなアタシ!否 オッサン!!


ちなみに…。
NZで配布されてる日本語の月刊フリーペーパーの映画紹介欄。

見出しにはでかでかと、

「スパイの男女が対抗するコミカル劇」

とありましたけど?それも太字で…。

これのどこがコミカル劇やねん?!(#`皿´)
思わず、本の「朗読者」とは違う内容なのね…とマジで思ったわよ。
…Gek○an ○Zさん(←伏字?)、頼みますよ。(苦笑)

Banner_01 ←今日もブログランキング参加中。いつもクリックありがとうございます。
当初は、ニコール・キッドマンの予定が、妊娠で降板。ケイト・ウィンスレットに代わったとか…。個人的感想を述べれば、原作の骨太な年増女(おい)のイメージからすると、美しすぎるニコールじゃなくてケイト・ウィンスレットで正解かも…きっとオスカー選考者もそう思ったかも。(おい)

« 嵐を呼ぶアカゴ~後篇 | トップページ | シズカナゴハン »

コメント

お、姉さん、ケイトは嫌いすか??
アタシはけっこーすきだけどなぁ~。
たしかに骨太だけどね~。

NZのフリーペーパーはさ、
「MR.&MRS.Smith」と間違えたんじゃない??

>rikushiさま、
>お、姉さん、ケイトは嫌いすか??
嫌いとかじゃなくてさ…いいのよ、ケイトで。
だって映画の予告みたら、原作のごつい(?)イメージ通りだな、
と思ったわけですの…(これでも誉めてる、笑)

ちょっと前から気になってたんです、この本。(*^-^)
SATOさんのお勧めならば購入決定です!
私も重たい愛のおすそ分けいただいてみるとします。

映画館でゆっくりできるといいですね。
4月ももう後半に・・・なんて言ったら叱られちゃいますかね。
不謹慎ですみません。


子持ちの友人がよく嘆くんですわ
「最近は映画というとドラかアンパンかコナンだわ」
子供映画もいいけど大人は大人映画をじっくり鑑賞する
時間もあるといいですよね
べびちゃんを預けて映画堪能できますように

あり?名前が消えてる
↑の投稿は自分です、すんません

>rikushiさま、
>NZのフリーペーパーはさ、
>「MR.&MRS.Smith」と間違えたんじゃない??
…古っ。(笑)
いくらぬーじーでも「MR.&MRS.Smith」を今頃公開…?
無きにしも非ず。(笑)

>Mamiさま、
>ちょっと前から気になってたんです、この本。(*^-^)
重たいですよ~。(笑)

>4月ももう後半に・・・なんて言ったら叱られちゃいますかね。
>不謹慎ですみません。
いえいえ、仕事行くこと自体は楽しみなんですよ~。
ただ…英語話せるか?が不安…(え?)

>mikeさま、
>「最近は映画というとドラかアンパンかコナンだわ」
コナンだったら観たいかも…ヒトのお金なら。(おい)

今後、時間は出来るのですが、先立つものが…(涙)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1184175/29174433

この記事へのトラックバック一覧です: アイノカタチ:

« 嵐を呼ぶアカゴ~後篇 | トップページ | シズカナゴハン »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

いつも応援ありがとう!

  • ブログランキング参加中
    人気ブログランキングへ

twitter

メール送信

  • メールはこちらから↓

いつも訪問ありがとう!

オークランドの天気

最近のトラックバック

世界中からありがとう!

Amazon

  • 海外からじゃ買えないの?
無料ブログはココログ